へしこラーメン @京都・京北「キャプテン」実食レビュー

今回は京都・京北で食べることができる珍しいラーメン「へしこラーメン」を食べてきましたので実食レビューします。「へしこラーメン」は鯖の発酵食品と魚醤(いしる)を使ったものです。秘境ラーメンとして知られる「キャプテン」さんで食べることができます。

京都の秘境「京北」の猪や鹿を使ったラーメン・餃子もあるお店です。

広告

京都・京北のラーメン店キャプテン名物の「へしこラーメン」


これが京都の秘境ラーメン店「キャプテン」

これが京都の秘境ラーメン店「キャプテン」

今回の「京都ラーメンブログ」は、北山杉で有名な京都の京北エリアにあるラーメン店「キャプテン」さんへ行ってきました。

京都の秘境ラーメンのひとつで、近くで獲れた猪・鹿のラーメンや餃子を食べられるお店として知られていますが、もうひとつ珍グルメがあります。

それが「へしこラーメン」です。

「へしこ」は鯖の塩づけを糠漬けにした郷土料理

「へしこ」は鯖の塩づけを糠漬けにした郷土料理

へしこ」は鯖の塩づけを糠漬けにした郷土料理で、この一帯は福井まで続く鯖街道にあることから、ご当地グルメとして提供されています。

発酵食品であるため独特の味わいがありますが、これをラーメンのトッピングに使ったものが「へしこラーメン」です。

へしこラーメン 実食レビュー


凄味!!へしこラーメンとは?

凄味!!へしこラーメンとは?

ということで、この「へしこラーメン」を実際に食べてきましたので実食レビューします。

お店は山奥の街道沿いにあるのですが、飲食店はこの「キャプテン」さんくらいしかありません。

店頭には2つの看板があり「深旨!!いのししラーメン」と「凄味!!へしこラーメン」と書かれていました。

有名なのは「いのししラーメン」です

有名なのは「いのししラーメン」です

いのししラーメン 1290円
へしこラーメン 790円
いのしし餃子 330円
いの鹿餃子 330円
しか餃子 330円

普通のラーメンや餃子もあるのですが、有名なのは「いのししラーメン」です。

2016年末に、この「いのししラーメン」は実食レビューしていますが、今回は「へしこラーメン」という奇特グルメに挑戦してみます。

へしこラーメン 790円

へしこラーメン 790円

鯖(さば)の塩漬けをさらに粕漬にした発酵食品「へしこ」を使ったラーメンです。

トッピングは「へしこメンマ青ネギもやし梅干し」と珍しい組み合わせで、「へしこ」の塩辛さと「梅干し」の酸っぱさが独特のラーメンになっています。

へしこ

へしこ

へしこ」は塩漬けなので、かなりの塩辛さがあります。

小骨や背骨もそのまま漬け込んでいるので食べるのは少し面倒ですが、発酵食品の独特の味わいと濃厚な塩辛さが味わえる食材です。

魚醤「いしる」を使っています

魚醤「いしる」を使っています

かえしには能登半島の魚醤「いしる」を使っており「しょっつるいかなごいしる」は日本三大魚醤と呼ばれているものです。

深い醤油色でありながら、辛味は醤油より少なく、スープには隠し味に七味の辛味が添えられています。

いしる」を使ったラーメンを「へしこ」と「梅干し」で食べるのは、なかなか凄い発想で深い味わいのあるラーメンになっていました。

麺は太麺を使っていました

麺は太麺を使っていました

京都・京北「キャプテン」基本情報


京都・京北「キャプテン」外観

京都・京北「キャプテン」外観

京都・京北「キャプテン」さんへの行き方ですが、国道162号線を京北に向かうと道路沿いにポツンとあります。

京北の中心地からは南に離れているので、他にお店などはほぼないエリアです。

一応、バスでも行くことはできるのですが、自家用車かバイクでもないと行きづらい秘境にあります。

何もない山道の途中にお店があります

何もない山道の途中にお店があります

京都府京都市右京区京北細野町下垣内17
営業時間:11時~20時
定休日:水曜
URL:http://kww.jp/cap/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。