新福菜館 @京都「黒くて苦い柔らかいラーメン」を実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、新福菜館です。初めての実食レビューですが、お店自体には何度も足を運んでいます。紹介しなかったのは紹介する理由がなかったからですが、最近「新福菜館」を食べてきたので気まぐれでレビューします。まずいとまでは言いませんが好みではありません。

ちなみに、新福菜館は京都市内に数店舗ありますが、今回は「本店」ではありません。

ご注意事項:本記事の無断転載を禁じます。タイトル・画像・記事文章の引用も禁止です。

広告

新福菜館 なぜか京都駅近くで行列ができるラーメン店


新福菜館のラーメン

新福菜館のラーメン

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都のラーメンガイドには100%くらいの確率で掲載されているラーメン店「新福菜館」の中華そばを食べて来ました。

新福菜館」という名前は、このブログでも何度も出てくる店名ですが、実食レビューは初めてです。

理由は明白、好みのラーメンではないからです。

しかし、このラーメンが京都の代表みたいな感じで扱われており、なぜか京都駅近くのお店には行列が出来たりします。

私の好みは世間一般とは違うのかもしれません。

京都駅近くの店舗には早朝から観光客がラーメンを食べにくる

京都駅近くの店舗には早朝から観光客がラーメンを食べにくる

京都駅近くの店舗には早朝から観光客がラーメンを食べに来ます。

ここは「たかばし」と呼ばれる場所で「新福菜館」と「第一旭」という京都の老舗ラーメン店が並んでいます。

どちらも有名ですが、その本店が2店舗隣り合っているという場所です。

新福菜館「黒くて苦い柔らかいラーメン」実食レビュー


京都駅近くの本店ではない「新福菜館」へ

京都駅近くの本店ではない「新福菜館」へ

さて、いくら好みではないとしても、たまには食べて味を確認しています。

今回は、京都駅近くの本店ではない「新福菜館」へ行ってきました。

なぜ、本店ではないかというと、こちらの支店の方がまだ食べられるからです。

さらにいえば、これは当たり前のことですが、わざわざ観光客が行列しているラーメン店に食べにいく必要はないからです。

新福菜館のベースは鶏ガラと豚です

新福菜館のベースは鶏ガラと豚です

スープは「鶏ガラと豚」の合わせスープです。

「鶏ガラ」としか書いていない京都のラーメン記事もありますが、新福菜館では「鶏ガラと豚」の両方を使っています。

飲めば分かりますが、かなりの獣臭がするスープです。

カエシは濃口醤油で「五光醤油(柳麺垂?)」もしくは「小山醸造 ツルヒョー二度熟成醤油」で、これはどちらもかなり濃口ですが他にも色々入っている醤油ダレを使っています。

味は濃口醤油を使っているので、かなり辛みというか苦みがありますが、出汁もだいぶ濃いので獣臭もかなりします。

これを「アッサリ」と表現している記事もありますが、こんなものは「アッサリ」とは言いません。

麺は中太ストレートの角麺

麺は中太ストレートの角麺

麺は中太ストレートの角麺で、近藤製麺所(いわゆるラーメン藤の麺)の麺を使っています。

店によって多少違いはあるものの、かなり柔らかめの店もあり、コシがなくブヨブヨしている場合もあります。

今回食べた支店はちょうど良い茹で加減のお店でした。

やきめし 実食レビュー


京都の古いラーメン店は「チャーハン」はなくて「焼飯(やきめし)」

京都の古いラーメン店は「チャーハン」はなくて「焼飯(やきめし)」

京都の古いラーメン店は「チャーハン」はなくて「焼飯(やきめし)」が出てきます。

たまに「チャーハン」と書きながら「焼飯」を出してくる店もありますが、焼飯は濃口醤油でご飯を炒めたものです。

そのため、醤油の焦げたような味がするのが特徴で、ベースの味わいなどはありません。

好みの問題ですが、そのままでは食べづらいので、卓上の酢を大量にぶっかけて食べるようにしています。

新福菜館「まずい」とまでは言わないラーメン まとめ


好みの味ではありません

好みの味ではありません

ということで、たまに行く「新福菜館」の実食レビューでした。

あくまでも好みの問題ですが「黒くて苦い柔らかいラーメン」という印象しかありません。

不味いとまでは言いませんが、ラーメンは他の店で食べたい気がします。

初めて食べた時には残して出てきたのですが、かつて完食しなかったラーメンは2店舗だけで、「新福菜館 本店」と「大勝軒 江戸川橋店(東京)」だけです。


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。