2019年5月1日オープン 中国料理 水仙閣 (伏見区深草、中華料理新店)

京都市伏見区深草の「墨染駅」から歩いて徒歩2分の中国料理店「水仙閣」さんが徒歩3分の場所へ移転して再オープンしていました。これまでは中華料理店なのかも分からない店構えだったのですが、お店の外観もだいぶ変わって分かりやすくなっています。

広告

2019年5月1日オープン 中国料理 水仙閣


2019年5月1日に移転オープンした 中国料理 水仙閣

2019年5月1日に移転オープンした 中国料理 水仙閣

京都市伏見区深草「墨染駅」から歩いて徒歩2分くらいのところにあった中国料理店「水仙閣」さんですが、2019年5月1日に50メートルほど北のテナントへ移転となっています。

以前のお店より「ここは中国料理店」というのが、かなりよく分かるようになって様変わりしていました。

中国料理店なのでラーメンはあります

中国料理店なのでラーメンはあります

中国料理店なので麺類もあり、カレーラーメンやチャンポンメン、皿うどんに正油ラーメンといったレパートリー豊富。

値段は正油ラーメンが580円からと、ラーメン専門店とは違って、町中華の値段となっています。

麺類は正油ラーメンが580円から

麺類は正油ラーメンが580円から

セットメニューも豊富、値段は850円程度から

セットメニューも豊富、値段は850円程度から

セットメニューも豊富で値段は850円程度から。

ラーメンのセットメニューは「酢豚もしくはカキフライ」などの定食で980円となっていました。

特徴的なのは、このラーメンのセットメニューが都市名になっており、都市によってラーメンに違いがあるのと(味噌・塩・醤油)、一品付く料理もなんとなくその都市をイメージするものになっている点かなと思います。

北海道(味噌ラーメン+小エビの天ぷら)
東京(ナルト入り醤油ラーメン+牛肉ピーマン)
沖縄(白湯ラーメン+マーボー豆腐)
大阪(醤油ラーメン+酢豚)
京都(塩ラーメン+カキフライ)

※京都が塩ラーメンなのは若干謎です。

醤油ラーメン 実食レビュー


ラーメン専門店ではないので中国料理を注文するのが良いかも

ラーメン専門店ではないので中国料理を注文するのが良いかも

こちらのお店はラーメン専門店ではなく中国料理店です。

中華料理店のラーメンそのもの

中華料理店のラーメンそのもの

ラーメンは町中華の中華そばです。

普通の麺でした

普通の麺でした

中華料理店なのでマーボー豆腐とかチャーハンとか、餃子とかを食べるほうが普通ですね。

中国料理 水仙閣 営業時間やアクセス方法


出前にも対応始めたそうです(2019年7月28日~)

出前にも対応始めたそうです(2019年7月28日~)

この「中国料理 水仙閣」さん、京阪本線「墨染駅」から徒歩3分ほどの場所にあります。

駅から向かう場合は東側の道を北へ、途中で「拉麺へんてこ」さんの前を通り、セブンイレブンが見えたらお向かいに店舗があります。

営業時間は「11時30分~15時、17時~22時」です。

京都府京都市伏見区深草北新町645−2
営業時間:11時30分~15時、17時~22時
定休日:水曜日
公式Twitte:https://twitter.com/suisenkakukyoto
広告


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。