2021年2月4日オープン 京都 麺や向日葵 (静岡ラーメン)

静岡県袋井市に京都の塩ラーメン専門店「京都 麺や向日葵」が新店オープン予定です。オープン日は2021年2月4日とまだ先のことですが、京都市左京区で現在営業中の「麺や向日葵」さんが2020年11月29日で閉店して静岡県袋井市へ移転することになっています。

2021年2月4日オープン 京都 麺や向日葵 (静岡県袋井市)


2021年2月4日オープン 京都 麺や向日葵(静岡県袋井市)

2021年2月4日オープン 京都 麺や向日葵(静岡県袋井市)

2021年2月4日に静岡県袋井市でラーメン新店「京都 麺や向日葵」が新店オープン予定です。

塩ラーメン専門店で、京都市左京区浄土寺で2006年に開業。

14年間の営業を経て、静岡県袋井市に移転すると告知されています。

塩ラーメン専門店ですが、醤油・鶏白湯などもあります

塩ラーメン専門店ですが、醤油・鶏白湯などもあります

麺や向日葵のラーメンは「鶏ガラ、豚骨、魚介」のトリプルスープです。

塩タレはモンゴルのミネラル豊かな岩塩を使用しています。

塩ラーメン以外にも「醤油ラーメン、ピリ辛味噌、鶏白湯」もあり、値段は750円~850円というお店です。

関西の人気テレビ番組『ちゃちゃ入れマンデー』でも紹介されるなど、京都でもマニアに人気のラーメン店なんです。

静岡県袋井市に京都の塩ラーメン専門店「京都 麺や向日葵」が新店オープン

静岡県袋井市、

移転先の静岡県袋井市は静岡県西部(遠州)に位置する市。

小さい市ですが遠州三山のひとつ「法多山尊永寺(はったさんそんえいじ)」のような高野山真言宗別格本山の寺院があるなど、江戸時代から旧東海道「袋井宿」が設けられて栄えたところです。

なお、正確な移転場所は公式発表後に掲載する予定です。

店内の様子は?(新型コロナ対策など)


カウンターには間仕切り、手指消毒液も置いてありました

カウンターには間仕切り、手指消毒液も置いてありました

京都店はカウンター数席のお店です。

入口に手指消毒液を設置し、カウンターには間仕切りが1席ごとにあって新型コロナ対策をしていました。

移転のお知らせは店内にあります

移転のお知らせは店内にあります

移転のお知らせは店内に貼りだしてあり、店頭にはありませんでした。

移転先の詳細はまだ記載がありませんでした。

このお店のメニューは?


鶏ガラ・豚骨・魚介のトリプルスープ(塩ラーメン)

鶏ガラ・豚骨・魚介のトリプルスープ(塩ラーメン)

定番は塩ラーメン(750円)です。

こちらは「鶏ガラ・豚骨・魚介」のトリプルスープになっており、モンゴルの天然岩塩を使った塩ダレで味付けがされています。

他にも「醤油味噌鶏白湯」があるのですが、現在は鶏白湯は販売されていません。

醤油ダレは店主が新福菜館の本店で修業していたということもあり、新福菜館の醤油ダレと同じ味です。

焼めしも醤油ダレで作ってあるので、新福菜館のものと同じ味がします。

塩らーめん(750円)
醤油らーめん(750円)
味噌ラーメン(850円)

塩らーめん(750円)


塩らーめん(750円)

塩らーめん(750円)

塩らーめん(750円)は前述のように「鶏ガラ・豚骨・魚介」のトリプルスープで魚介の風味が香ばしい一杯になっています。

白ネギもシャキシャキとして良い食感です。

また、チャーシューは肉のコクをよく感じる味わいでありながらホロホロとしていてご飯に合いそうでした。

麺は全粒粉の細麺ストレート

麺は全粒粉の細麺ストレート

麺はよくよく見ると全粒粉の麺です。

細麺ストレートでスープと調和してよく合っているようです。

焼めし


焼めし

焼めし

焼めしは新福菜館と同じ味わい、見た目は黒いですが醤油辛くないです。

醤油の香ばしさとまろやかなコクを感じる味わい、京都の「THE 焼めし」といえばこの味です。

パラパラチャーハンで見た目も良いと思います。

ラーメンにセットで注文するとサイズ小(400円)を選ぶことができます。

麺や向日葵(京都店の営業情報)


麺や向日葵(京都店)

麺や向日葵(京都店)

なお、2020年11月29日までは京都市左京区浄土寺の店舗で営業は続きますので、移転前に食べておきたい方はお早めに行くのが良さそうです。

場所は今出川通沿い、白川通今出川に出る手前にあるラーメン店です。

このエリアはラーメン激戦区で、その中でもとても人気のあったお店ですなので地元民的には残念な話ですが、新しい土地でも京都のラーメンを多くの皆さんに食べてもらえるように頑張っていただきたいと思います。

〒606-8417 京都府京都市左京区浄土寺西田町100−28(地図
営業時間:11時~15時、17時30分~22時30分
定休日;水曜日(祝祭日は営業)、不定休


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


オープン日は

広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。