らぁ麺 まるふく(丸福)@京都・千本中立売「京の赤地鶏を使った贅沢ラーメン」2018年7月4日新店オープン

今回の「京都ラーメンブログ」は、千本中立売のラーメン新店「ラーメン まるふく」さんの実食レビューです。2018年7月4日に新店オープンしており、昼はラーメン、夜は焼き鳥店という二毛作営業になっています。そのため鶏肉にはこだわりがあって、入手困難の希少な「京赤地どり」の鶏ガラをスープのベースに使っていました。

では、この「ラーメン まるふく」さん、いったいどんなお店なのでしょうか。

ラーメン まるふく @京都・千本中立売が2018年7月4日新店オープン


2018年7月4日に新店オープン「ラーメン まるふく」

2018年7月4日に新店オープン「ラーメン まるふく」

今回の「京都ラーメンブログ」は、2018年7月4日に新店オープンしたばかりの「ラーメン まるふく」さんへ行って来ました。

千本中立売に新しく開店したラーメン店で、昔ながらの白湯中華そばのお店です。

ご主人は北大路堀川「おばんざい ひのき」でラーメン修行をされた方(親戚)で、前から「千本中立売」という町が好きで、ここでお店をするのが夢だったんだそうです。

お店は京町家の雰囲気を残すお店で、カウンター7席になっていました。

ラーメン まるふく 実食レビュー


堀川北大路のラーメン店で修行した中華そば

堀川北大路のラーメン店で修行した中華そば

今回は「ラーメン+チャーハン」を食べることにします。

ラーメンのスープは「鶏ガラ+豚骨」で香味野菜などで出したベース、少し白く濁った白湯タイプの中華そばです。

トッピングは「チャーシュー3枚メンマナルト九条ねぎ」、ナルトが入っているのは関西では非常に珍しいので、見た目は関東の中華そばに似ています。

鶏ガラと豚骨の合わせスープ

鶏ガラと豚骨の合わせスープ

スープはほんのりと醤油ダレの香りがし、出汁の風味が感じられるものですが、良質な鶏出汁が出ているのが飲んでわかります。

京都ラーメンは出汁を味わうスープで、関東ラーメンより少し醤油辛さは控えめなのですが、こちらでは少しだけ醤油ダレを強めにして京都ラーメンを少し関東系ラーメンに寄せた味わいになっていました。

チャーシューはほんのり甘味のある昔ながらの味わい、味がシッカリと付いているものになっていました。

スープには入手困難な「京赤地どり」を使用

スープには入手困難な「京赤地どり」を使用

見た目はよくある感じに見えますが、実は素材にこだわっていて、鶏ガラは「京赤地どり」を使っています。

これはなかなか入手できない希少な食材なのですが、オーナーさんがどうしても使いたくて頭を下げてなんとか入手しているという「贅沢な食材」です。

実はこちらですが、昼はラーメン店、夜は焼き鳥屋さんなんです。

なので、鶏肉はかなりこだわっているんです。

麺は「松葉屋製麺(壬生)」のものです

麺は「松葉屋製麺(壬生)」のものです

は壬生にある「松葉屋製麺」さんという昭和24年創業の老舗製麺所さんのものを使っていました。

京都で製麺一筋の製麺所さんで、低加水のストレート麺、もっちり感のある中細麺でした。

万人に受けいられるラーメンで、40年ほど前に東京の下町で食べていたような「昔ながらの中華そば」のイメージに近いと思います。

それに京都らしい味付けをしてありますので、地元の方でも食べやすいラーメンです。

正統派のチャーハンもオススメ

正統派のチャーハンもオススメ

チャーハンは京都の「やきめし」ではなく、炒飯(チャーハン)です。

個人的にはこういうチャーハンが普通に食べたいのですが、京都では少ないので嬉しく思いました。

玉子たっぷりで、葱と甘味のあるチャーシューで中華味がよくしています。

個人的には、これに「ナルトの細切れ」が入っていれば、ほぼパーフェクトだと思います。

ラーメン まるふく メニューと値段


ラーメン まるふく メニュー

ラーメン まるふく メニュー

この「ラーメン まるふく」さん、実は値段はお手軽です。

ラーメンは650円、庶民的な価格ですが、「京赤地どり」を使っているのにこの値段は素晴らしいの一言です。

セットでチャーハン付けても900円になっていました。

ラーメン 650円
チャーシューめん 850円
チャーハン 550円
ラーメンセット(ラーメン+チャーハンまたは炙りチャーシュー丼)900円
日替わり定食 800円(ラーメン、ごはん、おかず一品、つけもの)

ラーメン まるふく(丸福)アクセス方法


千本中立売、ローソンの隣で開店

千本中立売、ローソンの隣で開店

さて「ラーメン まるふく(丸福)」さんのアクセス方法です。

千本通を今出川まで北上していくと、今出川通の手前に「一条通」があります。

そこの「ローソン千本一条店」の北側、わかりやすくいうと元「麺屋 裕(ひろ)」さんのテナントです。

駐輪場、駐車場はありませんので、バスか徒歩で食べに行ってください。

前のローソンさんとパチンコ店の駐車場には絶対に駐車・駐輪しないでください。それでトラブルになって「麺屋 裕」さんは山科へ移転してしまいました。

京都府京都市上京区北伊勢殿構町684−3
営業時間:11:30~14時
定休日:不定休
広告


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



ニューオープン

主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。