食べるラー油発祥の店「菜館wong」@京都・太秦 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都・太秦にある食べるラー油発祥の店菜館wong」で担担麺とマンゴープリンを食べてきました。嵐電「帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)」目の前にある便利な広東料理・香港飲茶の中華料理店です。

この記事は実食レビューです。

食べるラー油発祥の店「菜館wong」実食レビュー


菜館wong 京都・太秦に行ってきました

菜館wong 京都・太秦に行ってきました

今回の「京都ラーメンブログ」は、地元である京都・太秦にある広東料理のお店「菜館wong」さんに行ってきました。

嵐電「帷子ノ辻駅(かたびらのつじ)」から「大映通り商店街」入口すぐ右にあるお店で、看板には「食べるラー油でお馴染みのウォンさんの店」と書かれています。

地元では知られたお店で「食べるラー油発祥の店」と言われています。

看板には「食べるラー油でお馴染みのウォンさんの店」

看板には「食べるラー油でお馴染みのウォンさんの店」

食べるラー油というのはご存知だとは思いますが、ラー油の中に具材が入ったものです。

今回は特に「食べるラー油」がお目当てということではありませんが、担々麺とマンゴープリンを食べてきました。

自家製胡麻タンタン麺


自家製胡麻タンタン麺 800円

自家製胡麻タンタン麺 800円

今回は「自家製胡麻タンタン麺 800円」を実際に食べてきましたので、実食レビューしたいと思います。

単品だと800円ですが、ランチセット(11:30~14時)はプラス100円で「ライスor香港粥サラダ肉まんザーサイウーロン茶ゼリー」が付くお得セットにすることもできます。

自家製胡麻ダレの入ったスープ

自家製胡麻ダレの入ったスープ

スープは清湯の表面に「自家製胡麻ダレ」が浮かんだものになっており、ゴマのつぶつぶが感じられる風味の良いスープになっていました。

辛みはさほどなく、ゴマの味をダイレクトに感じられる味になっています。

トッピングは「もやしネギザーサイ」とシンプルです。

麺は細めのストレート麺です

麺は細めのストレート麺です

麺は細めのストレート麺で、主張がない麺なので、担々麺のゴマスープを味わうにはちょうど良い麺でした。

辛みが足りない場合は、卓上にニンニクチップの入ったラー油が用意されていますので、それを入れて食べると良いと思います。

また、お酢もありますので、少し入れて食べると爽やかな味わいになります。

食べるラー油?


ニンニクチップの入ったラー油

ニンニクチップの入ったラー油

卓上には「ニンニクチップの入ったラー油」が置かれていました。

これをラーメンなどに少し入れると辛みを味わうことができます。

前述のように「食べるラー油」で知られているお店で店頭販売もされているのですが、それとはちょっと中身が異なるものが卓上に置かれていました。(以前は食べるラー油そのものが置かれていました)

ニンニクチップの食べるラー油

ニンニクチップの食べるラー油

ラー油は辛みがないので食べやすいと思います。

サクサクカリカリのニンニクチップとラー油で、麺類などの香りづけに使用できます。

食事をされた方は、ひと瓶750円で買っていくこともできます。(ひとり2本まで)

マンゴープリン


マンゴープリン 350円

マンゴープリン 350円

こちらのお店でぜひ食べていただきたいのが「マンゴープリン 350円」です。

数量限定の果肉入りマンゴープリンで、やわらかいマンゴープリンの周りには食べやすくするための牛乳がかかっています。

中には、マンゴー果肉が入っており、甘みも結構あるのと、マンゴーの香りが楽しめる美味しいプリンになっていました。

マンゴー果肉がかなり入っています

マンゴー果肉がかなり入っています

マンゴーの果肉そのものが入っているので、当然コストもそれなりにかかると思います。

プリンは柔らかいタイプで、それに歯ごたえのあるマンゴーが入っているというプリンになっていました。

とても美味しかったです。

菜館wong 基本情報


菜館wong 外観

菜館wong 外観

ということで「菜館wong」さんへの行き方ですが、嵐電「帷子ノ辻駅」真正面という立地です。

少し前まで、ここにはお店はなくて、もう少し路地裏にあったのですが、最近ここに戻ってきました。

菜館wong」と書いて「さいかんうぉん」と読みます。オーナーは香港出身の料理人の方です。

自家用車の場合は「帷子ノ辻駅」周辺にコインパーキングがあるので、そちらを使ってください。

京都府京都市右京区太秦堀ケ内町32-2
営業時間:11時30分~14時、18時~21時
定休日:月曜、火曜日夜


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。