2020年11月19日オープン slurp (スラープ、つけ麺)

京都市中京区、三条東洞院東入ルにラーメン店(つけ麺)「slurp」が2020年11月19日に新店オープンとなっています。セアブラノ神のセカンドブランドです。slurpは「スラープ」と読み、意味は「啜る(すする)」です。

2020年11月19日オープン slurp


2020年11月19日オープン slurp

2020年11月19日オープン slurp

ラーメン店の「セアブラノ神」が、京都市中京区(三条東洞院東入ル)に「つけ麺」がメインのラーメン新店を開業するそうです。

お店の名前は「slurp」で、セアブラノ神のセカンドブランドになります。

9月26日に公式SNSで告知されているとおりの情報しかまだ分かっていませんが、該当するテナントは工事が始まっているようでした。

セアブラノ神は壬生に本店、伏見区深草に支店「セアブラノ神 伏見剛力」があり、最近では「錦 セアブラノ神」を2020年6月1日に新店オープンさせたばかりです。一乗寺にも「セアブラノ神 一乗寺風神」がありましたが休業から閉業となっています(2019年4月12日開業→2019年8月31日休業→2020年3月25日閉業)。

本店含め、全店食べていますが、オリジナリティのあるラーメンで完成度が高いお店です。

今回オープンする「slurp」は「つけ麺メイン」とのことなので楽しみです。

このお店への行き方や営業時間は?

つけ麺のお店「slurp(セアブラノ神セカンドブランド)」が開業するのは京都市中京区の三条東洞院東入ルで、NTT西日本の近く、中京郵便局の真南にお店があります。

分かりやすくいえば、カレー店「カマル」の隣のビル、元は居酒屋が入っていた物件です。

営業時間や定休日などはまだ不明です。

ちなみに、slurpは「スラープ」と読み、意味は「啜る(すする)」です。

〒604-8131 京都府京都市中京区菱屋町33(地図
営業時間:
定休日:

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。