中華そば 一番星 @京都・岡崎「老舗の京都ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は「中華そば 一番星」さんのラーメンを実食レビューします。老舗中の老舗ですが、最近の京都ラーメンの記事ではあまり紹介されていません。「中華そば 一番星」さんは創業から40年で京都ラーメンでは老舗だからでしょう。

価格は700円から、場所は京都・岡崎エリアで平安神宮の近くです。

広告

京都・岡崎「老舗の京都ラーメン」


中華そば 一番星、地元である岡崎の老舗ラーメン店

中華そば 一番星、地元である岡崎の老舗ラーメン店

今回の「京都ラーメンブログ」は、地元の京都・岡崎で子供の頃からある老舗ラーメン店「中華そば 一番星」の実食レビューです。

40年くらい前にはあったような記憶がありますが、もう記憶が定かではないほど前です。

正確には、1975年6月22日創業の老舗ラーメン店で、今の店舗を持つ前には屋台ラーメンでした(1972年5月~)

伏見区にも同名のラーメン店がありますが、そちらはお弟子さんのお店です。

中華そば 一番星 店内の様子


昔ながらの喫茶店みたいな店内です

昔ながらの喫茶店みたいな店内です

中華そば 一番星」さんの店内は、昔ながらの喫茶店みたいな雰囲気のお店です。

タイルとレンガで装飾されており、絵が飾られていて、ラーメン店という雰囲気はあまりありません。

カウンターとテーブルがあるので、家族連れなどはテーブルを使うと良いでしょう。(おひとり様はカウンターを使いましょう)

メニューは基本の「中華そば」が700円からです。

京都ラーメンとしては普通の価格設定で「肉なし」があるのが昔ながらの京都ラーメン店ですね。

中華そば 並 700円
中華そば 並・玉子 750円
中華そば 大 800円
中華そば 大・玉子 850円
チャーシュー 並 1000円
チャーシュー 大 1100円
肉なし 並 600円
肉なし 大 650円
ごはん 小~大 150円~200円

中華そば 一番星 実食レビュー


中華そば 700円(並)

中華そば 700円(並)

今回は「中華そば 700円(並)」をオーダーしました。

お昼時は過ぎていましたが、近くの会社員や家族連れが食べに来ています。

トッピングは「チャーシューメンマ細もやし青ネギ」という構成で、これも京都の昔ながらの京都ラーメンでは鉄板の組み合わせです。

背脂ではなく油が浮いているタイプですが、油っこさはほぼありません。

珍しいのは「漬物(しば漬け)」がついていることでしょうか。

チャーシューは4~5枚入っています

チャーシューは4~5枚入っています

チャーシューは4~5枚入っていて、少し厚みがあります。

京都ラーメンはもっと薄切りのお店が多いのですが「中華そば 一番星」さんでは普通くらいの厚みでした。

青ネギは水でさらしていないので辛みが効いています。

麺は中細麺で結構茹でてあります

麺は中細麺で結構茹でてあります

麺は中細麺ですが、京都でよくある低加水ではない感じのものでした。

あまりスープが絡んでこないタイプの麺で、こういった古いタイプの京都ラーメンは出汁は出ていてもカエシが薄いので、余計にアッサリ感を感じました。

しば漬けが付いているので、それで小休止しながら食べる感じです。

ベースは豚骨で、出汁はよく出ているのでそのまま飲むと美味しいのですが、麺と絡ませるには薄いという「よくある京都ラーメン」です。

中華そば 一番星 基本情報


中華そば 一番星 外観

中華そば 一番星 外観

さて「中華そば 一番星」さんの場所ですが、平安神宮の近く岡崎エリアにあるラーメン店です。

老舗中の老舗ですが、あまり京都ラーメンの記事には出てこないお店でもあります。

駐車場はないのですが、隣はコインパーキングです。

2017年11月8日~9日は臨休になっていたのでご注意ください。

京都府京都市左京区岡崎北御所町
営業時間:11時~15時、16:30~19時(水曜は15時まで)
定休日:木曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。