2019年8月5日オープン こういうもん家 Ro-ji (京都・出町柳駅前、ラーメン・担々麺 新店)

今回の「京都ラーメン速報」は京都の出町柳駅前の路地の奥に入ったところに突如現れるラーメン店「こういうもん家 Ro-ji」さんの紹介です。担々麺専門店で、お店は店内というか路地の奥というか「屋台風」のラーメン店なんです。

広告

2019年8月5日オープン こういうもん家 Ro-ji


一見するとラーメン屋の「こういうもん家 Ro-ji」さん、実は普通の店ではありません

一見するとラーメン屋の「こういうもん家 Ro-ji」さん、実は普通の店ではありません

今回の「京都ラーメン速報」は、2019年8月5日に新店オープンした「こういうもん家 Ro-ji」さんで食べた担々麺を実食レビューします。

ラーメン店「こういうもん家 Ro-ji」さんは担々麺専門店です

ラーメン店「こういうもん家 Ro-ji」さんは担々麺専門店です

場所は出町柳駅前、ラーメン店ですが「担々麺 専門店」です。

昼営業と夜営業(24時まで)があり、夜はおつまみなどの一品もあるので飲み屋さん的にも使えます。

このお店の特徴は「屋台」であること

このお店の特徴は「屋台」であること

とにかく、このお店の特徴は「屋台」であること。

駅前の細い路地(ろおじ)を入ったところの行き止まりに、突如と屋台が現れるのはなんか感動です。

そこ入れるんかぃぃぃぃ!(出町柳駅前)

そこ入れるんかぃぃぃぃ!(出町柳駅前)

しかし薄暗い路地を抜けるとそこは・・・・

しかし薄暗い路地を抜けるとそこは・・・・

2019年8月5日オープン 担々麺専門店「こういうもん家 Ro-ji」

2019年8月5日オープン 担々麺専門店「こういうもん家 Ro-ji」

出町柳駅の改札真正面、タクシーロータリーの左側(東側)に狭い路地があるのですが、ここは個人の敷地なので入るところではありませんでした。

しかし、今はその奥に・・・・

担々麺専門店「こういうもん家 Ro-ji」さんがあるので、今回は堂々と入っていきました。

確かにそこは担々麺専門店でした

確かにそこは担々麺専門店でした

こういうもん家 Ro-ji 「担々麺」実食レビュー


立派な換気扇と立派なカウンターがあり、ちゃんとラーメン店です

立派な換気扇と立派なカウンターがあり、ちゃんとラーメン店です

お店は屋台風で仕切りとかはありません。

元々は個人会社の倉庫だった場所を屋根やら床やら壁やらをキレイに工事して、そこに厨房と大型カウンターにテーブル席を設置してあるラーメン店です。

路地ですが建物の通路っぽいところを通って来ます

路地ですが建物の通路っぽいところを通って来ます

店名の「Ro-ji」は路地のこと。

建物の通路っぽい感じですが、この路地を通ってお店までやって来ました。

ちなみに読みは「路地(ろじ)」ということにしておきます(お店の方も「ろじ、ろぅじ、ろぉじ」なのか迷ってました)

メニューは担々麺と唐揚げです

メニューは担々麺と唐揚げです

メニューは担々麺のみ、サイズによって値段が変わるだけです。

それに「唐揚げ」があり、3個で300円(もも)と450円(手羽元)があります。

もも唐揚げはレギュラー担々麺とセットで1100円と少しお得になります。

夜は一品メニューもあります

夜は一品メニューもあります

前述しましたが、夜は一品メニューもあるので飲み屋としても使えそうです。

サービス定食には唐揚げの替わりに一品が付くのですが、たぶんこの中のどれかなのでしょう。

担々麺 840円(ハーフ550円)
白飯 150円
唐揚げセット 1100円(担々麺+唐揚げ+ご飯+漬物)
サービス定食 1000円(担々麺+一品+ご飯+漬物)
今回は「唐揚げセット(1100円)」をチョイス

今回は「唐揚げセット(1100円)」をチョイス

今回は「唐揚げセット(1100円)」をチョイス、上の写真は「担々麺(レギュラー)」です。

担々麺に唐揚げとご飯が付きます

担々麺に唐揚げとご飯が付きます

唐揚げはニンニクのタレで下味をつけてあり、香りの良い香ばしい唐揚げ。

なかなかイイ味で、ご飯と合います。

ゴマ濃いめの甘くないタイプ

ゴマ濃いめの甘くないタイプ

担々麺は、ゴマ濃いめの甘くないタイプ。

ファーストインパクトは少し酸っぱめの味わい、なかなかの濃厚タイプの担々麺になっていました。

麺は「釧路製麺」というこだわりです

麺は「釧路製麺」というこだわりです

麺は京都市伏見区「釧路製麺」さんの細麺を使っていました。

普通茹ですがやや柔めの茹で加減です。

卓上の「焦がしにんにく」と「山椒」で味変も楽しめます

卓上の「焦がしにんにく」と「山椒」で味変も楽しめます

卓上の「焦がしにんにく」と「山椒」で味変も楽しめるようになっています。

担々麺は濃い目の味付けなので、焦がしにんにくでアクセントを入れるとより美味しくいただけました。

左奥はテーブル席が2卓ありました

左奥はテーブル席が2卓ありました

カウンターの左奥にはテーブル席が2卓ありました。

出町柳駅なので京大生もたくさんいる立地、そこに屋台風のラーメン店は結構な穴場感もあって学生さんとか好きそうです(特に京大生は好きそう)。

店員さんおふたりも話しやすい感じで気さくな方なので、ぜひ担々麺を食べに行ってみてください。

こういうもん家 Ro-ji 営業情報


場所は出町柳駅の改札真正面です

場所は出町柳駅の改札真正面です

では、2019年8月5日に新店オープンした「こういうもん家 Ro-ji」さんの場所と営業時間などについてです。

場所は叡電の「出町柳駅」の改札真正面なのですが、タクシーロータリーの隣に数軒お店が並んでいるところの一番奥にある路地の中です。

なので、自転車とかバイクを駐輪できるところはありません。駅前に有料駐輪場はありますので、そこに駐輪しないと小さいポシェットを持ったおじさん二人組がたぶんすぐに出てくる立地です。

営業時間は「11時~14時、17時~24時」で、夜は遅くまで営業していますので、通勤通学で出町柳駅を使う方には隠れ家的に使えるラーメン店だと思います。

京都府京都市左京区田中下柳町20
営業時間:11時~14時、17時~24時
定休日:不定休
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。