担々らぁ麺(担々麺)が京都・とうひちで販売開始 実食レビュー

京都の人気ラーメン店とうひち(藤七)」さんで、新作の「担々らぁ麺 800円」を食べてきましたので実食レビューします。普通の担々麺をさらに進化させた「とうひち」さんらしい工夫のあるラーメンになっていました。

土日は行列のできるお店としても知られている京都を代表するラーメン店です。

広告

担々らぁ麺(担々麺)が京都・とうひちで販売開始


京都ラーメン・とうひち 新作「担々らぁ麺」

京都ラーメン・とうひち 新作「担々らぁ麺」

京都で人気のあるラーメン店「とうひち(藤七)」さんで新作ラーメンが2月22日から発売開始となっているので食べに行ってきました。

今度の新作は「担々麺」で、最近このブログでも担々麺をずっと扱っており、最近なんとなくブームになってきているのかなという雰囲気になっています。

今回は、京都ラーメンの人気店である「とうひち」さんのメニューに加わった「担々らぁ麺」を食べてきましたので実食レビューしたいと思います。

担々らぁ麺 実食レビュー


さっそく「坦々らぁ麺 800円」を購入

さっそく「坦々らぁ麺 800円」を購入

京都のラーメン店「とうひち(藤七)」さんといえば、京都でも行列ができるお店として知られています。

このブログでも、オープン前から厨房の様子などを見せていただいて、オープン日に並びに行って紹介してきたお店です。

意欲作が多いお店ですが、今回は最近流行っている担々麺を新作に追加したということで食べに行ってきました

ピリッと山椒がふんだんに使われています

ピリッと山椒がふんだんに使われています

とうひち」さんのラーメンは何らかしら驚きというものが隠されているのですが、今回の「坦々らぁ麺」は四川山椒を強めに効かせて、香りと辛さで驚きを演出していました。

・ミンチ
・青梗菜(ちんげんさい)
・揚げピーナッツ
・白ネギの刻んだもの
・ラー油
・四川花椒

ゴマペーストのスープには背脂が浮かんでいます

ゴマペーストのスープには背脂が浮かんでいます

特筆すべきはスープで、通常のゴマペーストのスープには「四川花椒朝天唐辛子」を使い、背脂を浮かせるという工夫を凝らしていました。

このあたりは「とうひち」さんらしいアイデアといえそうで、細かいところにこだわってくるところが人気のひとつです。

また、ピーナッツ数種類組み合わせた炒ったものが使われており、風味と香りを増したものを使っているというこだわりようです。

麺はオーストラリア産外麦プライムハード

麺はオーストラリア産外麦プライムハード

麺は自家製麺の方だと思われます。(メニューの一部はテイガクの麺です)

オーストラリア産外麦プライムハードを使った麺は細身でちぢれなしですが、スープとよく絡んでいます。

ベースが辛いので、これくらいの麺でも十分味を感じられるのでしょう。

バランスの良い一杯となっており、辛いラーメンが好きな方にオススメのラーメンでした。

らぁ麺 とうひち 基本情報


2015-06-03_175309

店舗情報やもっと詳しいレビューは本編をご覧ください

駐車場もありますが、京都市バスなどでも「玄琢下」という京都市北区のバス停で降りて歩いて行くことができます。

京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33−6
営業時間:11時~14:30、18時~21時
定休日:火曜
Twitter:https://twitter.com/touhichi_ramen


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。