京都ラーメン速報 2020年7月新店&閉店まとめ【京都ラーメンマップ】

毎月末更新、京都ラーメン速報2020年7月のまとめ「京都ラーメンマップ」を公開します。2020年7月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は8店舗、閉店は7店舗となっています。数としては少なめですが季節柄と新型コロナウイルスの影響を大きく感じる月でした。

京都ラーメンマップ(2020年7月号)


京都ラーメンマップ(2020年7月号)

京都ラーメンマップ(2020年7月号)

京都ラーメンの新店情報「京都ラーメンマップ」2020年7月号です。

2020年7月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は8店舗と、他の月に比べると少なめです。

ただし、例年の傾向を見ると「暑くなる」と工事が進まないという事例が去年も見られたので、7月と8月は新店数が減少する傾向にあります。

そして、閉鎖したお店は7店舗ですが、これは一般的な数字です。

しかし、新店も閉店も精査すると「新型コロナウイルス」の影響を大きく受けているのが分かります。

2020年7月 京都ラーメン新店


インドカレーでラーメンも扱うお店の開業が目立ちました

インドカレーでラーメンも扱うお店の開業が目立ちました

2020年7月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は8店舗です。

先ほど、夏は工事の進捗が遅くなると書きましたが、その影響もあって少ないのであろうと推測されます。

これは昨年も見られた傾向で、昨今は内装工事をオーナー自身で行う事例が多いため、このような結果になっているのでしょう。

しかし、新店の内容を見ると・・・・

新型コロナウイルスの影響を多大に受けているのが分かります。

閉店ならまだしも、新店で「新型コロナウイルスの影響」というとわかりづらいと思いますが、過去に日本が不景気になった時期には必ずといって良いほど外資系が勢力を強めて来ました。

今回は全世界的に新型コロナウイルスの影響を受けているので定かではありませんが、日本人がテナントを借りなければ外国人でも借りやすくなるということだと思います。

新店を見るとインドカレー店(ラーメンも扱う)が7店舗中3店舗もありました。

また、2020年7月7日に新店オープンした「NEW大宝」さんですが、このお店は2020年6月8日にコロナの影響で一度閉業しています。そのお店が同じ場所で同じ屋号(ただしNEWが付く)で復活しており、コロナウイルスに翻弄されているのがわかります。

さらに、2020年7月13日にリニューアルオープンした「京GYOZA杏杏」さんですが、元々は餃子専門店でした。厨房だけリニューアルしてラーメンを提供し始めたのも、夜営業がコロナで期待できないであろうからと推測できます。

このように、新店であっても新型コロナウイルスの影響を大きく受けているという月が2020年7月の特徴です。

※今月の注目新店はありませんでした。

※リンク先は実食レビュー記事です。

NEW大宝(2020年7月7日新店オープン)
京GYOZA杏杏(2020年7月13日リニューアルオープン)
・中国料理 吉勝(2020年7月15日新店オープン)
・タージマハルエベレスト北白川店(2020年7月頃新店オープン)
祇園京乃や(2020年7月17日新店オープン)
ナマステタージマハル 丸太町店(2020年7月17日新店オープン)
EARTH CAFE 一乗寺店(2020年7月22日新店オープン)
台湾カフェ 春水堂 京都木屋町店(2020年7月22日新店オープン)

2020年7月 京都ラーメン閉鎖店(閉店)


期間未定の改装工事のため当面休業の貼紙

期間未定の改装工事のため当面休業の貼紙

では、閉店も見てみましょう。

2020年7月中に閉店(閉鎖)した京都のラーメンを扱う店は7店舗となりました。

少なめの閉店数ではありますが、今年に入ってから一番コロナの影響を受けた月に思えます。

理由は、コロナの影響で一時休業していたラーメン店がそのまま閉業というのが目立つからです。

今月の6店舗中、私の観測では4店舗が休業していたのですが、そのまま看板を降ろしたり、貼紙で閉店を知らせるお店が7月に一気に出てきています。

松井山手の「担担 松井山手店」さんの場合、4月から臨時休業でしたが6月に閉業を発表されました。

また、京都府庁前の「ラーメンKoyaji(こやじ)」さんもずっと休業状態でしたが、そのまま営業再開もなく、7月初旬にNTTの電話工事が入っているのを確認しています。営業再開予定があったら電話工事は普通しません。

河原町三条の「らぁ~めん京 河原町三条店」さんもずっと休業中でしたが、緊急事態宣言が解除された後も「改装工事のため休業」という貼紙のままです。ただし、これは「期間未定」ともあり営業再開の意思は少ないと感じられました(2020年9月に閉店が確定しました)。

完全にコロナの影響であると断言はできないものの、一般的な閉店とは違う形での閉業がほとんどというのが2020年7月という月の傾向です。

※リンク先は実食レビュー記事です。

担担 松井山手店(2020年4月から臨時休業も6月に閉店)
ラーメンKoyaji(こやじ)(2020年春から臨時休業も6月に閉店)
京都 祗園 泉 麺家 三条花見小路店(2020年7月に閉店を確認)
らぁ~めん京 河原町三条店(改装工事のため閉店とある)
・100%Halal麺亭 祇園成田屋 Halal Ramen Gion Naritaya(2020年7月10日頃に閉店)
麺毅家 河原町店(2020年7月19日に閉店)
麺屋中る 京都木屋町店(2020年7月に閉店)


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。