2019年5月3日新店オープン 麺屋 京都 龍仙 (京都・城陽市)

2019年5月3日に「麺屋 京都 龍仙 城陽店」が城陽市寺田で新店オープンします。現在、店舗を建築中で、京奈和自動車道「城陽JCT」のすぐ東隣りで開業予定となっていました。本店は長岡京市にあり、独創的なメニューが多いラーメン店です。

広告

麺屋 京都 龍仙 城陽店 が2019年5月3日新店オープン


京都府城陽市寺田の城陽JCT近くで建設中のラーメン店は「麺屋 京都 龍仙 城陽店」

京都府城陽市寺田の城陽JCT近くで建設中のラーメン店は「麺屋 京都 龍仙 城陽店」

京都の長岡京市に「麺屋 龍仙」さんというラーメン店があります。

とても個性的なラーメンを提供されているのですが、あまり知られていないラーメン店でもありました。

しかし、その「麺屋 龍仙」の2号店が城陽市寺田で建設中なのです。

城陽JCTすぐ東側です

城陽JCTすぐ東側です

メニューと値段(麺屋 京都 龍仙)

メニューと値段(麺屋 京都 龍仙)

今回オープンする2号店「麺屋 京都 龍仙」は、本店である長岡京の「麺屋龍仙」とは違うメニュー構成となっています。

基本は豚骨ベースで、2種類の醤油ダレ「醤油・黒醤油」を使い分けています。

また、トッピングが二郎インスパイアの「がっつり」という系統があり、あわせて5種類のラーメンから選ぶようになっていました。

一(いち、がっつり醤油)800円
都(みやこ、あっさり醤油)800円
京(きょう、すっきり黒醤油)800円
銀(ぎん、極み豚骨醤油)800円
金(金、がっつり黒醤油)800円

一(いち、がっつり醤油)実食レビュー


二郎インスパイアの「一(いち、がっつり醤油)」

二郎インスパイアの「一(いち、がっつり醤油)」

ということで、2019年5月3日新店オープンの「麺屋 京都 龍仙」さんへ行って来ました。

当初の3月30日オープンからずれ込んだのは行政の許可がなかなかおりなかったからだそうです。内装工事で「ここも、ここも」みたいな感じで細かいこと言われたのでしょう。

それはともかく、今回は二郎インスパイアの「一(いち、がっつり醤油)」をチョイス。

トッピングは「キャベツ細もやしチャーシュー唐辛子にんにくチップ」で、スープからもにんにくが香ります。

もうひとつ、これに黒醤油ダレを使った「(きん、がっつり黒醤油)」もあって、そちらはトッピングが煮玉子になっていました。

スープは比較的アッサリ

スープは比較的アッサリ

スープは豚骨ベースで、二郎っぽく淡めの醤油ダレで味付けがされています。

味は二郎っぽくて油も浮いておりコクがあります。辛味もある程度シッカリ付いています。

しかし、ややアッサリとした印象がありました。これは、麺があまりスープを吸わないのが原因です。

そのため、麺を食べながらレンゲでスープを啜るみたいな食べ方になりました。

麺はツルっとした太麺(テイガク)

麺はツルっとした太麺(テイガク)

このお店では「チャーシュー」が自慢とのことで、チャーシューがとても美味しく思いました。

麺は棣鄂(テイガク)のもので、太麺でツルっとした食感のものを使っています。

前述のようにスープをあまり吸わないので、途中からやや飽き気味になりました。

卓上調味料が一切なく、味変も途中で出来ないのが残念で、可能であれば醤油ダレが卓上に欲しかったです。

麺屋 京都 龍仙 城陽店 について


龍仙 麵屋京都(外観)

龍仙 麵屋京都(外観)

では「麺屋 京都 龍仙 城陽店」さんの場所はどこなのでしょうか。

京都府城陽市寺田の城陽JCT近くで、国道24号の大久保バイパスから見える場所です。

最近開発されている土地で、周囲はまだ畑が多いのですが、北側には住宅地が広がっています。

駐車場は3台分ほどあり、駐輪も可能です。

京都府城陽市寺田金尾60(MAP
営業時間:11時~15時、17時~21時
定休日:月曜日、火曜日(祝日の場合は営業し翌火曜日休み)
Twitter:https://twitter.com/2dcdkWF5Cl5ad73
公式サイト:http://www.ryu2.co.jp/kyoto/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。