珉珉(みんみん)四条店 @京都では珍しい旨いタンメン(湯麺)のお店

関西では珍しいタンメン(湯麺)が2019年12月10日放送の『マツコの知らない世界』で紹介されるそうです。京都でもほぼ見かけないタンメン、関東ではとてもメジャーなラーメンのひとつです。関西ではチャンポンが似たラーメンのひとつですが、実は京都でも本格的なタンメン(湯麺)が珉珉(みんみん)四条店にあるのです。

関西では珍しいタンメン(湯麺)が『マツコの知らない世界』で紹介


関西では珍しいタンメン(湯麺)が『マツコの知らない世界』で紹介

関西では珍しいタンメン(湯麺)が『マツコの知らない世界』で紹介

2019年12月10日放送の『マツコの知らない世界』で関西では珍しいタンメン(湯麺)が紹介されると予告されています。

コメンテーターはラーメン評論家の山本剛志氏。

本ブログ「お墨付き!」の「京都ラーメン速報」もよく情報元としてリンクを載せてくれている方ですね。

でも、関西の方にはタンメンってあまり馴染みがないとおもいます。

では、タンメン(湯麺)って何なのでしょうか?

ラーメン1万2千食制覇!ゲスト厳選!野菜シャキシャキ&激ウマスープ5杯&『タンマ?』『タンギョウ?』マツコ驚愕最強の食べ合わせ▼オシャレに進化!カセットテープ
1万2千食のラーメンを制覇した男性が登場!「タンメンは究極の野菜ジュース!もはやサプリメント!」と強烈主張!コンビニ・ファミレス・専門店で食べられる究極の野菜シャキシャキ&激ウマスープのタンメンとは?さらに、タンメンマニアだからこそ最強の食べ合わせ「タンギョウ」「タンホイ」「タンマ」にマツコ挑戦!▼ブーム再来!カセットテープがオシャレに進化!さらに、昭和を感じる懐かしい逸品が続々!

タンメン(湯麺)って何?


予告では「野菜たっぷり!タンメン、タンメンは究極の野菜ジュース!もはやサプリメント!コンビニ・ファミレス・専門店で食べられる究極の野菜シャキシャキ&激ウマスープのタンメンとは?」と書かれていました。

タンメン(湯麺)とは、簡単に言えば「鶏ガラ+野菜スープの風味よく感じられる塩ラーメンで、炒めた野菜がトッピングされたラーメン」のことです。

・野菜やキクラゲが入っている鶏ガラ+野菜スープのラーメン
・うずらの卵などもよく入っている
・関東ではメジャーだけど関西でほぼ見かけない
・関西では「ちゃんぽん」がよく似ているが味は異なる

関西にはタンメン(湯麺)が存在しない?


上記のタンメンの説明で「関東ではメジャーだけど関西でほぼ見かけない」と書きました。

関東では町中華にはタンメン(湯麺)がメニューにあり、私も東京に住んでいた頃は自宅近くの町中華でタンメンをよく食べていました。

しかし、関西(京都)に移住したところ・・・・

京都でタンメンを見る機会がなかったのです。

というのも、関西では似たラーメンとして「ちゃんぽん」がメジャーだからなんです。

・関東ではよく見るタンメン(湯麺)
・関西ではほぼ見かけない
・関西では「ちゃんぽん」が似たラーメン

タンメン(湯麺)とちゃんぽんの違い


らーめん本気 本気ちゃんぽん(実物写真)

らーめん本気 本気ちゃんぽん(近江ちゃんぽん)

上の写真は関西(滋賀県)のらーめん本気さんで食べられる「近江ちゃんぽん」です。

関東のタンメン(湯麺)にとても近いラーメンで、関西ではとてもメジャーなラーメンです。

具材は「もやしキャベツ豚肉青ねぎ人参きくらげ」などの野菜で魚介は入りません。

スープは鰹節と昆布で、具材・スープ・麺を手鍋で一緒に炒めます。

麺はかん水を使った中華麺を使っており、細麺から中細麺が多いと思いますが太麺も使われます。

酢を入れて食べるのがデフォルトなので、近江ちゃんぽんのお店には必ず酢が卓上にあるのも特徴ですね。

有名なお店は「らーめん本気、ちゃんぽん亭総本家」などの滋賀県のお店です。

・見た目はタンメンとそっくり
・具材(野菜)とスープ(鰹節と昆布)と麺を手鍋で一緒に炒める
・酢を入れて食べるのが一般的
長崎ちゃんぽん(中)680円

長崎ちゃんぽん(中)680円

上の写真は関西(京都府)の尚(ひさ)で食べられる「長崎ちゃんぽん」です。

長崎ちゃんぽんのルーツは、明治32年に長崎で創業した中華料理店「四海楼」が発祥と言われています。

福建料理の「湯肉絲麺」をアレンジしたもので、具材とスープ(豚骨、鶏ガラ)と麺を中華鍋で一緒に炒めたものが後の長崎ちゃんぽんになりました。

具材は「もやしキャベツ豚肉イカきくらげかまぼこ」など、近江ちゃんぽんとの違いは「かまぼこ、魚介」といった具材を使うことです。

麺は唐灰汁を使った麺で太麺なのが特徴ですね。

長崎県では皿うどんに金蝶ソースをかけますが、佐賀県では長崎ちゃんぽんに金蝶ソースをかけて食べます。

・具材とスープ(豚骨、鶏ガラ)と麺を中華鍋で一緒に炒めたもの
・具材には野菜と魚介やかまぼこが入るのが特徴
・佐賀県では金蝶ソースをかけて食べたりする

では「タンメン」ってなに?

では「タンメン」ってなに?

では「タンメン(湯麺)」とは何なのでしょうか?

野菜やキクラゲが入っている鶏ガラ+野菜スープのラーメンで塩味で食べるのが特徴です。

スープには鶏ガラを使っていますが、岐阜タンメンは豚ガラを使います。

具材は「もやしキャベツや白菜豚肉ニラきくらげ人参玉ねぎ」などが使われており、魚介は使わずに野菜の品目が多めなのが特徴的です。

麺は太麺のものが多く、スープからは独特の中華風味が漂ってきて美味しいラーメンです。

主に関東から東北で食べられています。

・スープ(豚骨や鶏ガラ)を使う塩味のラーメン
・具材には野菜がたっぷり入るのが特徴
・主に関東から東北で食べられている

京都にも本格的なタンメン(湯麺)がある


珉珉 四条店にタンメンがあります

珉珉 四条店にタンメンがあります

一番最初に関西では「タンメン(湯麺)」はほぼ見かけないと書きました。

しかし全く存在しないわけではなく、実は京都ではとてもメジャーな中華料理店にタンメン(湯麺)はあり、そのお店では人気のメニューになっているのです。

その中華料理店というのが「珉珉(みんみん)」さんです。

京都の方なら知らない人はほぼいない中華料理店ですね。

珉珉のタンメン(湯麺)

珉珉のタンメン(湯麺)

実は珉珉のメニューに「タンメン(湯麺)」があり、京都ではここにタンメンを食べに来るお客さんが多いのです。

上の写真が珉珉のタンメン(湯麺)

具材は「白菜細もやし青ねぎ」などでボリューム感もなく野菜は炒めすぎですが、スープは関東のタンメンと全く同じ味です。

珉珉 四条店、土日のランチ限定「タンメンやきめし餃子定食」がオススメ!

珉珉 四条店、土日のランチ限定「タンメンやきめし餃子定食」がオススメ!

珉珉であれば「湯麺」でメニューにありますが、オススメは「珉珉 四条店」の土日限定で食べられる「タンメンやきめし餃子定食」です。

焼き飯と餃子が付いたタンメンセットでボリュームもあるし、珉珉といえば名物は餃子ですから、このセットは鉄板ですね。

珉珉 四条店があるのは西木屋町で、四条通のマルイの東側の高瀬川沿いを南に入ったところにお店があります。

京都でタンメン(湯麺)を食べたいなら、こちらがオススメですが、他にもイオン洛南店にある「横浜中華 華星 イオン洛南店」にも「野菜タンメン(550円)」があり、こちらも関東(横浜)の味が体験できるお店でオススメです。

京都府京都市下京区船頭町237−9
営業時間:11時30分~23時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.minminhonten.com/


「マツコの知らない世界」で紹介されたお店の場所などを確認しています。地元の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。