2019年6月10日新店オープン ラーメンあじくん (京都・吉祥院)

京都・吉祥院で2019年6月10日に新店オープンした「ラーメンあじくん」さんへ行って来ました。こちらでは豚骨ベースのスープに青ねぎタップリといういかにも京都ラーメンを食べることができます。麺も近藤製麺なので、食べ慣れた味でしたが、やや醤油ダレなどは控えめな味付けになっていました。

広告

2019年6月10日新店オープン「ラーメンあじくん」


京都・吉祥院のラーメン新店「ラーメンあじくん」

京都・吉祥院のラーメン新店「ラーメンあじくん」

2019年6月10日に京都の吉祥院で新しいラーメン店が新店オープンしています。

お店の名前は「ラーメンあじくん」で、豚骨ベースのスープはやや乳化したもので、それにほんのり苦味のある醤油ダレをアッサリめに味付けしたラーメンです。

青ネギがたっぷりにモヤシも使われており、チャーシューなどの見た目などは「ラーメン藤」に似ていますが、前述のようにスープはやや個性的なものになっていました。

ラーメンあじくん (ラーメン 680円)

ラーメンあじくん (ラーメン 680円)

麺も食べた感じでは「近藤製麺」だと思ったので、確認したら確かにそのとおりでした。

ということで、吉祥院のラーメン新店「ラーメンあじくん」はラーメン藤の流れにあるラーメン店と言えると思います。

では、どんなラーメンなのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

ラーメンあじくん メニューと値段


コの字カウンター12席、4人テーブル2卓(ラーメンあじくん)

コの字カウンター12席、4人テーブル2卓(ラーメンあじくん)

ということで、さっそく入店です。

店内はコの字カウンター12席に4人テーブルが2卓のお店です。

お店の方は男性ふたり、昼時半分すぎたくらいの訪問でしたが、すでに息切れされておりました。

メニューと値段(ラーメンあじくん)

メニューと値段(ラーメンあじくん)

メニューはシンプルで「ラーメン(並、大、ミニ)、みそラーメン(並、大、ミニ)、ギョーザチャーハン」となっています。

少しお得なセット「チャーハンセット、ギョーザセット」もありました。

ラーメン(並)680円
ラーメン(大)780円
ラーメン(ミニ)580円
みそラーメン(並)780円
みそラーメン(大)880円
みそラーメン(ミニ)680円
ギョーザ 250円
チャーハン 500円
ライス 150円
日替わり一品 500円
チャーハンセット 900円(ラーメン+チャーハン)
ギョーザセット 900円(ラーメン+ギョーザ+ライス)

ラーメンあじくん 実食レビュー


青ねぎタップリ、下にはモヤシのトッピング(ラーメンあじくん)

青ねぎタップリ、下にはモヤシのトッピング(ラーメンあじくん)

こちらが「ラーメンあじくん」のラーメン並です。

青ねぎがタップリ、その下にはモヤシが隠れていて、見た目はラーメン藤に似ています。

チャーシューは薄切りで細切れのもの、メンマは入っていません。

スープは白濁し背脂が浮かんでいます(ラーメンあじくん)

スープは白濁し背脂が浮かんでいます(ラーメンあじくん)

スープは白濁(乳化)した感じで、ラーメン藤とは異なりますが、ベースは豚骨です。

それにやや苦味のある醤油ダレを使っていますが、味はかなりアッサリと醤油辛さはほぼ感じません。

麺は近藤製麺の中太ストレート固茹で

麺は近藤製麺の中太ストレート固茹で

は見た目も食べた感じも「近藤製麺」だったので、聞いたところ間違いありませんでした。

麺は固茹でで出汁を吸っていました。

食べた感じではかなりアッサリで、京都ラーメンを食べ慣れている方にはいつもの京都ラーメンのクドさが感じられないので物足りないかもしれません。

ラーメンあじくん 営業時間とアクセス方法


国道171号の吉祥院西ノ茶屋交差点を東へ2筋目を南スグ(ラーメンあじくん)

国道171号の吉祥院西ノ茶屋交差点を東へ2筋目を南スグ(ラーメンあじくん)

では、こちらの「ラーメンあじくん」さんの場所や営業時間についてです。

葛野大路九条から国道171号を南へ、すぐに丸亀製麺があるのですが、その先の信号(ローソン手前)を東へ入って、公園を左手に見ながら2筋目を南すぐのところにあります。

営業時間は「11時~22時」で定休日はないようでした。

駐車場はお向かいの立体駐車場に2台分(18番と20番)があります。

京都府京都市南区吉祥院這登東町1−19 共栄ハイツ
営業時間:11時~22時
定休日:火曜日


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。