赤のれん @京都・宇治田原町 安い!老舗の大衆食堂の豚骨ラーメン

念願の「赤のれん」さんでラーメンを食べてきました。この「赤のれん」さんは京都の宇治田原町にある中華メインの大衆食堂です。安くて量もあり、ラーメンの他に「中華、うどん、丼もの、定食、おでん、お好み焼き」などもあってメニューが多彩なお店です。

広告

念願の「赤のれん」でラーメンを食べてきた


念願の「赤のれん」でラーメンを食べに来ました

念願の「赤のれん」でラーメンを食べに来ました

京都に来て初めて行った田舎の町が宇治田原町でした。

信楽から夜道を京都へ向かう途中、効率の良いルートとして選んだ旧街道沿いに一軒のラーメン店らしきものがありました。

赤いのれんの隙間からは明かりがもれ、中には食事をする人々が見えたのが記憶に鮮明に残っています。

とても田舎の道で、大きな街道からは外れたところにあったので「こんなところに食事処が?!」と驚いたものです。

そのお店が「赤のれん」さんでした。

宇治田原町に昔からある大衆食堂です(赤のれん)

宇治田原町に昔からある大衆食堂です(赤のれん)

それが、かれこれ8年は前の出来事でした。

その後、宇治田原町は1年に1度は訪れて町の変化を見てきましたが、赤のれんさんに立ち寄る機会はこれまでありませんでした。

昭和の大衆食堂という雰囲気(赤のれん)

昭和の大衆食堂という雰囲気(赤のれん)

しかし、遂に訪問する時がやってきたのです。

ということで、上の写真が店内ですが、想像通りの昭和薫るお店になっていました。

メニューは「中華、うどん、丼もの、定食、おでん、お好み焼き」など、かなり多彩なメニューとなっています。

ラーメンは550円から、チャーハンも600円と庶民的な価格です

ラーメンは550円から、チャーハンも600円と庶民的な価格です

特に気になったのがラーメンなどの中華料理です。

値段はラーメンは550円から、チャーハンも600円と庶民的な価格なのがいいですね。

では、今回はこの中から「豚骨醤油ラーメン(550円)」を注文してみましょう!

豚骨醤油ラーメン(550円)は大盛りでボリュームあり


豚骨醤油ラーメン(550円)

豚骨醤油ラーメン(550円)

こちらが「豚骨醤油ラーメン(550円)」です。

スープはやや白濁した豚骨スープで、化調バリバリ感がある懐かしい味わいの豚骨醤油ラーメンです。

トッピングは「チャーシュー、もやし、ネギ、メンマ」が多めに盛られていました。

スープはやや白濁した豚骨スープ

スープはやや白濁した豚骨スープ

京都ではあまり見ないタイプのラーメンですが、関東では結構どこにでもあるラーメンです。

脂も多めでコクがあります。

麺は低加水のカタメ(京都でよくみる麺)

麺は低加水のカタメ(京都でよくみる麺)

は低加水の角張った麺です。

カタメの茹で加減が京都らしい感じもする好みの麺です。

麺をゆがくところから見ていたのですが、一人前なのに結構な麺量を茹でていました。

食べてみると、やはり麺量は多めで、値段のことを考えればコスパの良いラーメンでした。

赤のれん 営業情報


赤のれん(店舗外観写真)

赤のれん(店舗外観写真)

ということで、念願の「赤のれん」さんでラーメを食べて来ました。

安いし量も多く、地元のお店って感じの昭和感も良い感じ、ラーメンは普通に美味しいと思いました。

一本南のメインストリート(国道307号)沿いには「天下一品、萬盛、新立麺館」が並んでいる立地で、そちらは昼時には繁盛していましたが、赤のれんさんは少し空いている印象がありました。

なお、営業時間や定休日はいまいち不明(未確認)です。

京都府綴喜郡宇治田原町大字荒木西出4
営業時間:
定休日:
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。