2020年5月7日オープン 博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店

京都にあるGACKTさんも行くとも言われるラーメンの二号店「博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店」が2020年5月7日に新店オープンです。本店は超有名で三条木屋町にありますが、銀閣寺店は白川通今出川を西に入ったところでの開業となります。

2020年5月7日オープン 博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店


2020年5月7日オープン 博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店

2020年5月7日オープン 博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店

まさかのラーメン店が、まさかの場所で新店オープンです。

お店の名前は「博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店」さん。

博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店

博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店

そうです、京都の三条木屋町にある有名な博多長浜ラーメン店の2号店が銀閣寺に開業するのです。

場所は銀閣寺道のすぐ近くで「浄土寺」エリア、白川通今出川を西に入ったところです。

三条木屋町にある有名な博多長浜らーめん みよし

三条木屋町にある有名な博多長浜らーめん みよし

この「博多長浜らーめん みよし」さんというのは、以前も紹介したことがあるラーメン店で、あのGACKTさんも食べに来ると言われている超有名ラーメン店のことです。

オープン日は2020年5月7日です。

このお店の雰囲気は?


店内はカウンター席のみ(博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店)

店内はカウンター席のみ(博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店)

お店はカウンターが数席となっており、三条木屋町の本店とスタイルは違えど広さは同じくらい。

8名くらい入ったら満席になると思います。

天かすや調味料が並ぶのも本店と同じスタイル

天かすや調味料が並ぶのも本店と同じスタイル

天かすや調味料が並ぶのも本店と同じスタイルですね。

では、この「博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店」さんのメニューを次に見てみましょう。

このお店のメニューは?


メニューと値段(ランチタイムは少し変わります)

メニューと値段(ランチタイムは少し変わります)

ラーメンは700円から。

他にも「チャーシューメンマ牛スジキムチワカメ」があります。

代金は前金制となっていました。

ラーメン 700円
チャーシュー 850円
メンマ 850円
牛スジ 850円
キムチ 800円
ワカメ 800円
ライス 150円
ランチタイムは100円~150円お得になります

ランチタイムは100円~150円お得になります

11時~13時までのランチタイムはお得になって、各ラーメンが100円~150円安く食べられるようにもなっていました。

ただし、このサービスは平日と土曜日のみです。

ラーメン(博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店)

ラーメン(博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店)

こちらが「博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店」さんのラーメンです。

ややアッサリめのとんこつラーメンで、油は多めのようです。

本店で食べたラーメンはもっと白濁してクリーミーだったのですが、それとは趣がやや異なっています。

京都にある博多長浜ラーメン「みよし」本店のラーメン

京都にある博多長浜ラーメン「みよし」本店のラーメン

参考までに上のが本店のラーメンです。

見た感じ、銀閣寺店の方がもっとアッサリしているように見えるかと思います。

オープン4日間はオープンキャンペーン価格でした

オープン4日間はオープンキャンペーン価格でした

ちなみに、2020年5月7日~10日まではラーメン全種類500円になっています。

あと、入口に高菜のパックがあってサービスで持ち帰れるようになっていました。

このお店への行き方や営業時間は?


場所は今出川通り沿いで銀閣寺の近くです

場所は今出川通り沿いで銀閣寺の近くです

では、この「博多長浜らーめん みよし 銀閣寺店」はどこで新店オープンするのでしょうか?

場所は銀閣寺の近くですが、今出川通沿いです。

白川通今出川を西へ、3筋目の先左側にお店があります。

元は「チャングム」という韓国料理店があったテナントで、すぐ近くには「麺屋びびび」さんもあります。

営業時間は「11時~22時」で、定休日は「水曜日」となっていました。

〒606-8417 京都府京都市左京区浄土寺西田町100−39
営業時間:11時~22時
定休日:水曜日

このお店の口コミは?


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。