関西では珍しい「白ネギラーメン」が魁力屋で期間限定で登場

今回の「京都ラーメン速報」は、一乗寺にある「ラーメン魁力屋 本店」さんの期間限定メニュー「白髪ネギラーメン」の実食レビューです。京都に来てから見かけないのが白髪ネギを使った「ネギラーメン」と「タンメン」です。それもネギダレで和えた白髪ネギラーメンはかなりレアだと思います。

広告

関西では珍しい白ネギラーメンとタンメン


白髪ねぎを使ったラーメン、関東ではネギラーメンとして親しまれています

白髪ねぎを使ったラーメン、関東ではネギラーメンとして親しまれています

関東ではよく見るラーメンだけど、関西では見ないのが「白髪ねぎラーメン」と「タンメン」です。

関西では青ねぎ(葉ねぎ)を食べるため(リンク先は参考記事)、白ねぎを使う「白髪ねぎ」のメニューはほとんど見かけることがありません

もうひとつ見かけないのが「タンメン」。

野菜たっぷり、白濁したスープは旨味たっぷりで会社帰りに街の中華料理店でよく食べたものですが、京都では「タンメン」というメニューを見かけません

白濁したスープは旨味たっぷり「タンメン」

白濁したスープは旨味たっぷり「タンメン」

餃子の王将に「味噌タンメン」というのはあるのですが、それは別物です。

関西でタンメンに似ているのは「ちゃんぽん」という食べ物で、京都でも滋賀県発祥の「近江ちゃんぽん」を食べることができます。

でも、味はやっぱり別物です。

京都の魁力屋にある期間限定メニューの「白ネギラーメン」

京都の魁力屋にある期間限定メニューの「白ネギラーメン」

そんな京都にあるラーメン魁力屋の本店前を通ると、こんな気になるメニューを発見。

期間限定メニュー「白ネギラーメン」です。

こういったイベント的なメニューで白髪ねぎを使ったラーメンを見ることはあるのですが、今回気になったのは告知に書かれたこの文言でした。

特製ネギダレ

そう、関西で白髪ねぎラーメンをイベントで出す店はあっても、ちゃんとネギダレを和えて出している店はこれまで見ておらず、この魁力屋の「白ネギラーメン」は私の考える関東の「ネギラーメン」に非常に近いものだったのです。

魁力屋本店にあった「白ネギラーメン」


京都北白川 ラーメン魁力屋 本店

京都北白川 ラーメン魁力屋 本店

ということで、吸い込まれるように「京都北白川 ラーメン魁力屋 本店」さんに入店してしまったわけですが、魁力屋さんの期間限定メニュー「白ネギラーメン」はどんなラーメンなのでしょうか。

どきどきしながら待つこと5分ほど。

出てきたのは・・・・

見た目は悪くない(合格点)魁力屋の期間限定メニュー「白ネギラーメン」

見た目は悪くない(合格点)魁力屋の期間限定メニュー「白ネギラーメン」

こちら!

見た目はかなりいいですね。

白髪ネギは、ちゃんと水でさらしてあるのが見た目でわかります。

軽く絞ると、こういう感じで丸みのある白髪ネギになるのですが、東京で食べていた「ネギラーメン」もこういう見た目です。

ネギダレの味も良いのですが、ひとつ足りないものがあります

ネギダレの味も良いのですが、ひとつ足りないものがあります

ネギダレできちんと味がついているのも嬉しいです。

京都で白髪ネギラーメンは見たことはあるのですが、これまではタレで和えていないものばかりでした。

ただ、味わいがやわらかいのと、すぐネギダレがスープに中和されてしまいます。

もうちょっとジャンキーな味にしないと、食べている間に味のないネギになってしまいました。

町田商店の家系ラーメン

町田商店の家系ラーメン

京都でも最近できた東京の「町田商店」の白髪ネギは、もっと味付けが濃くて、スープにすぐ溶け出さないようになっています。

あと、白髪ネギをもうちょっと太めに切ってあります。

町田商店の白髪ネギは太め

町田商店の白髪ネギは太め

魁力屋の白髪ネギは細め

魁力屋の白髪ネギは細め

あと、本来の「白髪ネギ」はネギの芯部にある緑の部分は使わないのですが、町田商店の方には緑の芯部分も見えています。

東京では芯も一緒に切っている店が多かったので、中も使ってもらいたかったなという感じがしました。

ちなみに、関東では「ネギラーメン」というと、この白髪ネギラーメンが出てきますが、京都で「ネギラーメン」というと青ネギを使った「小口切り」のネギが出てきます。

魁力屋さんでは「白ネギラーメン」となっていますが(白髪ではない)、京都らしく葉ネギを使った九条ネギを千切りにしたラーメンも提供されています。

ラーメン魁力屋 本店


ラーメン魁力屋 本店(京都市左京区一乗寺)

ラーメン魁力屋 本店(京都市左京区一乗寺)

ということで、京都の「ラーメン魁力屋 本店」さんで期間限定提供されている「白ネギラーメン」の実食レビューでした。

場所は「京都市左京区一乗寺」ですが、ラーメンストリートではなく「白川通」にあります。

叡電の駅でいうと「修学院駅」が最寄り駅です。

11時から開店して24時まで営業されているので、この界隈では遅くまで営業しているラーメン店で便利なお店のひとつです。

京都府京都市左京区一乗寺向畑町17
営業時間:11時~24時
定休日:無休
公式サイト:https://www.kairikiya.co.jp/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。