麺屋 龍仙@京都・長岡京市ラーメンがリニューアルしてたので食べてきた

Sponsored Link

京都・長岡京市の「麺屋 龍仙」さんというラーメン店が今年4月にリニューアルしていたのですが、ようやく行くことができました。あまりこの界隈には行かないのですが、とある長岡京の噂を調べに行った帰りに立ち寄ってみました。背脂の浮いた京都ラーメンです。

お店は前と違って、かなりオシャレになってました。

麺屋 龍仙 京都ラーメン店


麺屋 龍仙、2016年4月5日にリーニューアル

麺屋 龍仙、2016年4月5日にリーニューアル

京都の長岡京市にとある取材に行った日に、今年4月にリニューアルしていた「麺屋 龍仙」さんに立ち寄ってみました。

元々は「龍龍軒」という店名だったのですが、今年の4月1日にリニューアルオープンして、洒落たお店に様変わったのです。

黒を基調におちついた外観にリニューアル

黒を基調におちついた外観にリニューアル

以前は、赤色のいかにも中華とかラーメンショップ的なお店でしたが、ずいぶんとおしゃれな感じに様変わりしていました。

近くには「ミスターラーメン」と「天天有 長岡京店」もあるし、駅からだいぶ離れているし、こうやってリニューアルも考えていかないといけないのでしょう。

サイズが細かくわかれています。

サイズが細かくわかれています。

いかにも京都ラーメンですが、サイズが細かくわかれています。

小~大まで4段階で、洒落た内装や外観に、小さいサイズもあるのは女性客を意識したお店かもしれません。

龍仙(こってり) 750円
龍麺(あっさり) 750円
龍希(とろとろ) 800円
龍辛(選べる辛さ4段階) 750円
龍匠(濃厚魚介豚骨) 800円
名物 豚皿 500円
チャーシュー丼 600円
チャーハン 500円

龍仙(こってり)を実食レビュー


龍仙(こってり) 750円

龍仙(こってり) 750円

今回は代表的なメニューの「龍仙(こってり) 750円」を食べてきました。

背脂の浮かんだいかにも京都白川系ラーメンですが、他のお店と比べると少しあっさりしています。

ネギが多いので、ネギ好きにはうれしかったですが、来来亭とソックリのネギでした。このタイプのネギって、どこか業者から買っているのでしょうか。いつも気になります。

麺は中太麺で量が多いです

麺は中太麺で量が多いです

麺は中太麺です。

特筆すべき点は、これ並なのですが、普通のお店の大サイズと同じ麺量です。

注文を間違えたわけではなく、お店の方に確認したところ「多くなっています」とのことでした。

そんなに辛くないので食べやすいです

そんなに辛くないので食べやすいです

京都ラーメンにありがちな醤油辛いラーメンではなく、来来亭や魁力屋(かいりきや)よりはアッサリした感じです。

ガーリックフライは結構においますので入れる際はご注意を

ガーリックフライは結構においますので入れる際はご注意を

麺屋龍仙 基本情報


麺屋龍仙 外観

麺屋龍仙 外観

駐車場はお店の北方に6台分あります。

駐車場の「2・3・5・6・7・8」が利用可能です。ちゃんと駐車場を借りて用意しているのは良いですね。

京都府長岡京市今里2丁目19−2
営業時間:11時~21時(日祝は11:30~21時)※15時まで禁煙
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)
URL:http://www.ryu2.co.jp/


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。