匹十(ピート)@京都 3時間営業の担々麺 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、二条駅に近い三条商店街にある担々麺の専門店「匹十(ピート)」さんに行ってきました。京都でもあまり知られていないラーメン店ですが、旨辛な担々麺を食べることができます。

営業時間が昼間3時間だけというのも特徴的です。

広告

匹十(ピート)@京都・三条商店街で担々麺を食べて来ました


「麺」という文字がラーメン屋だと推測できる程度

「麺」という文字がラーメン屋だと推測できる程度

あまり知られていない京都のラーメン店が「三条商店街」にあります。

お店の名前は「匹十」で、これで「ピート」と読みます。

千本通から「三条商店街」に入って2ブロック目に「黒いガラス戸」のお店があり、10匹の像の絵が描かれているお店です。

実は「担々麺」のお店です

実は「担々麺」のお店です

営業中のメニュー看板が出ていないと、いったいぜんたい何のお店かすらも分からないお店です。

そこがちょっとマニア心をくすぐる感じになっていました。

また、平日は2時間30分(土日祝は3時間)しか営業しないという「さだかず」レベルのお店なのです。

近くに2時間営業の「壬生さだかず」もありますが、なかなか食べるのが困難なお店と言えそうです。

3時間営業の担々麺 実食レビュー


メニューは担々麺のみです

メニューは担々麺のみです

ということで、今回はその貴重な3時間の間に訪問することができましたので実食レビューしたいと思います。

担々麺 750円
チャーシュー担々麺 950円

メニューは担々麺のみの専門店です。

店内はカウンターのみです

店内はカウンターのみです

お店の門構えから、ちょっとやんちゃな若造が店を切り盛りしているかと思いきや、40歳代くらいのご夫婦で営業されていました。

想像していたのと全然違う親切そうな感じのお二人です。

店内は、カウンターがあるだけですが、8名ほどは座れそうです。

担々麺(並)はシビ辛でした

担々麺(並)はシビ辛でした

こちらが担々麺です。

トッピングは「きざみネギミンチ」だけと、かなりシンプルです。

ミンチは甘辛いもので、スープに沈んでいるので写真では少な目に見えるかもしれませんが、そこそこ入っていました。

スープは実はかなりシビレル辛さです

スープは実はかなりシビレル辛さです

見た目からそんなに辛くは見えないのですが、これはかなりシビレル辛さになっていました。

そのため、汗だくになりました。

鶏ベースみたいで甘みのある濃いめの白湯、それにゴマペーストが入っています。

辛いのですが、なかなか強めの甘味が出ており「旨辛」なスープになっていました。

麺は細めのストレート

麺は細めのストレート

麺は細めのストレートで、加水率が低い麺でツルツル感はありませんが歯ごたえがあります。

個人的には好きな麺です。

蒸し鶏とライスを付けて900円でした

蒸し鶏とライスを付けて900円でした

セットメニューを注文し、ライスをつけて食べたところ、かなり量がありお腹いっぱいになりました。

蒸し鶏とライスを付けて900円で、価格的には普通くらいだと思います。

「旨辛」なスープがライスに合うので、おいしくいただくことができました。

匹十(ピート)基本情報


ひっそりと存在する「匹十(ピート)」

ひっそりと存在する「匹十(ピート)」

匹十(ピート)さんの場所ですが、JR山陰本線「二条駅」の南にある「三条通商店街」入ってすぐくらいのところにあります。

なにぶんお店が目立たないので、通り過ぎる可能性が高いお店です。

お昼営業のみの3時間営業なので、食べられるチャンスは低いですが、美味しい旨辛担々麺を食べることができました。

京都府京都市中京区西ノ京南聖町21−52
営業時間:11:30~14時(土日祝は15時まで)
定休日:月曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。