頑固麺 @京都・深草 行列ができる「濃厚鶏豚骨ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は深草エリアでも一番人気のラーメン店「頑固麺」さんの実食レビューです。鶏と豚骨、野菜に乾物を合わせた濃厚ながらも味わいのあるスープに深みのある醤油ダレを合わせたラーメンで人気があります。

広告

深草で人気の行列ラーメン店「頑固麺」さんへ行って来た


頑固麺の濃厚鶏豚骨ラーメン

頑固麺の濃厚鶏豚骨ラーメン

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都市伏見区深草にある行列ができる人気ラーメン店「頑固麺」さんの実食レビューです。

初訪ではありませんが、紹介するのは初めてです。

頑固麺さんというのは、とても濃厚な鶏豚骨ラーメン(とりとんこつラーメン)が食べられるお店で、濃厚なのに単調な味わいではない「素材の風味が絡み合った味わいのラーメン」を食べることができます。

行列ラーメン店「頑固麺」

行列ラーメン店「頑固麺」

ランチ時間帯は行列ができるほど、濃厚ラーメンを求めて学生さんや近くで工事をしている肉体労働系の方が多く見られました。

ラーメンにパワーを求めて来店している方が多い印象のお店です。

行列店なのでルールがあります(確認しておきましょう)

行列店なのでルールがあります(確認しておきましょう)

行列店なのでルールがあります。

まずは食券を購入(店内)、行列がある場合は外に出て上の看板(のぼりイーゼル)の前で並びます。

グループの場合は全員揃ってから並びます。これは他の店舗でも同じですが、同行者が駐車場へ行っているから先に並んでいるとかご法度です。みんなが並んでいるのに先に席取りするなどの行為も店が許可していないかぎりは本来ご法度なのですが、こういうことをする人はたくさんいて、きちんと並んでいる人が損をしているのが現実です。

ラーメンは5種類(頑固麺)

ラーメンは5種類(頑固麺)

ラーメンは5種類。

鶏と豚骨の合わせスープが基本で、それに煮干しを合わせたラーメンや醤油ダレもブレンドしたものを使ったラーメンなどがあります。

いわゆる「複雑系ラーメン」のひとつですが、京都では宝屋系のラーメンで慣れ親しんだものです。

素材を組み合わせることによって、旨味や深みが重なり、バランスの良いラーメンになるので個人的には好きな系統のラーメンになります。

濃厚とりとんこつ 750円
濃厚煮干しとりとんこつ 800円
濃厚醤油とりとんこつ 830円
鶏中華そば 780円
背脂醤油MAZESOBA 850円

濃厚醤油とりとんこつ 実食レビュー


濃厚醤油とりとんこつ(830円)

濃厚醤油とりとんこつ(830円)

今回は「濃厚醤油とりとんこつ(830円)」を食べてみました。

粘度のあるスープに大きめのチャーシューが2枚、スープには大きめの背脂がいくつか沈み込んでいます。

たまり醤油ダレは香りがよく、スープは濃厚ながらも単調な味わいではなく、いくつかの食材が重なり合ってバランスの良い旨味があります。

濃厚だけじゃない、味に深みがあるスープ

濃厚だけじゃない、味に深みがあるスープ

こういった濃厚ラーメン店では、鶏や豚の味だけを強調するお店が多いのですが、こちらでは醤油ダレにも工夫をしています。

なので、かなり濃厚ではあるものの飽きずにスープを飲み続けることができました。

スープには鶏豚骨以外にも「野菜、乾物」などが使われています。

麺は棣鄂(テイガク)の国産小麦を3種類使用した中太麺

麺は棣鄂(テイガク)の国産小麦を3種類使用した中太麺

もスープによく合っています。

製麺所は「棣鄂(テイガク)」で国産小麦を3種類使用した中太麺です。

頑固麺のラーメンは、濃厚ではあるものの、どことなくいつも食べ慣れた京都らしさがあるラーメンです。

美味しいラーメンで、行列ができるのも納得の一杯でした。

頑固麺 営業情報


頑固麺(外観写真)

頑固麺(外観写真)

では、頑固麺さんはどこにあるラーメン店なのでしょうか。

京都の深草エリアですが、駅でいうと「藤森駅」から徒歩数分の場所です。

京阪「藤森駅」と地下鉄「竹田駅」間を結ぶ名神高速道路の側道沿いにあり、目の前は西浦南公園という横に細長い広い公園があります。

わかりやすくいうと「師団街道」を南へ、ドンツキのところが藤森なのでそこで右折(西)したところです。

営業時間は「11時~14時」で、現在は夜営業はされていません。

京都府京都市伏見区深草西浦町6丁目6−62
営業時間:11時~14時
定休日:月曜日
Facebook
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。