中華花田 @八幡市男山「安くて美味い餃子の中華店」実食レビュー

今回は京都にある「安くて美味い餃子」の紹介です。6個200円、王将より値段が安く、肉がタップリで奥深い味わいが特徴の餃子です。場所は「男山」、お店の名前は「中華花田」さんと言います。

たぶん、ほぼ知られていない超穴場店です。

昭和の香りがする男山地区にある中華料理店「中華花田」


昭和の香りがする「中華花田」に安くて美味い餃子があった

昭和の香りがする「中華花田」に安くて美味い餃子があった

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都府八幡市男山にある中華料理店「中華花田」さんの「安くて美味い餃子」を実食レビューします。

餃子は6個で200円ラーメンも450円というお値段の中華料理屋さんです。

男山という地区は石清水八幡宮のある山のことですが、その南側にある昭和の新興住宅街がある地区のことです。

広大な公団住宅がある高台の町「男山」の風景

広大な公団住宅がある高台の町「男山」の風景

昭和の雰囲気が数多く残るところで、そこにある「中華花田」さんも昭和の香り漂うお店でした。

飲食店などはあまりない場所で、ラーメン屋としても貴重な存在です。

では、そんな「中華花田」さんはどんなお店なのでしょうか。

安くて美味い餃子の中華店「中華花田」


男山商店街にある安くて美味い餃子の中華店「中華花田」

男山商店街にある安くて美味い餃子の中華店「中華花田」

中華花田さんは、八幡市男山石城にある中華料理店です。

創業は平成になってからのようですが、昭和の雰囲気が残るお店は、元は「大阪王将」で20年以上前に創業しました。

10年ほど前から独立店舗「中華花田」として営業しており、値段は昭和のままというお店です。

メニューと値段


定食は600円の餃子定食、一番高くてもラーメン定食800円です(中華花田)

定食は600円の餃子定食、一番高くてもラーメン定食800円です(中華花田)

値段は「ラーメン 450円、餃子 200円、中華飯 480円」など。

中華料理店なので単品メニューもあり、値段は300円からで、一番高くても600円です。

定食は600円の餃子定食が最安値、最高値でもラーメン定食800円というお安さになっています。

醤油ラーメンは450円と他ではもうなかなかないお値打ち価格です(中華花田)

醤油ラーメンは450円と他ではもうなかなかないお値打ち価格です(中華花田)

なかなか他にはない格安メニューが豊富なお店で、いろいろと目移りする価格なのですが、この中華花田には名物があります。

それが・・・・焼餃子です。

トリ唐揚げ定食 770円
酢豚定食 770円
ラーメン定食 800円
みそラーメン定食 800円
焼きそば定食 770円
ニラレバ定食 770円
餃子定食 600円
醤油ラーメン 450円
味噌ラーメン 550円
五目ラーメン 550円
天津麺 470円
チャンポン麺 550円
チャーシュー麺 550円
焼きそば 450円
パラパラ焼飯 430円
とろ~り天津飯 450円
中華飯 480円
マーボー飯 480円
ライス 200円~250円
肉団子唐揚げ 300円
肉団子の甘酢 530円
皿うどん 550円
肉野菜炒め 530円
ニラ玉炒め 530円
ニラ肉炒め 530円
かに玉 500円
ニラレバ炒め 530円
麻婆豆腐 530円
鶏の唐揚げ 550円
酢豚 580円
八宝菜 580円
豚キムチ炒め 580円
エビの甘酢 600円
エビの天ぷら 600円
エビのちリソース 600円
各種弁当 500円

中華花田 名物 焼餃子


モッチリとした皮の中にはひき肉がタップリ、これで12個400円(中華花田 餃子)

モッチリとした皮の中にはひき肉がタップリ、これで12個400円(中華花田 餃子)

今回は中華花田さんの名物メニュー「焼餃子(6個 200円)」をテークアウトすることにしました。

つまり、12個で400円。

餃子の王将より餃子が安いのが中華花田さんの特徴です。

そして、この焼餃子は「安くて美味い」と評判のメニューなんです。

焼き加減もちょうど良い餃子です(中華花田)

焼き加減もちょうど良い餃子です(中華花田)

この中華花田さんの焼餃子、大将の手作り餃子で皮がシッカリしています。

キツネ色の焼き加減も絶妙、蒸さない焼き方になっており、持ち帰って時間が経っても食感を損なわないように考えられています。

これが、なんか食べているうちにバクバク食べちゃうくらい美味い

特に美味いのが中の具材、実は・・・・

特に美味いのが中の具材、実は・・・・

6個200円と安いので、食べる前には「野菜中心かな」と思っていました。

でも違いました。

実は、中は肉だらけだったのです。

野菜と肉多めの餃子です(中華花田)

野菜と肉多めの餃子です(中華花田)

この肉中心の餃子が脂のコクも出ており、なかなかの美味。

野菜も入っているので香りも良く、餃子としてはとても良くできた逸品でした。

ほんのり甘みもあり、噛むと中から脂のコクを感じ、肉の食感も味わえるという餃子です。

これで6個200円なのだから、とてもお値打ち価格で「名物」言うだけのことはある餃子でした。

中華花田 営業時間と定休日


営業時間は「11時~22時」、定休日は「月曜日」(中華花田)

営業時間は「11時~22時」、定休日は「月曜日」(中華花田)

この餃子、買いに行くのは遠いかも知れませんが、お近くの方ならぜひ食べてみていただきたいです。

ということで、中華花田さんの営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~22時」定休日は「月曜日」となっています。

遅くまで営業しているし、大阪方面に遠出したときの帰りに立ち寄ることもできそうです。

京都府八幡市男山石城9-2(MAP
営業時間:11時~22時
定休日:月曜日

中華花田 アクセス方法

最後に「中華花田」さんへの行き方(アクセス方法)について書いておきます。

国道1号線を大阪方面へ向かうと「一蘭 京都八幡店」の先に交差点「八幡洞ヶ峠」があります。

そこを右折すると高台の地区へ入るのですが、そこが男山です。

3つ目の信号を右折、さらにスーパーがあるところを左折すればすぐにお店(中華花田)があります。

男山商店街というのですが、昔はもっとお店があったのでしょうか、今は数軒が営業するのみです。

駐車場はないのですが、店頭にバイクや自転車は駐輪可能でした。


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



京都ラーメン

関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。