【京都】RAMEN ともむら – 南区/京都駅至近!昔ながらの京都ラーメン店

4.0

【紹介】京都駅至近で元祖な味わいの京都ラーメンが食べられる店RAMEN ともむら」が京都府京都市南区で2023年11月11日に新店オープンしたので行ってきました。

スポンサーリンク

京都駅至近で元祖な味わいの京都ラーメンが食べられる店「RAMEN ともむら」


京都駅至近で元祖な味わいの京都ラーメンが食べられる店「RAMEN ともむら」

京都駅至近で元祖な味わいの京都ラーメンが食べられる店「RAMEN ともむら」

今回紹介する「RAMEN ともむら」は男性オーナーさんが経営する京都市南区で美味しい昔ながらの京都ラーメンを食べられるラーメン店です。

カウンターとテーブル席がある店内では「ラーメン・チャーシューメン・唐揚げ・焼き豚・チャーシュー丼」を食べることができます。

このお店のチェックポイント!昔ながらの京都ラーメン店「RAMEN ともむら」のチェックポイント。
・開業日は2023年11月11日
・京都市南区(京都駅八条口エリア)のラーメン店
・少し白濁した昔ながらの豚骨醤油ラーメン
・カウンターとテーブル席がありひとりで気楽に入れる
・価格は980円~1200円なので一般的
・ランチタイムのライスセットがお得
・ランチ営業あり
・ディナー営業あり
定番メニューは「ラーメン並」

定番メニューは「ラーメン並」

京都の某有名ラーメンチェーンでの店長を経験してきた気さくな店主さんのお店で、すぐ近くのたかばしにある京都ラーメンの老舗で味わえる豚骨醤油ラーメンとはまた違う京都民が昔から親しんできた少し白濁した豚骨醤油ラーメンが自慢のお店です。

昼と夜でメニューは同じですが、ランチタイムはラーメン並にプラス20円で「ラーメンライス」を食べることができます。

2023年11月11日オープン RAMEN ともむら

2023年11月11日オープン RAMEN ともむら

開業日は2023年11月11日、訪問日は2023年11月12日です。

場所は近くに「京都駅八条口や九条駅」がある東九条エリアで、最寄りの公共交通機関は九条駅からなら徒歩3分(240m)のところで、京都駅八条口バス停からなら徒歩5分(350m)です。

京都駅八条口から烏丸通を南方面へ、東寺道を右折(西方向)するとスグ北側にお店があります。

店内の様子(RAMEN ともむら)

店内の様子(RAMEN ともむら)

RAMEN ともむらの店内に入ると、カウンター席が5席、テーブル席が3卓6席分ありました。

店内の様子はカウンターとテーブル席があるのでひとりでも気楽に食事ができるお店です。

ランチメニュー(RAMEN ともむら)

ランチメニュー(RAMEN ともむら)

ランチメニューはラーメン並に唐揚げやご飯が付くセットもあるのでランチタイムがお得です。

価格帯は980円~1200円なので一般的な値段のお店ですね。

主なメニュー

ラーメン(980円)

唐揚げ(550円)

京都ラーメン定番の豚骨醤油ラーメン

京都ラーメン定番の豚骨醤油ラーメン

定番メニューは「ラーメン並」で、昔ながらの京都ラーメンの定番である豚骨醤油ラーメンという逸品。

今回いただくのは「ランチB(ラーメン並・ご飯小)」

今回いただくのは「ランチB(ラーメン並・ご飯小)」

京都のお墨付き!がお薦めする皆さんに食べていただきたいメニューは「ランチB(ラーメン並・ご飯小)」です。

注文後に3分ほどするとお料理が運ばれてきました。提供スピードは爆速なようです。

定番のラーメンにプラス20円でラーメンライスにできる

定番のラーメンにプラス20円でラーメンライスにできる

ランチB(ラーメン並・ご飯小)とは定番のラーメンにプラス20円でラーメンライスにできるランチタイムのセットメニューでお得。スープもライスが食べたくなる味わいなので必ずライスセットにしましょう。

なお、大盛はありませんが替え玉ができるようになっているので、大盛を食べたい方は替え玉を注文してください。

京都民が長く親しんできた豚骨醤油の定番的な味わい

京都民が長く親しんできた豚骨醤油の定番的な味わい

スープは少し白濁した豚骨醤油で、京都民が長く親しんできた豚骨醤油の味で素晴らしいです。

近くに観光客で大行列ができるラーメン店があり同じ豚骨醤油ですが、私にはこちらのラーメンのほうが京都ラーメンらしい感じがします。

麺は細麺、大盛はないので替え玉で追加可能です

麺は細麺、大盛はないので替え玉で追加可能です

も京都ではよく使われている細麺で、メニューに大盛はなく替え玉で追加可能になっていました。

京都では同じくよく使われる中細麺よりも提供スピードが速いので忙しいランチタイムでも待つ時間が少なくて済みますね。

ほどよい脂感とお肉食べてる感が感じられるチャーシュー

ほどよい脂感とお肉食べてる感が感じられるチャーシュー

チャーシューがかなり美味しかったです。

京都ラーメンのチャーシューらしいほどよい脂感とお肉食べてる感がとてもよく感じられたチャーシューでした。

にんにく・コショウ・一味など卓上調味料で味変も

にんにく・コショウ・一味など卓上調味料で味変も

卓上調味料「にんにく・コショウ・一味など」があるので味変もできるようになっていました。

ニンニクはせっかくのスープの味がだいぶ変わるのでお薦めしませんが、昔ながらの京都ラーメンの味なのでコショウは多めにかけると良い風味になります。

昔ながらの京都ラーメンが京都駅の近くで味わえるRAMEN ともむら」を、この記事を見て気になった方はぜひ一度行ってみてください。

RAMEN ともむらは接客もきちんとされているので気分よく食事ができる京都市南区(東九条)のラーメン店です。

※2023年10月22日から事前調査でチェックしてきたお店で2023年11月12日に取材しました。

スポンサーリンク

メニュー内容と値段


メニュー(RAMEN ともむら)

メニュー(RAMEN ともむら)

今回紹介した「RAMEN ともむら」のメニュー一覧や値段など「メニュー情報」です。

RAMEN ともむら さんのメニューは「ラーメン・唐揚げ・チャーシュー盛り・肉もやし」など。

値段はメニューを見ると「980円~1200円」なので、予算は1000円前後ほどあれば足りるかと思います。

RAMEN ともむらで食べるなら昔ながらの京都ラーメンの定番である豚骨醤油ラーメン「ラーメン並」や、今回おすすめした定番のラーメンにプラス20円でラーメンライスにできる「ランチB(ラーメン並・ご飯小)」が良いでしょう。

メニュー リスト(クリックでオープン&クローズ)
【ランチ】メニュー
ランチA(ラーメン並・唐揚げ2ヶ・ご飯小) 1200円
ランチB(ラーメン並・ご飯小) 1000円
【グランド】メニュー
ラーメン並 980円
替え玉 120円
味玉トッピング +150円
肉増しトッピング +220円
九条葱増し +100円
もやしトッピング +100円
唐揚げ(5ヶ) 550円
チャーシュー盛り 600円
肉もやし 250円
白ご飯(小) 100円
白ご飯(並) 150円
白ご飯(大) 200円
値段は税込み価格です。
※メニューと値段は取材時点のものです(サービス内容は変更になる場合もあります)。

最寄り駅や行き方(アクセス方法)


RAMEN ともむら(京都府京都市南区)

RAMEN ともむら(京都府京都市南区)

RAMEN ともむら への行き方です。

この「RAMEN ともむら」さんの場所京都府京都市南区の東九条で九条駅から徒歩3分のところ。バス停だと京都駅八条口バス停から徒歩5分です。

住所でいえば「〒601-8002 京都府京都市南区東九条上殿田町1−3 EMBLEMKYOMON 102」で、大きな地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

営業時間と定休日(RAMEN ともむら)

営業時間と定休日(RAMEN ともむら)

※上の写真は2023年12月24日時点のものです。

RAMEN ともむら さんに駐車場・駐輪場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください(地図)。

店舗情報(クリックでオープン&クローズ)
店舗情報
店舗名 RAMEN ともむら
オープン日 2023年11月11日オープン
ジャンル ラーメン
食事予算 1000円前後
営業時間 11時~15時(L.O.30分前)、18時~21時
定休日 不定休
駐車場・駐輪場 なし
住所 〒601-8002 京都府京都市南区東九条上殿田町1−3 EMBLEMKYOMON 102
地図 こちらをクリック(Google Maps)
最寄り駅 九条駅から徒歩3分(約240m・ルート
最寄りバス停 京都駅八条口バス停から徒歩5分(約350m・ルートバス停情報
テイクアウト 非対応
イートイン 対応
公式SNS Instagram
※営業時間と定休日は取材時点のものです。臨時休業の場合もありますのでご注意ください。ルートは実際の状況を反映していない場合があります。
近くのお店や同じジャンルのお店を検索!

※同じ地区のお店を検索

または

※同じ駅のお店を検索

もしくは

※同じジャンルのお店を検索

※お店の方にブログ・SNSでの掲載許可をいただいて記事を書いています。
※訪問の際は必ず公式で営業日をご確認ください。
※年末年始は休業の店舗が多いため、必ず公式で営業情報を確認してから来店してください。