珉珉 京都太秦店 @京都 あまい餃子と京都ラーメン 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は「珉珉 京都太秦店」に行ってきました。嵐電「帷子ノ辻駅」からも近いお店で、太秦商店街にあり、監督の市川崑さんもよく食べに来ていたとか。餃子は関西では有名な珉珉の餃子で白菜の甘味がよく出ている美味しい餃子です。

珉珉は有名ですが、今回はあまりレビューなどもない京都の太秦店(のれん分け店)で実食レビューします。

珉珉 京都太秦店 実食レビュー


珉珉 京都太秦店 実食レビュー

珉珉 京都太秦店 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都に6店舗ある餃子と中華料理のお店「珉珉」さんの太秦店に行ってきました。

嵐電「帷子ノ辻駅(かたびらのつじえき)」から、太秦商店街を数分歩いたところにある中華料理店で、一見すると営業してなさそうに見える古い店舗からは昭和のラーメン店を彷彿させます。

中国庶民料理のお店で、一品ものは500円~700円程度と1000円を大幅に下回る価格設定でリーズナブルなお店でもあります。

店内は広くゆったりめでした

店内は広くゆったりめでした

珉珉」は関東にも多いお店ですが、関東の珉珉と大阪の珉珉は別系統のチェーンです。

大阪・珉珉は昭和28年にオープンして、チェーン・のれん分け店を拡大していきます。

しかし、本店である大阪・千日前「珉珉」は、渋谷の「珉珉」で修行したオーナーがオープンさせたお店なので、その発祥は渋谷にあると言えます。

今回行った太秦店は「のれん分け」のお店で、市川崑監督も通ったと言われる名店でもあります。

甘みのあるシンプルな京都ラーメン


ラーメン 550円

ラーメン 550円

ラーメンは「ネギもやしチャーシュー」とシンプルな構成ですが、特徴的なのは甘味の効いたスープです。

これはちょっとクセになる味で、食べている間に麺よりもスープを味わっていることに気が付きます。

チャーシューも甘いタイプです

チャーシューも甘いタイプです

また、チャーシューも味付けは甘みのあるもので、昭和40年代とか50年代とかに食べた中華麺店のものだなと感じるものでした。

麺はやや縮れたもので、量も多めでお腹いっぱいになることができました。

あまい餃子がノスタルジックで旨い


珉珉といえば餃子です 250円

珉珉といえば餃子です 250円

珉珉といえば、関西ではチルド食品がスーパーでも売られており、やや細長い餃子はやわらかくて甘味があるのが特徴的です。

こちらの餃子も珉珉の餃子そのもので、野菜の甘みのよく出ている柔らかめの餃子でした。

この餃子はご飯とよく合うので、自分的には好みの餃子です。

よく練られた餡が甘くておいしいです

よく練られた餡が甘くておいしいです

よく練られた餡が甘くておいしく、個人的には餃子の王将よりもこちらの方が断然好みでした。

甘いのは白菜をたっぷり使っているからです。

焼き餃子の発祥は東京・渋谷にあった「友楽」が発祥ですが、「友楽」は後に「珉珉」となります。その「珉珉」で修業した方が大阪に焼き餃子を持ち帰ってオープンしたのが関西の「珉珉」なのです。

ゆえに、この焼き餃子が日本で初めて世に出た焼き餃子の味だと言えます。

ニンニクの効いた餃子です

ニンニクの効いた餃子です

珉珉の餃子はニンニクが入っていますが、これは日本の餃子では多く採用されているレシピです。

中国の餃子にはニンニクは入っていませんが、日本では戦後すぐにお肉を羊肉で代用したことから、肉の臭みを消すためにニンニクを使ったとされています。

広告


元祖餃子の店 珉珉生餃子 90個 【餃子 みんみん 冷凍 生餃子 たれ付 焼餃子 おかず ギフト セット】

珉珉京都太秦店 基本情報


一見すると営業してなさそうですがしています

一見すると営業してなさそうですがしています

ということで、日本の餃子を味わいたいのであれば「珉珉」はオススメのお店です。

営業時間と定休日を見てくるのを忘れてしまいましたが、前を通ると営業している時としていない時があります。

昼は普通に営業しているので、常識的な時間であれば問題はないでしょう。

おすすめは餃子で、お昼にはランチセットもあって、訪問時にはチャーハンと餃子のセットがありました。

値段は安い方なので、心配することなく気軽に入れるお店です。

京都市右京区太秦多薮町19 ラ・ムーラン山口1F
営業時間:
定休日:


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。