京都の隠れたラーメン二郎インスパイア 麺屋龍仙 @京都・長岡京

今回は京都であまり知られていない「ラーメン二郎インスパイア」が食べられるラーメン店に行ってきました。メニューに掲載されていない裏メニュー的に存在するラーメン二郎インスパイアで、ゴワゴワのウドンのような太さの麺に、背脂と野菜(もやし)が盛られたラーメン二郎インスパイアです。

今回も実食レビューになります。

広告

京都にはまだ知られていない二郎インスパイアがあります


京都の隠れたラーメン二郎インスパイア

京都の隠れたラーメン二郎インスパイア

今回はとある「ラーメン二郎のインスパイアを出すお店」まで行ってきました。

とはいえ、京都でラーメン二郎のインスパイアというのは限られてきます。

京都で二郎インスパイアというと・・・・

夢を語れ(京都市左京区・一乗寺)
地球規模で考えろ(京都市伏見区)
ダブルラリアット(京都市左京区)
ラーメン大(京都市伏見区)
池田屋(京都市左京区・一条寺)

と数えるほどしか店舗がないラーメンのジャンルです。

しかし、実はもう1店舗あるのです。

上の写真が実際のラーメンですが「野菜(細もやし)豚肉ニンニク背脂」が盛られており、見た目はどう見ても「ラーメン二郎」(インスパイア)です。

実はこちらは、とある京都のラーメン店の裏メニューなのです。

スープは乳化していない豚骨に香りのよい焦がし醤油で辛めの味付けです

スープは乳化していない豚骨に香りのよい焦がし醤油で辛めの味付けです

こちらが実際のスープです。

一口飲んで「ラーメン二郎っぽいな」という感じのするラーメンでした。

スープは非乳化で透明度の高いタイプ、コクのある豚骨ベースのスープに強めの醤油で味付けがされており、そこに油と背脂が浮かんでいるので「二郎インスパイア」と呼んでもよいスープです。

麺はウドンと同じ太さのゴワゴワした手もみ麺です

麺はウドンと同じ太さのゴワゴワした手もみ麺です

ラーメン二郎といえば太めの平打ち麺ですが、こちらのラーメンの麺はウドン並みの太さがあるゴワゴワ麺を使っていました。

手もみで曲がりをつけた麺になっており、左京区にある「ダブルラリアット」さんの自家製麺とよく似た(ほぼ同じ)タイプの麺となっていました。

食感はかなり歯ごたえがありました。

背脂はあまり食べると大変ですがおいしいですよね

背脂はあまり食べると大変ですがおいしいですよね

ということで、ラーメン二郎インスパイアの某お店に食べに行ってきたわけですが、このお店とはどこにある何という名前のラーメン店なのでしょうか?

麺屋 龍仙 基本情報


実は長岡京市にある「麺屋 龍仙」さんでした

実は長岡京市にある「麺屋 龍仙」さんでした

今回食べたラーメン二郎インスパイアのある京都のラーメン店とは・・・・

実は長岡京市にある「麺屋 龍仙」さんでした。

こちらですが、メニューに掲載されていない裏メニューなので「WEB限定ラーメン」と言って注文してください。

二郎のようにコールはできないのと量は「並」だけですが、ニンニクを入れられるかは決めることができます。

お値段は「並 800円」です。

夏に一度食べに行っており、一般メニューのレビューもありますので、ぜひご覧ください。

京都府長岡京市今里2丁目19−2
営業時間:11時~21時(日祝は11:30~21時)※15時まで禁煙
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)
URL:http://www.ryu2.co.jp/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。