唐揚げラーメン @京都・円町「つたや」でから揚げラーメン 実食レビュー

京都観光に来たなら京都の大衆食堂に寄ってみてください。京都には「麺類・丼もの・定食」なんでもござれの大衆食堂がたくさんあるんです。今回は円町の大衆食堂つたや」さんで、京都でも珍しい「唐揚げラーメン」を食べてきたので実食レビューします。

関西では「ラーメンと唐揚げ」は大変ポピュラーな組み合わせですが、一緒になったラーメンは珍しいと思います。

広告

京都でも「唐揚げラーメン」を食べられるお店がある


こ・・・これは伝説の「唐揚げラーメン」では!?

こ・・・これは伝説の「唐揚げラーメン」では!?

この「京都ラーメンブログ」では前々から「京都のラーメン店には餃子はないけど唐揚げはある」と断言してきましたが・・・・

なんと「唐揚げが入ったラーメン」も食べることもできます。

唐揚げラーメンといえば新潟のご当地ラーメンとしてテレビで紹介されたこともあるラーメンですが、京都にだってあるんです

お店は円町駅に近い「つたや」さんという麺類一式の定食などもある食堂で、京都では明治時代からこういった大衆食堂が街中にたくさんあります。

お店は円町駅前「つたや」さんです

お店は円町駅前「つたや」さんです

他の麺類一式のお店でも「唐揚げラーメン」は見たことがないので、かなり珍しい事例だと思われます。

ということで、さっそく入店して食べてみることにしましょう!

唐揚げラーメン 実食レビュー


お店は京都によくある大衆食堂

お店は京都によくある大衆食堂

店内は、京都によくある大衆食堂で、個人的には居心地の良いお店です。

こういったお店は京都にたくさんありますが「定食・うどん・ラーメン・丼物」などなんでもござれの大衆食堂です。

定食類 650円~1000円
うどん類 400円~700円
中華そば 600円~800円
丼もの 600円~1000円

京都の大衆食堂はお値段もリーズナブルなお店ばかりで、中にはラーメン450円とかいうお店もあったりします。

唐揚げラーメン 750円

唐揚げラーメン 750円

ということで「唐揚げラーメン 750円」です。

トッピングは「唐揚げ4個もやし青ネギ」で、チャーシューの代わりに唐揚げが入ったラーメンです。

京都の中華そばの特徴コショウが最初からかかっている」ラーメンで、昔ながらの京都の中華そばです。

スープは辛味と旨味が濃いめのスープです

スープは辛味と旨味が濃いめのスープです

京都の中華そばは、ややコッテリした鶏ガラや豚骨のスープで、清湯よりも少し濁った感じが特徴です。

醤油はさほど辛くはないのですが、ベース(出汁)の味がシッカリしているのも京都ラーメンの特徴です。

低加水の関西ではよく見る麺

低加水の関西ではよく見る麺

唐揚げとラーメンは合うのに提供するお店は少ないですよね

唐揚げとラーメンは合うのに提供するお店は少ないですよね

唐揚げはサッパリした味付けで、ラーメンスープに浸しながら食べるとちょうど良い味わいになるものでした。

京都でラーメンと唐揚げのセットは別に珍しくはないのですが、唐揚げが入ったラーメンはほとんどありません。

関西らしいラーメンを食べてみたい方にオススメです。

つたや 基本情報


つたや 円町駅すぐ近くです

つたや 円町駅すぐ近くです

京都の大衆食堂「つたや」さんへの行き方ですが、JR山陰本線「円町駅」から徒歩2分くらいの所です。

関東の方が見ると「うどん屋」さんに見えるかもしれませんが、関西ではこういうお店は「麺類一式」とか「丼もの・定食」とか書かれていることが多く、何でもある大衆食堂になっています。

京都らしいお店なので、京都観光に来た際には、ぜひこういう京都の大衆食堂に立ち寄ってみてください。

京都では「うどん文化」が長く、聞いたことがあまりないような名前の麺類がたくさんありますよ。

京都府京都市中京区西ノ京円町24
営業時間:11:30~15時、17時~20:30
定休日:水曜、第三火曜日


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。