2020年12月4日オープン 熟成醤油らーめん 十二分屋(京都府城陽市)

京都府城陽市、京都府道69号線の大久保駅と久津川駅の間に「熟成醤油らーめん 十二分屋」が2020年12月4日に開業です。近江醤油にこだわった滋賀県彦根市が発祥のラーメン店で、現在は滋賀に6店舗と東京に2店舗が営業しており、京都では初めての出店となります。

2020年12月4日オープン 熟成醤油らーめん 十二分屋


2020年12月4日オープン 熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店

2020年12月4日オープン 熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店

滋賀県発祥のラーメン店「熟成醤油らーめん 十二分屋」が京都府城陽市で新店オープンです。

オープン日は2020年12月4日です。

場所は京都府道69号線の大久保駅と久津川駅の間、イズミヤ大久保店の南東お向かいです。

なんかラーメンに見える看板を発見

なんかラーメンに見える看板を発見

ちょうど京都府道69号線を城陽方面に走っていたところ、看板を設置しているところに遭遇

見た感じではラーメンだったので、看板設置の作業(約2時間)をじっと見ていたところ・・・・

これは「醤油らーめん 十二分屋」の京都初店舗ではありませんか!

これは「醤油らーめん 十二分屋」の京都初店舗ではありませんか!

そこが「醤油らーめん 十二分屋」の京都初店舗であることが判明しました。

途中で「分屋」と見えたところで気が付きましたが、現在は滋賀に6店舗と東京に2店舗が営業している十二分屋の京都城陽店だったのです(千葉県にも系列店が1店舗あります)。

看板が完成した「熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店」京都府城陽市

看板が完成した「熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店」京都府城陽市

まだ正式店名が分からないので「熟成醤油らーめん 十二分屋 京都城陽店」と仮名で読んでおきます。

ちなみに、この場所は2015年4月頃までは「新京風うどん 十割そば 六兵衛」というお店があった場所で、その後「インド・アジアンキッチン Jeera(ジーラ)」が営業していましたが、ジーラが南隣のテナントに移転してからは空いていたテナントです。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


2020年12月4日オープンの様子

2020年12月4日オープンの様子

というわけで、2020年12月4日にオープンしたので行って来ました。

入口に手指消毒液があるので、それで消毒して入店します。

カウンターは透明シールド設置

カウンターは透明シールド設置

店内は入って左にテーブル席があり、右に座敷とカウンターがあります。

カウンターは透明シールドで仕切られていました。

座敷は4名席になっていました

座敷は4名席になっていました

テーブルは2名席のようで、お座敷が4名席になっています。

店内は広くはありませんが窮屈さもないので快適でした。

このお店のメニューは?


十二分屋は醤油にこだわるラーメン店です

十二分屋は醤油にこだわるラーメン店です

公式メニューによれば、ラーメンは滋賀県の近江醤油「水谷醤油、岩佐商店、遠藤醤油」を使った特製ラーメンが3種類

他にも「純正鶏白湯鶏とハマグリ貝出汁宗田鰹出汁海老と豚骨」などのラーメンが10種類ほどあるお店です。

値段は750円~1100円程度で、焼めしや唐揚げとのセットもあります。

また、ラーメン以外に「近江つけめん」などもあるので・・・・

分かりやすく言えば「醤油にこだわり、ラーメンの種類が多いラーメン店」です。

タブレットで注文


タブレットで注文します

タブレットで注文します

注文は店員さんが持ってくるタブレットで注文するシステムでした。

最近はお客のスマホでバーコードを読み取らせるお店も増えて来ましたが、こうやってお店側が用意してくれるのは好印象です。

トッピングや麺の量と硬さなどもこれで全部注文できます。

ただ、これセットメニューがわかりづらかったです。

セットメニューはメニュー表にあるやつで内容を確認

セットメニューはメニュー表にあるやつで内容を確認

タブレットでセットメニューを注文する場合、まず値段を選ぶのですが、それだと何のセットかわかりません。

ただ、卓上のメニューに書いてあるので、食べたいラーメンと食べたいサイドメニューの組み合わせがいくらなのかをまずそれで確認すると分かりやすいです。

豚骨醤油(800円)


豚骨醤油(800円)

豚骨醤油(800円)

今回は「豚骨醤油(800円)」を注文しました。

メニュー多すぎて悩むので、自分の好みで選びました。

トッピングは「チャーシューホウレンソウ海苔4枚」で、点数はふつうですが少し派手に見えるビジュアルです。

スープはまろやかだが、やや辛め

スープはまろやかだが、やや辛め

スープはまろやかな味わいですが、特徴に薄い感じがします。

良くも悪くもないのですが、ベースのまろやかさよりも、ややタレが辛めなのが強調されているように思えます。

メニュー数が多いので、好みの味を探すのが良さそうでした。

卓上調味料

卓上調味料

メニュー


メニュー数が多い

メニュー数が多い

つけ麺もあり、焼めし・唐揚げ・餃子の単品もあります(セットもできます)

つけ麺もあり、焼めし・唐揚げ・餃子の単品もあります(セットもできます)

このお店への行き方や営業時間は?


熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店(店舗外観写真)

熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店(店舗外観写真)

では「熟成醤油らーめん 十二分屋 城陽店」の場所詳細と営業時間についてです。

住所は「〒610-0101 京都府城陽市平川茶屋裏6−1(付近)」で「コンズサイクル」の南側です。

すぐ北西には「イズミヤ大久保店」がある京都府道69号線沿いになります。

営業時間は「11時~15時、17時~23時」の二部制、と定休日は「不定休」です。

〒610-0101 京都府城陽市平川茶屋裏6−1(地図
営業時間:11時~15時、17時~23時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.juunibunya.com/
本部Twitter:https://twitter.com/owarinaki_men

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!