京都ラーメン速報 2019年8月新店&閉店まとめ【京都ラーメンマップ】

京都ラーメン速報2019年8月のまとめ「京都ラーメンマップ」を公開します。2019年8月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は3店舗、閉店は4店舗。先月と比較すると新店も閉店も少ない月であるのが8月という月でした。

夏は工事をするには暑いということで新店は例年少ない傾向にあります。

広告

京都ラーメンマップ(2019年8月号)


京都ラーメンマップ(2019年8月号)

京都ラーメンマップ(2019年8月号)

京都ラーメンの新店情報「京都ラーメンマップ」2019年8月号をお届けします。

2019年8月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は3店舗で・・・・

異例の新店激減

なりました。

閉鎖したお店は4店舗、これも少ない月であるといえ「新店も閉店も少ない月」というのが2019年8月の傾向でした。

今回の注目キーワードは「発見困難店」で、出町柳で開業した「見つける難易度高め」のラーメン新店がありました。

2019年8月 京都ラーメン新店


2019年8月5日オープン 担々麺専門店「こういうもん家 Ro-ji」

2019年8月5日オープン 担々麺専門店「こういうもん家 Ro-ji」

2019年8月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は3店舗となりました。

今月は先月よりも新店がさらに少ない月でした。

月初にオープンが集中したものの、後半に開業したラーメン店が少なかったからです。

さて、今月の注目すべきラーメン店は「こういうもん家 Ro-ji」にしました。

出町柳駅目の前の路地の奥にある屋台風ラーメン店で担々麺専門店となります。

ほぼ独学で今の味にたどり着いたのだそうですが、ゴマが濃厚な大人の味の担々麺で玄人好みの一杯です。

※リンク先は実食レビュー記事です。

鶏豚骨,麺屋かがり(2019年8月10日新店オープン)
こういうもん家 Ro-ji(2019年8月5日新店オープン)
タンメンと餃子KIBARU(2019年8月5日新店オープン)

2019年8月 京都ラーメン閉鎖店(閉店)


天下一品 五条桂店 2019年9月20日で閉店

天下一品 五条桂店 2019年9月20日で閉店

2019年8月中に閉店(閉鎖)した京都のラーメンを扱う店は4店舗となりました。

先月と比較すると閉店も半分となり少ない月と言えますが、今月は衝撃的な閉店のニュースがありました。

閉店は来月ですが「天下一品 五条桂店」と「天下一品 西院店」の閉店です。

西院店は2019年8月29日で閉店、五条桂店は2019年9月20日で閉店となります。どちらもFC店で昔からあるお店です。オーナーがいる店舗なので、総本店のような本社直営店ではありません。

閉店理由は「オーナーの高齢化」で、こればかりはどうしようもない理由であると言えますが、後継者問題も根底にはあると思われました。

このニュースを報じたところ、西院店・五条桂店ともに閉店を惜しむ声がSNSで多く見られました。

特に、京都の天下一品の中で「最強」とも言われる五条桂店の閉店は京都ラーメン界に激震を起こしたといっても過言ではありません。

8月末時点で、五条桂店は夜10時頃には売り切れ閉店となるほど。ランチタイムや夜は行列ができるほどです。なお、五条桂店については来月のまとめでも触れます。

※リンク先は実食レビュー記事です。

セアブラノ神 一乗寺風神(2019年8月31日で閉店、人員不足による一時休業)
KYOTO MISO RAMEN KAZU(2019年8月28日で閉店)
天下一品 西院店(2019年8月29日で閉店)
BISTRO coin(ビストロ コアン)(2019年8月7日で閉店)
広告


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。