京都ラーメン速報 2019年11月新店&閉店まとめ【京都ラーメンマップ】

京都ラーメン速報2019年11月のまとめ「京都ラーメンマップ」を公開します。2019年11月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は3店舗、閉店は1店舗。新店も閉店も少なく動きが少ないのが11月という月でした。

広告

京都ラーメンマップ(2019年11月号)


京都ラーメンマップ(2019年11月号)

京都ラーメンマップ(2019年11月号)

京都ラーメンの新店情報「京都ラーメンマップ」2019年11月号をお届けします。

2019年11月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は3店舗で・・・・

極端に少ない新店数

となりました

閉鎖したお店は1店舗、こちらも極端に少ないですが「閉店が少ないのは喜ばしい」ことです。

ただ、来月の2019年12月は閉店がすでに2店舗確定しているものの新店はまだ未確定ということもあって、11月と12月の年末はラーメン店に動きが少ない月となりそうです。

今回の注目キーワードは「地元のラーメン通が行くラーメン店がリニューアル」で、京都の杉千代の味を継ぐ「ラーメン京都てんぐ西陣店」さんが旧店舗から北へ100メートルほど離れた場所に移転してリニューアルオープンしています。

2019年11月 京都ラーメン新店


地元のラーメン通が行くラーメン店「ラーメン京都てんぐ西陣店」

地元のラーメン通が行くラーメン店「ラーメン京都てんぐ西陣店」

2019年11月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は3店舗となりました。

先月よりも新店が-3店、先月が平均的な開業数であったことを考えれば「新店が激減」ということになります。

さて、今月の注目すべきラーメン店は「ラーメン京都てんぐ西陣店」にしました。

常磐と西陣にある既存店で、西陣にあった店舗が移転リニューアルとなっています。

観光客の方はご存じないお店かもしれませんが、地元の京都ではラーメン好きなら必ず知っている有名店です。

かつて「杉千代」という行列店があったのですが、そこの味を引き継ぐお店で京都のラーメンマニアに人気があります。

豚骨と鶏ガラのWスープ、それに椎茸や昆布の出汁をブレンドしている京都では懐かしい味の「複雑系スープ」のうちの1店舗です。

私もここのラーメンは大好きで、普段からちょくちょく食べに行っています。

※リンク先は実食レビュー記事です。

素食カフェRen 銀閣寺店(2019年11月14日新店オープン)
優光屋台(2019年11月15日新店オープン)
ラーメン京都てんぐ西陣店(2019年11月22日移転リニューアルオープン)

2019年11月 京都ラーメン閉鎖店(閉店)


鶏谷のとなり「西院麺ism」が閉店

鶏谷のとなり「西院麺ism」が閉店

2019年11月中に閉店(閉鎖)した京都のラーメンを扱う店は1店舗となりました。

先月と比較すると閉店数は-3店という差ですが、閉店が1店舗のみというのも珍しいです。

閉店したのは「西院麺ism」さん、西院の人気行列店「鶏谷」の隣りで2019年1月17日に開業していました。個人的には鶏谷さんより好きなラーメン店ですが、メディアに登場するお店は根強いですね。

11月は紅葉のベストシーズンで京都では飲食店に行列ができる時期です。そういうことも影響しているとは思いますが、京都でいろいろと食べ歩いていると「人気の一極集中化」が見受けられます。

今はまだ1店舗の閉店かもしれませんが、同じお店ばかり紹介するメディアが目立つ昨今、そこから除外されているお店は生き残りをかけてアイデアを出していく必要があると考えています。

※リンク先は実食レビュー記事です。

西院麺ism(2019年11月30日閉店)
広告


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。