2019年6月9日新店オープン ラーメン天人(あまんと、滋賀県野洲市、新店)

2019年6月9日に新店オープンした「ラーメン天人(あまんと)」さんへ行って来ました。今回は出張編で、京都ではなく滋賀県野洲市のラーメン店です。コッテリとした鶏ポタ系スープに太麺を使ったバランスの良い美味しいラーメンでした。

広告

滋賀県野洲市でラーメン天人(あまんと)が新店オープン


2019年6月15日に開店したばかりの新店「ラーメン天人」

2019年6月15日に開店したばかりの新店「ラーメン天人」

今回の「京都ラーメン速報」は、ちょっと足を延ばして滋賀県までラーメンを食べに行って来ました。

その場所とは滋賀県野洲市(やすし)、温泉のない草津の少し北にある「野洲駅」から徒歩20分ほどのところにあるラーメン店です。

お店は、2019年6月9日に開店したばかりの新店「ラーメン天人」さんと言います。

ラーメン天人と書いて「あまんと」です

ラーメン天人と書いて「あまんと」です

ちなみに「天人」を読める人はなかなかいないと思いますので書いておきますが、これで「あまんと」と読むラーメン店です。

南彦根の「ラーメンにっこう」さんで働いていた店長さんの独立店舗だそうです。

鶏白湯ラーメンは850円

鶏白湯ラーメンは850円

醤油ラーメンも850円から

醤油ラーメンも850円から

まぜそばも850円

まぜそばも850円

メニューは「鶏白湯ラーメン醤油ラーメンまぜそば」の3種類。

麺大盛りとかはありませんが、トッピング全盛りのメニューがあります。

まぜそばは、醤油と塩から選べるようになっていました。

値段はいずれも850円、滋賀県の相場は詳しくないのですが、京都だと高い部類にちょっと足をつっこんだ価格帯です。

カウンター5席、2名テーブルが4卓です

カウンター5席、2名テーブルが4卓です

店内は「カウンター5席、2名テーブルが4卓」とそれなりの広さがありました。

昼前でしたが日曜日ということもあって11時過ぎにはほぼ満席の状態となっています。

なお、食券制なので入口入ってすぐ左の券売機でオーダーするようになっていました。

ラーメン天人(あまんと)鶏白湯ラーメンを実食レビュー


鶏白湯ラーメン 850円

鶏白湯ラーメン 850円

ということで、ラーメン天人(あまんと)さんの「鶏白湯ラーメン(850円)」を食べてみたいと思います。

トッピングは「紫玉ねぎ青ねぎメンマチャーシュー」で、スープは甘みのないコッテリタイプの鶏スープになっていました。

スープは野菜(根菜系)の風味も感じるもので、ポタージュのようなスープになっています。

スープはコッテリ鶏ポタ系、甘みはなく野菜系の味わいが強く感じる

スープはコッテリ鶏ポタ系、甘みはなく野菜系の味わいが強く感じる

スープはよくできた美味しいものだと思います。

滋賀県のラーメンにしては京都寄りの辛くないもので、そういうところも食べやすくバランスの良さを感じました。

ただ、鶏ポタ系によくある甘みなどはなく、滋賀の人にはちょっと物足りない感じなのかもと思いながら食べました。

麺は太麺です

麺は太麺です

麺は中太麺よりちょっと太めのものを使っています。

小麦の風味が強めで、スープがコッテリなので、これくらい主張がある麺の方が良いと感じました。

人気店「にっこう」出身ということで、バランスの良さを感じるラーメンだと思います。

また、接客なども優秀なので、お近くの方に食べてみていただきたいラーメンでした。

ラーメン天人(あまんと)営業時間とアクセス方法


ラーメン天人(あまんと)はJR琵琶湖線「野洲駅」から徒歩20分ほどの場所にあります

ラーメン天人(あまんと)はJR琵琶湖線「野洲駅」から徒歩20分ほどの場所にあります

では「ラーメン天人(あまんと)」さんの営業時間とアクセス方法についてです。

営業時間は二部制で「11時~14時、18時~21時」となっています。定休日は「水曜日」のようですが店頭には書かれていません。

駐車場案内図(ラーメン天人)

駐車場案内図(ラーメン天人)

JR琵琶湖線「野洲駅」が最寄り駅ですが歩くと20分ほどかかります。

地図で見て「さほど遠くなさそう」と思ったのですが、なかなか結構な距離がありました。

滋賀県は車社会なので、駐車場は10台分ほど確保されています。

店頭に共有駐車場4台、脇道を入ってすぐ左に6台分ありました。

滋賀県野洲市冨波甲1440−1
営業時間:11時~14時、18時~21時
定休日:水曜日
公式Twitter:https://twitter.com/Amantoramen
公式Instagram:https://www.instagram.com/ramen.amanto/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。