担々麺 胡 円町店(2号店)@京都が2019年2月21日に新店オープン

担々麺 胡 円町店 (2号店)が円町で新店オープンすることになっています。開業日は2019年2月21日で、円町交差点の東側20メートルほどのテナントで開業することになっています。1号店は山科区の人気店なのでご存知の方も多いことでしょう。

では「担々麺 胡 円町店 (2号店)」は、どこらへんに開店するのでしょうか。

広告

担々麺 胡 円町店 (2号店)が円町で新店オープン


山科の人気店「担々麺 胡(えびす)」が円町に進出

山科の人気店「担々麺 胡(えびす)」が円町に進出

2019年2月21日に円町エリアで新しいラーメン店が開業予定です。

お店の名前は「担々麺 胡」。

そうです、山科区の人気店で担々麺を専門にするラーメン店「胡(えびす)」さんの円町店なのです。

円町の工事中テナントに貼り出された「担々麺 胡 円町店(2号店)」の告知

円町の工事中テナントに貼り出された「担々麺 胡 円町店(2号店)」の告知

京都市中京区の円町といえば「山崎麺二郎」さんや「ラーメンムギュ」といった知られたラーメン店があるエリアですが、円町に山科区の人気店「担々麺 胡(えびす)」さんが進出するというのが今回のトピックスです。

山科区の1号店「担々麺 胡」さんの実食レビューはこちらにありますので、ぜひご覧ください。

担々麺 胡 円町店(2号店)のオープン初日 実食レビュー


担々麺 胡 円町店(2号店)のオープン初日

担々麺 胡 円町店(2号店)のオープン初日

ということで、担々麺 胡 円町店(2号店)のオープン初日へ行って来ました。

11時開業でしたが混雑などはなくすんなりと入店、4人&2人テーブルとカウンターのある広めの店内になっています。

山科のお店も大きいテナントなのですが、そちらよりも飲食店として効率よく営業できそうなワンフロア店舗になっていました。

平日ランチセットは900円と950円の唐揚げセットです

平日ランチセットは900円と950円の唐揚げセットです

胡(えびす)さんのメニューは多種多彩で目移りするのですが、今回はサクッと平日ランチを食べてみることにしました。

900円だと唐揚げセット950円で唐揚げ+ライス(大中小)を食べることができます。

唐揚げは「香味ソース、チリソース」をトッピングすることもできるようになっていました。

担々麺(756円)、甘辛のスープは濃い目で美味い(担々麺 胡 円町店)

担々麺(756円)、甘辛のスープは濃い目で美味い(担々麺 胡 円町店)

担々麺 胡さんの担々麺は濃厚で甘みのあるタイプです。

さすが専門店ということで、担々麺としてレベルが高いお店だと思っています。

その山科本店の担々麺が円町でも食べられるということで、繁盛しそうなお店だと言えます。

濃厚でクリーミーなスープ(担々麺 胡 円町店)

濃厚でクリーミーなスープ(担々麺 胡 円町店)

ラー油は多めなのですが辛さは控えめです。

辛さは調整でき、+50円と+100円で辛さを追加できるようになっています。

麺の硬さ:かたい、ふつう、やわらかい
:濃いめ、ふつう、薄め
辛さ:なし、小、ふつう、辛め、激辛(+50円)、爆辛(+100e円)
麺は固めのストレートなので担々麺によく合います(担々麺 胡 円町店)

麺は固めのストレートなので担々麺によく合います(担々麺 胡 円町店)

麺は固めのストレートなので担々麺によく合いました。

やはり濃厚なスープだと細麺は合わないので、少し太いくらいがいいですね。

あとは固めに茹でた麺も担々麺にはよく合います。

担々麺 胡 円町店(2号店)メニューと値段


担々麺の種類は多めです(担々麺 胡)

担々麺の種類は多めです(担々麺 胡)

担々麺 胡さんは担々麺専門店なのですが、その担々麺に種類があって選ぶのに悩みます。

値段は800円前後の価格帯で、いずれも挽肉(ミンチ)が多めに入っています。

・特製 肉入り担々麺 900円~1000円
・担々麺 700円~800円
・チーズ担々麺 850円~950円
・あんかけ担々麺 800円~900円
・カレー担々麺 800円~900円
・マーラー担々麺 800円~900円
・四川風担々麺 800円~900円
・汁なし担々麺(中太麺)800円~1000円
・冷やし担々麺 800円~900円(5月~9月下旬)
・冷やしマーラー担々麺 850円~950円(5月~9月下旬)

担々麺 胡 円町店(2号店)営業時間や定休日にアクセス方法


「担々麺 胡 円町店(2号店)」さんの場所は円町の元・定食料理「和楽」さん跡地です

「担々麺 胡 円町店(2号店)」さんの場所は円町の元・定食料理「和楽」さん跡地です

では「担々麺 胡 円町店(2号店)」さんの場所についてです。

JR山陰本線「円町駅」から徒歩3分ほどで、円町の交差点を東へ20メートルほど行った所です。

定食屋だったテナントに入るということですが、この円町交差点はプチ・ラーメン激戦区の様相を見せてくることになります。

個人的には地元でもある円町エリアでのラーメン出店は大歓迎です。

京都府京都市中京区西ノ京円町24−3(MAP
営業時間:11時~23時
定休日:火曜日
公式サイト:https://tantanmen-yebisu.owst.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/TantanmenYebisu


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。