京ラーメン壬生さだかず @京都・四条大宮 4月1日新店オープン

今回の「京都ラーメンブログ」は、2017年4月1日に新店オープンしたばかりの「京ラーメン壬生さだかず」さんです。「京ラーメン壬生さだかず」さんは、あの夜に3時間しか営業しない祇園の有名ラーメン店「さだかず」さんの2号店で、昼2時間のみの営業となんとなくパワーアップしています。

ラーメンは正統派の京都ラーメンで、鶏ガラ+背脂の細麺となっています。

広告

京ラーメン壬生さだかず @京都・四条大宮 4月1日新店オープン


京ラーメン壬生さだかず 2017年4月1日新店オープン

京ラーメン壬生さだかず 2017年4月1日新店オープン

2017年4月1日、京都・大宮駅近くに昼間2時間しか営業しないというラーメン店「京ラーメン壬生さだかず」さんが新店オープンしました。

京都ラーメンマニアならご存じの祇園で夜3時間しか営業しない有名店「さだかず」さんの壬生店ということで、営業時間が短くパワーアップしてのオープンとなっています。

京都府中京警察署のすぐ近くです。

京都府中京警察署のすぐ近くです。

背脂醤油ラーメン 並 700円
醤油背脂特性ラーメン 900円

は中細ストレート、スープは鶏ガラと背油で「ますたに系」と呼ばれるものです。

あっさりながらも動物系の臭いが強めのラーメンに、背脂のダシガラのような脂が乗っているラーメンです。

京都ラーメンといえば、こういうラーメンのことを言います。

京ラーメン壬生さだかず 実食レビュー


背脂醤油ラーメン 並 700円

背脂醤油ラーメン 並 700円

ということで、早速食べに行ってきました。

スープは「背脂一味」のかかった鶏ガラスープで、野菜(玉ねぎ、人参)も使って出汁を取った京都ラーメンの基本形です。

トッピングは「チャーシュー九条ねぎメンマ」と、こちらもオーソドックスな京都ラーメンのパターンです。(細もやしを使うお店もあります)

スープは油ではなく脂が浮かんでいるのも京都ラーメンの特徴で、野菜の酸味と鶏ガラのコクがバランスよく出ている丁寧な仕事のラーメンでした。

他店だと鶏臭いスープも多いのですが、こちらは鶏の出汁はよく出ているものの鶏臭さを感じさせないスープでした。

麺は、かん水を使わない小麦粉だけの中細麺

麺は、かん水を使わない小麦粉だけの中細麺

麺は、低加水の中細麺で、固めに仕上がっています。

そのため、早く茹で上がるし、スープもよく染み込みます。

かん水を使わない小麦粉だけの特注麺を使っており、それを1日寝かして安定させたものを使っています。

チャーシューも良い味でした

チャーシューも良い味でした

全体的に、京都ラーメンとしては優等生とも言える味わいで、人気があるのが頷けるお店でした。

チャーシューもスープと一緒に煮込んであるので、しっかりと味のついたチャーシューになっています。

祇園のお店は夜用の〆ラーメンで、こちらの壬生さんはランチに食べるラーメンというすみわけです。

・麺量は壬生の方が多い
・味が祇園の方が薄め
・祇園はマスコミ取材は現在お断り

京ラーメン壬生さだかず 基本情報


京ラーメン壬生さだかず 外観

京ラーメン壬生さだかず 外観

京ラーメン壬生さだかず」さんへの行き方なのですが、阪急「大宮駅」もしくは嵐電「四条大宮駅」から徒歩数分の立地です。

しかし、裏道にあるので、大通り(御院通)からは一切見えません。

通りから車では入れないので、近くのコインパーキングを使ってから行く必要がありました。

京都府京都市中京区壬生坊城町55−5
営業時間:11:30~13:30(GW中は休み)
定休日:日祝
Facebook

Twitterの口コミや感想


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。