2020年9月16日オープン 料理・ワイン イバラキ (京都ラーメン、御所南)

京都市中京区、京都御所の南(御所南エリア)の丸太町通に面する町家に「料理・ワイン イバラキ」さんが2020年9月16日に新店オープンします。美味しいワインと料理のお店、しかし昼には中華そば(ラーメン)のお店になります!

2020年9月16日オープン 料理・ワイン イバラキ


2020年9月16日オープン 料理・ワイン イバラキ

2020年9月16日オープン 料理・ワイン イバラキ

京都御所の南(御所南エリア)、丸太町通の高倉通入るところの西側に新しいレストラン「料理・ワイン イバラキ」さんが2020年9月16日に新店オープンします。

それだけだったら、イタリアとかフランス料理のバルかなぁ~と思うくらいなのですが!

なんと!2020年9月16日(水曜日)オープンと書かれた立て看板には・・・・

Lunchはあっさり出汁の中華ソバ

と書かれていたのです。

バイクで走ってて、この小さい「中華ソバ」の文字を見逃しませんでした

バイクで走ってて、この小さい「中華ソバ」の文字を見逃しませんでした

我ながら、丸太町通をバイクで走ってて、この小さい看板に書かれた「中華ソバ」って文字を見逃さなかったのは褒めてあげたいです。

その看板によると、Dinnerがメインで自然派ワインとアラカルト料理のお店であることが分かります。

そして、お昼は「出汁中華そば、水餃子」に「蒸し鶏、鴨ロース」などがある中華のお店になるそうなのです。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


和風の家屋に洋風のデザインのお店です

和風の家屋に洋風のデザインのお店です

建物は和風なので全体的な様子は和風ではあるものの、カウンターにタイルを施したり、家具も洋風のものなので和洋折衷的な店内デザインです。

席は4名テーブルが入って右側に2卓、奥左側はカウンターで7名ほど座れます。

奥にも2名テーブルが1卓ありました。

新型コロナ対策は特に何か特別なことをしている感じはありませんでした。

このお店のメニューは?


ランチメニューは「出汁中華そば、水餃子」など

ランチメニューは「出汁中華そば、水餃子」など

では、この「料理・ワイン イバラキ」さんの中華そば(ラーメン)はどんなものなのでしょうか?

ちゃんとしたオーナーさんみたいで、店頭に詳しく書かれたランチメニューが置かれていました。

それによると・・・・

・国産小麦100%中加水麺(焙煎フスマ使用)
・メニューは2つ「地鶏 白そば(白醤油)800円」と「鴨 黒そば(たまり醤油)1000円」
・サイドメニューもあり「水餃子(5個)400円」と「蒸し鶏(山椒ダレ or よだれ鶏風)680円」と「鴨ロース・煮卵 980円」
・白ごはん(150円)は八代目儀兵厳選
・替え玉 150円
・ラーメンと水餃子のセットもある(限定20食)

こうやってきちんと書いてくれてると本当に助かります。

これだけで好感度爆上がりですが、書かれている内容もとても興味がわく内容です。

鴨 黒そば(たまり醤油)セット1200円


鴨 黒そば(たまり醤油)セット1200円

鴨 黒そば(たまり醤油)セット1200円

ラーメンの種類は「地鶏+白醤油」と「鴨+たまり醤油」の2つのラーメンがあります

上の写真は「鴨+たまり醤油」の方で、水餃子3個とライスがセットになったものです。

セットは限定20食なので、早めに行かないと売り切れる場合もありそうです(ライス売り切れの場合もセットは終わりみたいです)。

ラーメンは和風出汁で「かつお節シイタケホタテ鶏肉(ガラではない)」がベースで、アッサリ系のスープになっていました。

鴨 黒そば(たまり醤油)1000円


鴨 黒そば(たまり醤油)1000円

鴨 黒そば(たまり醤油)1000円

鴨 黒そば(たまり醤油)」は少し色濃いめの中華そばですが、和風の出汁でアッサリ、カエシもたまり醤油ですがとてもアッサリしています。

トッピングは黒醤油は「鴨肉」となり、それ以外は「かつお節青ネギ空芯菜」です。

ベースは前述のとおり「かつお節、シイタケ、ホタテ、鶏肉(ガラではない)」で、別途「トマトいりこ」も使われているようです。

スープは単純な和風出汁ではない

スープは単純な和風出汁ではない

スープは単純な和風出汁ではなく、舌横で感じるまろやかなうま味は「トマト」と思われます。

また、黒そばには「いりこ」を少々使っているそうで、ほんのりと魚介の独特な香りがしていました。

鶏油(チーユ)も結構使っていますが、それでもとてもアッサリしています。

国産小麦100%中加水麺(焙煎フスマ使用)

国産小麦100%中加水麺(焙煎フスマ使用)

麺は国産小麦100%中加水麺(焙煎フスマ使用)です。

フスマってのは小麦の皮の部分、野菜によっては皮と実の間にある繊維質を指す場合もあります。

量が結構あるのかお腹いっぱいになります。

スープがアッサリなのでフスマ入りなのだと思いますが、もう少し麺に力強さがあったほうがバランス良さそうでした。

鴨肉は味がついているもので美味しいです

鴨肉は味がついているもので美味しいです

鴨肉は味がついているもので、これかなり美味しかったです。

ワインとかで蒸してるのか香りも良かったですね。

全体的には随分と手間暇かかったラーメンという印象でした。

セットの水餃子、八代目儀兵厳選のライス付き

セットの水餃子、八代目儀兵厳選のライス付き

こちらは、セットの水餃子です。

エビの水餃子で、すり身にして中に入っています。

卓上の酢醤油と自家製ラー油をつけて食べるとライスによく合います。

米は八代目儀兵厳選のものを使っているそうです。

このお店への行き方や営業時間は?


料理・ワイン イバラキ(店舗外観写真)

料理・ワイン イバラキ(店舗外観写真)

では「料理・ワイン イバラキ」さんはどこにあるレストランなのでしょうか。

場所は前述したとおり「御所南エリア」で丸太町通沿いです。ちょうど高倉通があるところの西側にある町家です。

丸太町駅からなら徒歩2分くらいで着く距離ですね。

営業時間や定休日も書かれていました。それによると営業時間はランチが「11時30分~14時30分(14時ラストオーダー)」です。

〒604-0881 京都府京都市中京区坂本町701(地図
営業時間:11時30分~14時30分(14時ラストオーダー)、17時30分~23時(22時ラストオーダー)
定休日:不定休
公式Instagram:https://www.instagram.com/ryouri_wine_ibaraki/
公式サイト:https://ibarakikyoto.localinfo.jp/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。