担担麺 胡(えびす)@京都・山科「地元で人気の担々麺」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、地元で人気の担々麺専門店「担担麺 胡(えびす)」さんの実食レビューです。京都といっても山科なので、中心部からはグッと離れた滋賀県に近いJR東海道本線「山科駅」近くのラーメン店です。

では「担担麺 胡(えびす)」さんの担々麺とはどんなラーメンなのでしょうか。

山科にある人気店「担担麺 胡(えびす)」


山科にある担担麺 胡(えびす)さんへ行って来ました

山科にある担担麺 胡(えびす)さんへ行って来ました

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の東の果て「山科」というほぼ滋賀県にあるラーメン屋さんで食べた担担麺の実食レビューです。

行ったのは担々麺の専門店で、お店の名前は「胡(えびす)」さんと言います。

担担麺の専門店ではありますが、メニューは豊富で平日限定のランチセットなどのセットメニューもあります。

5月1日からは「冷し担担麺」もスタート

5月1日からは「冷し担担麺」もスタート

訪問したのは、ちょうどお昼時で店内はほぼ満席という盛況ぶりでした。

駅から徒歩数分の場所にある人気店ということもあって、知り合いと「一度行ってみたいよねぇ」などと話していたお店です。

5月1日からは「冷し担担麺」もスタート。

どんな担担麺なのかドキドキしながらの訪問となりました。

担担麺 胡(えびす)店内の様子


外観はなんとなく割烹っぽい感じです

外観はなんとなく割烹っぽい感じです

さて、この「担担麺 胡(えびす)」さん、外観はなんとなく割烹っぽい感じです。

ほんのり和風の造りで、黒と木目の外観は「イイ感じだなぁ」と思えましたが、店内はさほど広くはなさそうで、昔は個人経営の眼科だった所がテナントになっています。

ということで、早速入ってみます。

店舗は広いのですが座席数は少なめです

店舗は広いのですが座席数は少なめです

入店すると、入口にはちょっとしたフロアがあり、目の前にはカウンターと厨房がありました。

テーブル席は奥のフロアにあり、決して狭くはないのですが、厨房が結構な面積を占めているのでカウンターは6席ほどです。

奥にはテーブル席が4卓ほど、今回はお昼時で混雑していたのでカウンターに座ります。

担担麺 胡(えびす)メニューと値段


担担麺だけですがメニューは豊富です

担担麺だけですがメニューは豊富です

担担麺だけですが種類は豊富にあって「肉入り黒ごまチーズあんかけ」など創作系のメニュー構成になっていました。

値段は700円~950円程度、お高くはありませんが、ラーメンの価格帯としては少し高めの設定です。

特製肉入り担担麺(972円)
担担麺(756円)
黒ゴマ担担麺(864円)
チーズ担担麺(918円)
あんかけ担担麺(864円)
マーラー担担麺(864円)
汁なし担担麺(864円)
黒汁なし担担麺(918円)
冷やし担担麺(864円)
冷やしマーラー担担麺(918円)
ポイントをおさえたランチセットメニューの告知

ポイントをおさえたランチセットメニューの告知

ランチセットは担担麺と唐揚げのセットです。

ランチセットの担担麺は普通のものだけの提供ですが、好きな担担麺に「唐揚げ+ご飯」をプラス200円~250円でセットにできる終日セットメニューもありました。

キッズメニューを用意して500円で提供しているのは見習うべき点です。子供連れで外食って金銭的にも行くだけでも苦労が多いので、こういったキッカケは行く理由になります。

ランチセットA(担担麺+唐揚)900円
ランチセットB(担担麺+唐揚+ご飯)950円
終日セットC(唐揚げ)好きな担担麺の価格に+200円
終日セットD(唐揚げ+ご飯)好きな担担麺の価格に+250円
レディースセット(担担麺ハーフサイズ+唐揚げ+デザート)850円
キッズセット(担担麺ハーフサイズ+ふりかけごはん+プチゼリー)500円

担担麺 実食レビュー


担担麺(756円)味わい深いスープでした

担担麺(756円)味わい深いスープでした

今回は「担担麺(756円)」を食べてみることにします。

麺の固さスープの濃さ辛さ」は選べるようになっていましたので、ノーマルで注文です。

スープはベースの出汁の味わいが深く、食べあきないもので、それに適度なゴマの風味がしています。

他店ではあまり味のしない担担麺もがあったりしますが、担担麺 胡(えびす)の担担麺はちょうど良い味わいがする優等生的な担担麺になっていると思いました。

スープは薄すぎず、濃すぎないちょうど良い塩梅

スープは薄すぎず、濃すぎないちょうど良い塩梅

トッピングは「ネギ糸唐辛子」のみで少し寂しい感じはしますが、麺とスープの間にミンチも隠れていました。

麺は細麺ですが、低加水のものではなく少し柔めの茹で加減です。

スープや盛り付けは手間がかかっており、作業の丁寧さを感じる担担麺でした。

担担麺 胡(えびす)アクセス方法


汁なし担担麺 864円

汁なし担担麺 864円

今回紹介した「担担麺 胡(えびす)」さんへの行き方(アクセス方法)です。

JR東海道本線「山科駅」から徒歩5分ほど、山科駅から南へ向かい「三条通」を右折(西へ)すぐのところです。

駐車場や駐輪場はありませんが、店頭に自転車が駐輪してあるのは見かけます。

かつては、この三条通から北へ旧東海道へと向かう道の途中「醍醐街道」に店舗と倉庫があったのですが、2017年に今の店舗へ移転しています。

京都府京都市山科区竹鼻竹ノ街道町74
営業時間:11時~15時、17:30~23:30
定休日:不定休
公式サイト:https://tantanmen-yebisu.owst.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/TantanmenYebisu
広告


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。