ラーメンショップは近畿にはないのだ!(関西、大阪、京都)

Sponsored Link

本日は皆さんに悲しいお知らせがございます。なんと、前から言っていますが、近畿には「ラーメンショップ」がございません!(笑)

もし、関東から関西にお引越しをお考えの方がいらっしゃいましたら、これを参考に再考することをおすすめいたします。まぢで。

ラーメンショップは近畿にはないのだ!

前々から我々が世間様に訴えかけていることがあります。

それが、「ラーメンショップが近畿には存在しない」という事実です。

ラーメンショップは主に関東から東北に多い緩いラーメンチェーンで、横浜家系ラーメンの元祖「吉村家」のオーナーも、元はラーメンショップで修行していました。

独特のタレで和えた白髪ネギに、調味料バリバリの豚骨醤油は、私も関東在住時には長らくお世話になったソウルフードです。

これが、おいしいんですよ!

ラーメンショップはなぜ近畿にないのだ?

三重県の鈴鹿にある「ラーメンショップフラワー店」から兵庫県の「ラーメンショップ なまず峠店」の間には、きれーさっぱりラーメンショップが存在しないのです!

なんと!その距離234kmです!

まさしく、魔の234kmというラーメンショップ不毛地帯なのです・・・・。

補足:2010年頃には福知山付近に「ラーメンショップ福知山夜久野店」と兵庫県に「ラーメンショップ太子店」があったようですが、なんか速攻でつぶれたみたいです。

三重県鈴鹿市岸田町字六名前1542−28

兵庫県赤穂市西有年3008−18-1

関西では「ラーメンショップ」はつぶれるのか!?

このラーメンショップがない現象は、北海道でも当てはまります

しかし、ところがどっこい。

ラーメンショップの流れをくむ「山岡家」は北海道にたくさんあるのです。もともと、東北の会社です。

「山岡家」も白髪ねぎのラーメンがあるラーメンショップの流れにあるお店で、味も似ています(かなり塩辛いけど)

それも、「山岡家 遠軽店」が5/21に新規オープンし、さらに「山岡家 富良野店」が5/25に新規オープンというやりたい放題です(笑)

そもそも、山岡家は北日本では多く見かけます。

しかし!

山岡家のチェーン連鎖も、なんと関西でほぼ途切れるのです!

実は、昨年まで「ラーメン山岡家 京都八幡店」があったのですが、私がわざわざ片道2時間かけて月に数度通っていたにもかかわらず、閉店となりました。

もう、やりたい放題です(笑)

というわけで、京都に「ラーメンショップ」を希望するのです!


2015-03-14_182425

京都には、横浜家系のラーメン屋は少なからず存在しています(別記事参照)。ただ、繁盛しているのは京都市北区の「紫蔵」という行列店だけです。

先ほどの「ラーメン山岡家 京都八幡店」は非常に塩辛いスープで、たぶん関西人の舌には合いませんが、「紫蔵」のラーメンは味わい深いので、京都でも繁盛しています。

京都府京都市北区平野宮北町14
11:30~14:30、17時~22:30
定休日:水曜

しかし!

所詮は家系であって、ラーメンショップではないのです!

関西では、あまり家系ラーメンもラーメンショップも流行らないという感じなのでしょうけど、先ほどの「紫蔵」は関西でも人気店になったので、可能性はないわけではありません。

京都にラーメンショップって、どこかにできないものでしょうか?


関東では有名な「横浜家系ラーメン」ですが、京都ではあまり見かけません。大阪では、最近やっとチェーン店がやってきて家系ラーメンも増加中ですが、京都で家系ラーメンが新規オープンするのは非常に珍しいことです。しかし、探せば数軒あったりします。



京都~和歌山県まで行って「ネギラーメン」を食べてきました。なぜ?わざわざ和歌山県まで? 実は・・・・新宮市にある中華料理店「新宮亭」(しんぐうてい)は、関東ではよくみる「ネギラーメン元祖のお店」なのです。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。