たく味 中華そば @京都・百万遍「花びらチャーシュー」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、百万遍にある「花びらチャーシュー」で知られる「中華そば たく味(たくみ)」さんの紹介です。ひさしぶりの訪問でしたが、あいかわらずラーメンどんぶりに目いっぱい並んだチャーシューメンは健在でした。

チャーシューは15枚ほど、ネギもたっぷりで880円というコスパのお店です。

広告

京都・百万遍「花びらチャーシュー」のラーメン店


中華そば たく味 花びらのようなチャーシューラーメンのお店です

中華そば たく味 花びらのようなチャーシューラーメンのお店です

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の百万遍という京大エリアにあるラーメン店「たく味」さんでチャーシュー麺を食べてきました。

百万遍エリアは大学生が多いのでラーメン店が多いのですが、その中で「中華そば たく味」さんは、まぁまぁ有名なお店です。

有名なのは花びらのように盛られたチャーシューのラーメンで、それでいて値段が安いというのも注目されている点です。

また、オープンから深夜2時まで営業しているというのも評価できる所です。

とんこつ・あっさり 味があります

とんこつ・あっさり 味があります

メニューは「とんこつあっさり」味があります。

それぞれに並とチャーシューがあり、それが基本メニューです。

とんこつ たく味ラーメン 680円
とんこつ たく味チャーシューメン 880円
中華そば 680円
中華そばチャーシューメン 880円
ワンタンメン 830円
つけ麺(温・冷) 780円
替玉 150円
大盛 130円

今回は「とんこつ たく味チャーシューメン 880円」を食べてみます。

とんこつ たく味チャーシューメン 実食レビュー


花びら見たいなチャーシューメン

花びら見たいなチャーシューメン

こちらが「とんこつ たく味チャーシューメン 880円」です。

チャーシューが15枚入った激盛チャーシューです。

それに青ネギがタップリ入っています。

スープは豚骨のトロッとしたタイプ

スープは豚骨のトロッとしたタイプ

スープはトロッとした豚骨スープで、薄くもなく濃くもないカエシで醤油味がついていました。

九州とんこつのようにコクのあるスープではなく、やや動物性たんぱく質を感じるスープです。(若干野性的というか)

スープはかなり熱々で出てきますが、それは理由があります。

というのも、周辺にはチャーシューが並んでおり、麺の上には青ネギがたっぷりかかっているからです。

この構成なら、スープはすぐに冷めるので、少し熱めで提供しているのでしょう。

チャーシューは好みが分かれるかも

チャーシューは好みが分かれるかも

チャーシューは好みが分かれるかもしれません。

ハムの薄さくらいのチャーシューで、若干表面に燻製した感じがあります。

香りもあるのでスモークしていると思いますが、普通のチャーシューより弾力のある歯ごたえで、独特の香りの評価は分かれる感じがします。

麺は中細ストレートくらい

麺は中細ストレートくらい

釧路製麺(伏見区下鳥羽)」さんの麺だと思いますが、麺は中細ストレートくらいで、ちょっと太めにしてあるようです。

ちょうど良い茹で加減でした。

トッピングは「チャーシュー青ネギメンマ」とシンプルです。

メンマは「丸松の味付けメンマ」を使っていました。

中華そば たく味 基本情報


中華そば たく味 外観

中華そば たく味 外観

「中華そば たく味」さんの場所は、百万遍にあるので駐車場・駐輪場はありません。

駐車場は近隣のコインパーキング、バイクは出町柳駅まで行かなければ有料駐輪場がありません。

最寄り駅は「出町柳駅」で、そこからだと徒歩7分くらいでしょう。

味については、チャーシューが特徴的なので賛否両論あるとは思いますが、「花びらチャーシュー」がテレビなどで取り上げられたこともあって、それなりに有名なお店です。

京都府京都市左京区田中関田町2−8
営業時間:11時~深夜2時
定休日:水曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。