聚楽亭(一乗寺)昭和ノスタルジーラーメン 実食レビュー

京都市左京区の老舗「聚楽亭(一乗寺・じゅらく亭)」の実食レビューです。ラーメン・台湾料理が食べられるお店で値段が安く定食の種類も多いお店です。店内は昭和の雰囲気が色濃く残り、創業して60年近くのお店です。

昭和ノスタルジー 聚楽亭(一乗寺)


聚楽亭(一乗寺)

聚楽亭(一乗寺)

京都のラーメン街道、一乗寺には創業から60年に近いラーメンを提供する中華料理店があります。

一乗寺駅からラーメン店が多いストリートへと向かう途中にあるお店で、名前は「聚楽亭(じゅらくてい)」です。

店頭にも昭和の古さを感じますが、店内に入ると昭和40年代にタイムスリップしたかのような感覚になるお店です。

店内に入ると昭和40年代にタイムスリップする(聚楽亭)

店内に入ると昭和40年代にタイムスリップする(聚楽亭)

生まれてから40年間は東京で生活していたのだけど、ラーメンは中華料理店で食べるものという感覚があります。

下町にはこういう雰囲気の中華料理店がたくさんあって、ラーメン専門店もあるけど、ラーメンを食べるのは中華料理店でした。

ラーメンを食べに行こうとなれば、家の近所の中華料理店へ行くのが当たり前でした。

ラーメン・中華そば は別物扱いに思えました

ラーメン・中華そば は別物扱いに思えました

京都に来ると、ラーメンを食べるのはラーメン専門店になりました。

聚楽亭のように中華料理店でラーメンを提供するお店もあるけど、京都ではラーメンを食べるのはラーメンのみを提供するお店に限定されているようにも思えました。

珉珉とか老舗の中華料理店もラーメンの店というよりも中華料理の店というイメージです。

京都でラーメン屋の店主とかに聞くと「ラーメンと中華そばは違うから」という言葉もよく聞きました。

彼らからすれば「聚楽亭」はラーメン屋ではないということになるわけですが、私の感覚ではラーメン屋です。

よって、ラーメンカテゴリーで紹介したいと思います。

このお店のランチメニューは?


ラーメン・チャーハン・定食・一品料理があります(聚楽亭)

ラーメン・チャーハン・定食・一品料理があります(聚楽亭)

メニューは「ラーメン・チャーハン・定食・一品料理」と中華全般なんでもあるお店です。

ただ、お店の看板は「北京料理」となっています。また「台湾料理」との表記もあります。

台湾料理とも書かれています(聚楽亭)

台湾料理とも書かれています(聚楽亭)

台湾は1945年まで日本統治でしたが、戦後は蒋介石が率いる国民党の支配下になります。

1949年に中国共産党(中国人民解放軍)が中国大陸を全面支配することになると蒋介石政権は台湾に移転することになります。

台湾料理というのはもともと中国大陸の料理なので、お店には「北京料理・台湾料理」の両表記があるのでしょう。

聚楽亭というお店は1967年に出来たようですが、台湾・中国が激動の時代だった直後で、この「北京料理・台湾料理」両併記にもなんとなく歴史を感じます

実食レビュー


ラーメン(480円)

ラーメン(480円)

まぁ、そんな歴史はともかくラーメンを食べるわけです。

メニュー表記も「ラーメン」で、中華そばとは書かれていません。

食べると日本人がつくる味ではなく本場の人がつくる味わい、アッサリとして麺よりもスープを味わうというラーメンです。

よく焼かれている餃子

よく焼かれている餃子

餃子はよく焼かれているタイプ、私の感覚でも餃子はこれくらい焼かれるものですが、京都では餃子は焼きめがほとんどないので京都では珍しいです。

ライスはもちろん小皿で提供

ライスはもちろん小皿で提供

中華料理店らしくライスは小皿で提供されました。

日本人だったらごはんを提供するのにごはん茶碗を考えますけど、中華料理では使わないし、ライスのためだけにごはん茶碗は用意するわけないのです。

洋食屋でごはんが同じように皿で出てくるのと同じですね。

味はかなりアッサリ、メニューが多いので自分に合うものを探すのが良さそうでした。

となりの人間国宝で紹介された「排骨飯(ぱいくうはん)」

となりの人間国宝で紹介された「排骨飯(ぱいくうはん)」

このお店の場所や営業時間は?


聚楽亭は一乗寺駅から徒歩1分くらいです

聚楽亭は一乗寺駅から徒歩1分くらいです

聚楽亭があるのは一乗寺駅から徒歩1分くらいです。

ラーメン店が立ち並ぶストリートから一乗寺駅へ向かう途中にお店があって、目の前は大きなスーパーなので目印になります。

住所でいえば「〒606-8184 京都府京都市左京区一乗寺払殿町17−10」で、地図で見たい場合はこちらをクリックしてください(Google Mapsが開きます)。

一乗寺でも古参で今でも元気に営業中です。

ジャンル「ラーメン・中華料理」
食事予算「600円程度」
ランチ営業「あり」
ディナー営業「あり」時短要請期間は21時で閉店の可能性あり
営業時間「11時~23時」
定休日「火曜日」
駐車場・駐輪場「なし」
住所「〒606-8184 京都府京都市左京区一乗寺払殿町17−10」
地図こちらをクリック(Google Maps)」
テイクアウト「対応可能」
出前「あり」
電子決済「なし」


この記事を書いた人

この記事は飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。