ラーメン大中 BAL横店 @京都・河原町 2016年12月1日新店オープン

京都ラーメンの「大中」さんが河原町に出店することが決まりました。河原町の京都BAL南筋に「ラーメン大中 BAL横店」が12/1に新店オープンとのことです。「大中」さんは桃山御陵(伏見桃山)にある有名ラーメン店で、その2号店になります。

ネット最速でお伝えします。(これは実食レビューです)

ラーメン大中 BAL横店が12月1日に京都・河原町BAL横に新店オープン


大中が12月1日に河原町の京都BAL横に新店オープン

大中が12月1日に河原町の京都BAL横に新店オープン

速報です。

伏見桃山の有名ラーメン店「大中」さんが、12月1日に京都・河原町に新店オープンすることが分かりました。

本店の伏見桃山店で「新店オープン」が告知されています。

ラーメン大中 河原町店(京都BAL横)の新店告知

ラーメン大中 BAL横店(京都BAL横)の新店告知

貼り紙には場所やオープン日など詳細情報は書かれていませんが、お店で直接聞いてきました。

オープン日:2016年12月1日
場所:河原町の京都BAL南筋入ル

※店名は当初は仮称で「ラーメン大中 河原町店(BAL横)」としていましたが、正式に「ラーメン大中 BAL横店」になったようです。

プレオープンもあるようで「11月28~30日 18時~朝4時」とのことです。

12月1日のグランドオープンは11時30分~朝4時になります。

試験運用 11月26~27日 19時~不明(試験中は並のみ、通常500円→250円)
プレオープン 11月28~30日 18時~朝4時 (以降通常価格)
グランドオープン 12月1日 11時30分~朝4時

ラーメン大中 BAL横店は京都BALの南筋を入ってすぐのところ右側です

ラーメン大中 BAL横店は京都BALの南筋を入ってすぐのところ右側です

実際にオープン予定地まで確認しにいったところ、確かに「大中」名義で新店舗が工事中となっていました。

お店は河原町通もしくは木屋町通から南車屋町に入ったところ、京都の繁華街とも言える場所にありました。

本店では「新店OPEN記念 アンケート」で無料ご試食券がもらえます

本店では「新店OPEN記念 アンケート」で無料ご試食券がもらえます

伏見桃山の本店では「ラーメン大中 BAL横店」のオープンを記念して「新店OPEN記念 アンケート」を実施しています。

記入して会計時に提示すると、後日に無料ご試食券が郵送されるとのことです。

ラーメン大中 BAL横店(河原町)店舗の様子


ラーメン大中 BAL横店 内観(写真許可済)

ラーメン大中 BAL横店 内観(写真許可済)

オープン前ですが「ラーメン大中 BAL横店」の撮影をしてきました。(写真掲載許可済)

木目と赤を基調にした落ち着いた雰囲気の良い店内になっていました。

手前にカウンター10席ほど、間隔も広めで狭い感じは一切なしです。通路も大きめに間隔があいており好印象でした。

奥も広めのスペースに4人席が3つあります

奥も広めのスペースに4人席が3つあります

奥には4人席が3つです。スペースも広めになっており、なかなか良い物件を見つけたものだと思いました。

左手には大きめの荷物置き場もありますので、女性の荷物とかコートとかも大丈夫です。(ハンガーはありませんでした)

メニューも価格も本店と同じ

メニューも価格も本店と同じ

メニューと価格も確認しました。

本店と同じで、安定の並500円です。観光地だからといって高くしないのも大中さんらしいところです。

これ京都のラーメンとしては、かなり安い価格です。

焼飯と餃子もあります

焼飯と餃子もあります

ラーメン大中 BAL横店 実食レビュー!ポスト一蘭の実力は伊達じゃない


ラーメン 並 500円 京都の繁華街でこの価格はお値打ちです

ラーメン 並 500円 京都の繁華街でこの価格はお値打ちです

価格は本店と同じで「ラーメン 並 500円」ということで、京都の繁華街でこの価格はお値打ちです。

スープも麺も本店と同じで、スープは濃厚でクリーミーな甘みのあるスープに仕上がっています。大中さんはこのスープがあるから人気があります。

こういうのもあれですが、味については超有名店「一蘭」に負けていません

スープは濃厚でクリーミー、京都ラーメンを象徴するようなスープです

スープは濃厚でクリーミー、京都ラーメンを象徴するようなスープです

京都ラーメンというと、私はこのスープを思い出します。

京都の代表的なラーメン店で、本店は創業20年のお店。

それが初めての支店を出したのが「ラーメン大中 BAL横店」なのです。

関西の麺というとこの中太麺です

関西の麺というとこの中太麺です

麺も京都ではポピュラーな中太麺です。

関西ではこれを「中太麺」と呼びますが、関東の方の感覚だと「細麺」に該当します。

スープによくなじむ麺です。

備え付けの調味料

備え付けの調味料

備え付けの調味料は「白コショー・ブレンド胡椒・韓国一味・ガーリックチップ」といろいろあります。

好みで入れるとよいですが、そのままで十分おいしいです。

大中 @京都のラーメンってどんなラーメン?(伏見桃山店)


大中(伏見桃山)のガード下商店街にあるお店

大中(伏見桃山)のガード下商店街にあるお店

大中さんは京都の桃山御陵(伏見桃山)の近鉄京都線「桃山御陵駅」ガード下にある京都ラーメンでは有名なお店です。

濃厚な豚骨醤油のラーメンで、昭和の雰囲気を感じられるラーメン店となっています。

ラーメン大中 伏見店
・ラーメン大中 BAL横店
見た目博多とんこつに見えますが豚くさくないスープは濃厚

見た目博多とんこつに見えますが豚くさくないスープは濃厚

スープは豚骨醤油と魚介豚骨醤油の2種類(写真は豚骨醤油)

スープは豚骨醤油と魚介豚骨醤油の2種類(写真は豚骨醤油)

麺は関西の「中太麺」

麺は関西の「中太麺」

上の写真は「大中ラーメン(バラ肉) 630円」です。

大中ラーメンでは「バラ肉・ロース肉」を選ぶことができます。

大中ラーメン(バラ肉) 630円のトロトロチャーシュー

大中ラーメン(バラ肉) 630円のトロトロチャーシュー

チャーシューはトロトロと柔らかいもので、大判のものが2枚入っています。

シナチク・ネギ・海苔、さらに温泉玉子とキムチのトッピングが無料です。それで630円ということもありお昼時は満席になる人気店です。

特濃ラーメンはとてもドロドロしたスープのラーメンです

特濃ラーメンはとてもドロドロしたスープのラーメンです

ラーメン 500円
竹入ラーメン 580円
大盛ラーメン 630円
大中ラーメン 630円
特濃大中ラーメン 700円

「ラーメン大中 伏見店」の詳細レビューもありますので、ぜひご覧ください。


今回の「京都ラーメンブログ」は、京都・桃山御陵(伏見桃山)にある「ラーメン大中」さんの実食レビューです。安くて美味しいラーメン店として知られています。この「大中」という店名の由来は「小がない」という意味なのですが「うまくてしょうがないラーメン」という意味なんです。


うまくてしょうがない ラーメン店の名前


この「ラーメン大中」は、近鉄京都線「桃山御陵駅」にあるお店が本店です。

屋号の「大中」はどういう意味かわかりますでしょうか?

この「大中」というのは「うまくてしょうがない」という意味なんです。

がない」=「うまくてしょうがない

というダジャレになっているんです。

ラーメン大中 BAL横店 基本情報


ラーメン大中 BAL横店 基本情報

ラーメン大中 BAL横店 基本情報

場所は京都・河原町で、河原町通の「京都BAL」南筋を入った先で「キャニオンプラス」さんのビル隣です。

ライト照明がなかなか良いデザインで目立つため、すぐに分かります。

京都府京都市中京区南車屋町276-28
営業時間:11時30分~朝4時
定休日:
URL:http://www.palplan.co.jp/store/daichu.html
Twitter:https://twitter.com/daichu_kyoto

地図の登録申請を出しておきました。

評判(口コミ)


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | ペット同伴OK |

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。