京都ラーメン速報 2019年7月まとめ【京都ラーメンマップ】

京都ラーメン速報2019年7月のまとめ「京都ラーメンマップ」を公開します。通常は月末更新ですが、今回は3日遅れの配信です。さて、2019年7月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は5店舗、閉店は8店舗。先月と比較すると新店はかなり少なく、閉店は引き続き多い月でした。

夏は工事をするには暑いということで新店は例年少ない傾向にあります。

広告

京都ラーメンマップ(2019年7月号)


京都ラーメンマップ(2019年7月号)

京都ラーメンマップ(2019年7月号)

京都ラーメンの新店情報「京都ラーメンマップ」2019年7月号をお届けします。

2019年7月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は5店舗で・・・・

真夏はラーメン新店が少ない

という例年の傾向通りの展開となりました。

閉鎖したお店は8店舗、これは先月から引き続き閉店数としても多い月となりました。

今回の注目キーワードは「京都クソアツイで、夏は暑すぎてラーメン店へ向かう客数は減少、工事も暑すぎて新店が少ないという状況となりました。

2019年7月 京都ラーメン新店


2019年7月22日にオープンした ラーメンこやじ(Koyaji)

2019年7月22日にオープンした ラーメンこやじ(Koyaji)

2019年7月中に新店オープンした京都のラーメンを扱う店は5店舗となりました。

今月は新店がとても少ない月、6月時点から7月以降の新店情報が少なかったのである程度は予測されていましたが、いざまとめてみると新店の少なさに驚きました。

さて、今月の注目すべきラーメン店は「ラーメンKoyaji」にしました。

京都府庁近く、丸太町通沿いという好立地で開業したラーメン店で、同名の居酒屋グループがラーメン業態へ進出しました。

京都で昔から親しまれてきたラーメンを提供しており、豚骨ベースの旭系ラーメンと鶏こってりの名門系の2種類のラーメンを食べることができます。

いかにも京都らしいラーメンで、さらに地元の方が集まるエリアでの開業ということで「京都民のためのラーメン屋」というべきお店でしょう。

※リンク先は実食レビュー記事です。

油そば専門店ムジコ(2019年7月30日新店オープン)
ゲンコツ火山らーめん(2019年7月29日新店オープン)
ラーメンKoyaji(2019年7月22日新店オープン)
綱取物語(2019年7月19日新店オープン)
おいでやす泉(2019年7月8日新店オープン)

2019年7月 京都ラーメン閉鎖店(閉店)


ラーメン博多赤のれん、国道1号沿い(京都方面)にあるロードサイド店が閉店

ラーメン博多赤のれん、国道1号沿い(京都方面)にあるロードサイド店が閉店

2019年7月中に閉店(閉鎖)した京都のラーメンを扱う店は8店舗となりましたが、内1店舗は移転で、もう1店舗は屋号変更です。

本格的な博多とんこつを食べることができた「ラーメン博多赤のれん」さんが事情もあって閉店されたのが残念な月でした。

また、深草にある「ラーメン健龍園」さんはオープンからわずか三ヶ月弱での閉店となっています。濃厚ドロドロラーメンだったことが話題になりましたが、賛否両論あったお店です。

※リンク先は実食レビュー記事です。

らーめん ぎん琉 伊勢田店(2019年7月31日で閉店し屋号変更)
ラーメン扇(2019年7月31日で閉店)
双龍製麺(2019年7月29日で閉店)
ラーメン健龍園(2019年7月25日閉店)
福門ラーメン(2019年7月11日から休業)
京都 祗園 泉 麺家 千本丸太町店(まぜそば部門)(2019年7月8日に表店と統合)
ラーメン博多赤のれん(2019年7月8日で閉店)
・100%Halal麺亭 祇園成田屋 Halal Ramen Gion Naritaya(2019年7月に二軒西隣へ移転)
広告


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。