とり担々麺 @京都・太秦「とりそば ささ」で実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は太秦でオープンして間もない「とりそば ささ」さんの新作ラーメン「とり担々麺」を食べてきました。これ、クリーミーでコクのあるスープが特徴で担担麺風のやや辛い鶏白湯ラーメンです。これがまたかなり美味しいのでオススメです。

隠し味は「クリーム」ということで他ではなかなか味わえない味わいに仕上がっていました。

広告

京都・太秦「とりそば ささ」で「とり担々麺」を食べてきました


京都・太秦「とりそば ささ」で「とり担々麺」を食べてきました

京都・太秦「とりそば ささ」で「とり担々麺」を食べてきました

今回の「京都ラーメンブログ」は久しぶりの訪問にある京都・太秦のラーメン店「とりそば ささ」さんに行ってきましたので実食レビューします。

最近、この「京都ラーメンブログ」では担担麺がマイブームになっていますが、こちらの「とりそば ささ」さんでも4月限定メニューが「とり担々麺」となっているからです。

とり担々麺 1080円とは

とり担々麺 1080円とは

では「とり担々麺 1080円」とはどのようなラーメンなのでしょうか?

さっそく食べてみましょう!

とり担々麺 実食レビュー


とり担々麺 は辛味とクリーミーさが同居したお味

とり担々麺 は辛味とクリーミーさが同居したお味

ということで「とり担々麺 1080円」が運ばれてきました。

トッピングは「鶏ほぐし肉チャーシュー青梗菜青ねぎ」で、スープは鶏白湯に辛味を追加したものです。

オーナー曰く「担々麺をイメージした鶏白湯」ということで、ベースは「とりそば ささ」では定評のある「クリーム白湯 980円」がベースとなったものになっています。

クリーム白湯は隠し味がクセになります

クリーム白湯は隠し味がクセになります

見た目は白湯スープですが、実は飲んでみるとクリームのコクがクセになる味わいのスープになっています。

そう、これ「クリーム」が隠し味になっているのです。

独特な味わいですが、クリームと鶏白湯が実に合っており、飲んでみると最初アッサリで、後から強烈な旨味が出てくるスープになっていました。

これは「とりそば ささ」さんのスープの特徴とも言えるもので、後からジワジワくるというのが、このお店の特徴なのです。

麺は中太ストレートです

麺は中太ストレートです

ささ名物の鶏チャーシュー

ささ名物の鶏チャーシュー

このスープ、かなり美味しいもので、スープはいつの間にか完飲してしまっていました。

食べ終わってから、もう一杯食べるか・・・・などという野望も出てきましたが、さすがにそれは次回の楽しみにしておきました。

とりそば ささ 基本情報


とりそば ささ 基本情報

とりそば ささ 基本情報

ということで、今回は太秦にある「とりそば ささ」さんの4月限定メニュー「とり担々麺 1080円」を食べてみました。

クリームとラーメンは、意外と合い、特に鶏白湯との相性はバツグンです。

レギュラーメニューの「クリーム白湯 980円」もあり、「とりそば ささ」さんではこのクリーム系ラーメンが今人気なんだそうです。

JR山陰本線「太秦駅」から歩いていくことができますので、「とりそば ささ」さんでラーメンを食べてから「太秦商店街」などをブラブラするのも良いかもしれませんので、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

京都府京都市右京区太秦乾町14-8
営業時間:11時~14:30、17:30~20:30
定休日:水曜(火曜は昼のみ営業)
URL:http://torisobasasa.web.fc2.com/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。