麺家あくた川 京都・今出川 2/8 新店オープン 家系ラーメン

Sponsored Link

京都に家系ラーメンがもうひとつ増えました。「麺家あくた川」という家系ラーメン店で、2/6からプレオープンしています。場所は同志社大学北付近(今出川)です。

2014年に「最新2014京都市の横浜家系ラーメン大調査」で記事にしましたが、京都市内には家系が3店舗しかなく(補足:一乗寺の「びし屋」は家系だと思わないので含めていません)、関東育ちの私は当然のように家系が好きなのですが、家系デフレ状態に陥っていました。新しくお店が増えるのはうれしいかぎりです。

大手ラーメンサイトのラーメン記事に本ページをリライトしただけの記事がありますが当方とは一切無関係です。こちらがオリジナル記事になります。

麺家あくた川 京都・今出川 2/8 新店オープン


麺家 あくた川 家系ラーメンのお店です

麺家 あくた川 家系ラーメンのお店です

2/8に京都の今出川に新しい家系ラーメン店「麺家あくた川」が新規オープンしました。

東京・中野にある「武蔵家」出身のオーナーとのことで、2/6 12時から1日70杯限定でプレオープンしていたようです。

2/8からグランドオープンとのことです。

場所は、同志社大学寒梅館のすぐ北角で、以前はインドカレーとクレープのお店があった場所です。

2月~3月は、新店オープンの多い時期で、2/4には元田中に「慈永」さんも新規オープンしています。また、近くの「うさぎ屋」が閉店(2016/1/6に西陣の五辻通北の通=西陣中央小学校北=2013年頃に「うさぎ屋」があった元の場所に移転しました)して、新しく3月中頃に「京都北山元町らーめん」さんが新規オープンします。

京都府京都市上京区烏丸町上立売角
営業時間:11:30~20時(途中でスープ調整あり、スープなくなり次第終了)
定休日:日曜
Facebook

並び方


麺家あくた川 外観

2/26に確認したところ、店前の並び方にお作法ができていました。

近々できるだろうなと、誰しもそう思ったであろう方法になっています。

お作法として、先頭を守る「さかいくん」というのがお店に向かって右側にいますので、そこを先頭として、券売機側に並ぶ方式です。(先に食券を買ってから並びます)

麺家あくた川 先頭ランナーさかい君

先頭ランナー「さかいくん」です。

彼が先頭です。

お水をあげると、芽が出てきそうな感じです。

麺家あくた川 常連帯表


常連帯表

2/26に見つけたのですが、「麺家あくた川 常連帯表」というのが貼ってありました。

白帯が6名ほど、紫帯が3名ほど、実名がカウンター上に晒されて貼られています。

白帯・紫帯 玉子か海苔をサービス
茶帯 玉子か海苔かチャーシューをサービス
黒帯 お好きなトッピング2つをサービス
師範代 ラーメン一杯無料券配布(常にトッピング2つサービス)

帯によって、トッピングが無料になるというシステムです。

ただ、それになるにはどうするのか聞くの忘れました(笑)

実食レビュー


麺家あくた川 行列

2/9 11時前に食べに行きました。

前客は男女客2名と様子伺いの大学生2名でしたが、11時時点で私含めて3名程度の待ちでした。

どうやら、開店時間が変更になったとのことで「11:30」からになっています。

先に並んでいたお嬢さんに聞いてみたところ、チャーシューの仕入れが間に合っていないのと、仕込みの関係からオープン時間を変更せざるをえなかったという話を聞きましたとおっしゃっていました。

店員さんにも聞いてみたところ、「予想よりお客さんが多くてチャーシューの仕入れ先も検討しないといけないかもしれません」というお話でした。

とりあえず、紫蔵方式でオープンから「チャーシューラーメンは売り切れ」にするような方法もありますが、仕入れ先変更も考えているとのことです。

店員さんは3名で、わかりやすくいうと「○△□」です。なかなか味のあるトリオになっていました。

店長は細面のちょび髭ダンディさんのようです。

麺家あくた川 看板

お店はカウンター7席と思ったより狭い感じですが、実は二階に団体用のフロアがあります。

ただ、見ている感じだと、調理は一度に3玉~4玉なので、通常は上は使用しない運用のようです。食べている時も、外に行列があっても2階は使用していませんでした。

麺家あくた川 料金表

お値段は非常に良心的な価格です。

らーめん並 650円
らーめん中 750円
らーめん大 850円
ごはん 50円(おかわり無料)
ちゃーしゅーめん並 850円
ちゃーしゅーめん中 950円
ちゃーしゅーめん大 1050円
味玉らーめん並 750円
味玉らーめん中 850円
味玉らーめん大 950円
味玉 100円
のり(5枚) 50円
味玉 100円
ほうれん草 100円
ちゃーしゅー(3枚) 200円
白ネギ 100円
キャベツ 100円

麺家あくた川 オープン時1

同志社大学の近くなので、11時過ぎには8名ほど並んでいました。

11:30にオープンして、最初のロット分(7名)が入っても、外にまだ8名ほどの行列ができていました。

麺家あくた川 オープン時2

麺は「酒井製麺」さんです。

家系のデフォルト麺です。オーナーが東京・中野にある「武蔵家」出身なので、正当な家系といえます。本来、「家」とつけられるのは直系だけなのですが、今は他のお店でも結構「~家」が多くなっており区別がつきません。しかし、酒井製麺を使っているなら本家「吉村家」の流れをくむ店のはずです。

ただ、酒井製麺の木箱にはチョークで書かれた「杉印」がないので直系ではないと思われます。

麺家あくた川 カウンター席

今回は、ラーメン並(麺固め、油多め、味普通)にしました。

ただ、食べた感じは「麺固め、油普通、味普通」に思えました。もう少し鶏油感があっても良いかもしれません。

トッピングは「のり」で、ごはんもオーダーしました。ちなみに「ふぇいすぶっくみますた」の呪文で味玉追加されてます。

ほうれん草はややいまいちですが、チャーシューはおいしい感じでした。白ネギはトッピングしないと入っていないので、次回は白ネギ入れたいと思います。家系と白ネギ合うので好きです。

麺家 あくた川 家系ラーメンのお店です

麺家 あくた川 家系ラーメンのお店です

スープは濃いめです。これは関西に住んでいるからそう感じるだけで、関東だとこれ普通くらいです。濃いめといっても、コクのある濃さで、非常においしいスープでした。まさに家系という感じです。

麺家あくた川 スープ

家系では、好みを選べるのですが・・・・

麺固め、油多め、味普通

にしました。麺固めだと早く出るのと、油多めは家系独特の「鶏油」(チーユ)の香りが好きだからです。味は濃いめだと、家系では辛くなるはずなので、関西の方は味は普通を頼むと良いと思います。

油多めでしたが、「鶏油」はさほど強い感じではありませんでした。

麺家あくた川 麺

麺は酒井製麺のモチモチ麺です。

関東では平打ちの普通の太麺の部類ですが、関西は細麺王国なので、これくらいだと極太麺として見られます。

私は、東京が長かったので、懐かしい関東の酒井製麺を食べることができて感激しました。

麺家あくた川 ライス1

ごはんは、餅米が少し混ざっているようです。

麺家あくた川 ライス2

ご飯は、スープで湿らせた海苔にニンニクを付けて、ご飯を巻いて食べるのが家流です。家系ができた頃から私はこうやって食べています。osumituki.com考案の食べ方といえます。

家系では海苔をスープに浸してニンニクとライスを巻いて食べる!

ご飯が少なくなってきたら、スープにつけたチャーシューをほぐしてからのせて食べると、これまた格別です。

ぜひ、試してみてください。

2/12 2度目の訪問


麺家あくた川 大行列

2/12もオープン前に行ってきました。

オープン5分前で、前客は学生2名。オープン直前に7名ほど並びました。

2/12時点でも、まだ白ネギとキャベツは発売していませんでした。この2つは家系に合うので、早い販売が望まれます。

今回も、ラーメン並(麺固め、油多め、味普通)にしました。注文は省略形で「固め多め」で言いました。

麺家あくた川 ラーメンとライス

ただ、出てきたのを食べてみると「麺固め、油普通、味濃いめ」な感じがしました。前回と今回も、なかなか希望通りになっていないので、私のコミュニケーションに難があるのかもしれません(笑)

味濃いめだったので、結構醤油辛かったです。味は普通がオススメなので、初めての方はそうしたほうがいいです。

チャーシュー細切れは先着サービスとのことです。

麺家あくた川 ラーメンにトッピング

呪文の「ふぇいすぶっくみますたんこぶ」を忘れましたが、顔を覚えていてくれたようで、入れておいてくれました。ありがとうございます。

あと、二階も混んできたら使うのを検討しているそうです。慣れてきたらできそうですよね。

2/26 3度目の訪問


麺家あくた川 ラーメン3

2/26も訪問しました。これで3度目です。

11時15分に着いて一番乗りでした。

その後、11:32頃にオープンしたのですが、その時点で後客2名です。

並びもさすがになくなったかと思ったら、ゾクゾクと客が来て、オープン時には店内は満席で、外待ち3名ほどになりました。

繁盛しており、なによりです。

味は「麺固め、油多め、味普通」といつものオーダーです。さすがに、3回目なので思ったような味付きで出てきました。

お店の方に聞いたら、最初は「濃い濃い」と言われたらしくて、今は少し味をマイルドにして、旨味を引き出す感じにしてあるそうです。

確かにマイルドになっていました。京都では、その方が好まれるかと思います。

ただ、私のように関東に長くいたりすると、オープン時の濃さでも「関東の味付けだなぁ」と懐かしく食べることができました。

6/6 4度目の訪問


麺家あくた川 ラーメンにネギトッピング

4度目の訪問は少し時間が空きましたが、店主さんは顔を覚えていてくれました。大変ありがたいことです。ありがとうございます。

ま、帽子被ってメガネとか、お忍び芸能人かという風貌は、この辺りではあまりいないですよね(笑)

お店は月曜の13時過ぎにもかかわらず、行列で5名ほど常に並んでいます。この界隈でランチ時間以外に行列ができるラーメン店はここだけです。

今回はラーメンに念願のネギをトッピングしてみました。

ネギは白髪ネギとなっていました。このブログの他のラーメン記事で普段から「ラーメンショップの白髪ネギが食べたい」と大騒ぎしているので、店主さんが気を遣って・・・・ということはないと思いますが(笑)、ひさしぶりの白髪ネギでした。

白髪ネギ

家系ラーメンの場合は普通に切ってあるネギが一般的ですが、白髪ネギのスタイルはたまに見るくらいかもしれません。京都では、特に白髪ネギは見かけなくて、それはたぶん「九条ネギ」のような青ネギがラーメンでは一般的だからだと思われます。

なお、白髪ネギは水で洗ってから絞って曲げを出す工程をした上で、お客様に出す前にタレで味をつけるというのが一番の食べ方です。

一段とうまくなったスープとチャーシュー

ですが、スープとチャーシューが格段にうまくなっていました。

これまでのレビューでは「紫蔵」(しくら)さんにはまだ及ばないというようなことを書いていましたが、今の味なら十分勝負できます!

以前の記事では、スープは関東風のままで醤油の辛みが出ていると書きましたが、今はスープの醤油辛さがマイルドになっており、スープのコクがダイレクトに感じられるように変化していました。

2016-06-06_154253

チャーシューは少しレアのものに変わっており、食べやすくなっています。まだ、肉の味が十分にでていないかもしれませんが、この感じならもっとよくなりそうです。

店主の方も「日々改良しています」とのことで、これはますます楽しみですね。

あと、味の好みは食券の角を折り曲げて印しをつける運用になっており、日々の努力が見えていました。

紫蔵とどっちがおいしい?

山下醤造(中京区)
紫蔵(北区)
漫天兄弟(南区)

味は好みの問題ですが、京都では家系は「紫蔵」(しくら)がダントツの地位を築いています。

当然、そこと比べられることになります。

私の食べた感じでは、「紫蔵」さんは京都人に合わせた上品なコクと旨味のある家系になっています。

今回の「あくた川」さんは関東風の家系そのままです。

「どっち?」と言われると、やや「紫蔵」さんに軍配が上がると思います。でも、京都で家系は少ないし、「あくた川」さんもかなりおいしいです。きっと繁盛店になると思います。

上の6/6の訪問では「味が格段に良くなって」いました。「紫蔵」さんに追いつけ追い越せの状況が感じられる味となっており、まろやかでコクの深い味となっていました。

あと、ハッキリ申し上げますが、一乗寺の「びし屋」は家系ラーメンではありません。

なぜか京都では「びし屋=家系」という方がいて、知らずに家系だと紹介しているのですが、びし屋は豚骨醤油ではあるものの、家系とはまったく異なる味です。

あくた川近くの駐車場とバイク駐輪場


あくた川近くの駐車場とバイク駐輪場

時間貸し駐車場は、すぐ北の路地を西に向かうとコインパーキング「風良都ぱーく60」があります。こちらはバイクも駐車できます。

自動車:8時~20時(40分200円)、20時~朝8時(60分100円)、最大1200円(夜間は最大400円)
バイク:終日60分100円(最大24時間500円)

同志社大学の大通りより、西に一本いった「室町通」にもいくつか時間貸し駐車場がありますので、車で満車の場合は「室町通」で探してください。

2016年6月初旬に、今出川駅の近くに新しく自転車とバイクの駐輪場が工事中です。それができたら、そちらが便利になります。(紹介記事はこちらです


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


・当ブログで書いた「あくた川」の記事が大手ラーメンサイトで記事を書いているライターにちょっとリライトしたくらいの記事で流用されているのを確認しています。また、関西のラーメン店を回られているブロガーさんのラーメン記事でも当ブログが店主さんにインタビューした内容で当ブログオリジナルの情報が本文ままで流用されているのを確認しています。当方とは一切無関係ですので誤解なきようお願いします。さらに京都ラーメン掲示板で当ブログへの根拠のない中傷が書かれているのも確認していますが場合によっては掲示板管理人に対して代理人から連絡がいく場合がありますのでご注意ください。


主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Twitterの口コミや感想

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。