ラー麺ずんどう屋 京都久御山店 @京都 2019年1月15日新店オープン

久御山町の国道1号沿いに「ラー麺ずんどう屋 京都久御山店」が新店オープンします。開店日は「2019年1月15日」で、ラーメンは姫路ラーメン(濃厚豚骨)です。チェーン店で関西に店舗が多いのですが、東京にも2店舗出店しています。

広告

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店 2019年1月15日新店オープン


ラー麺ずんどう屋 京都久御山店

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店

京都府久御山町の国道1号線(京阪国道)沿いに新しく「ラー麺ずんどう屋 京都久御山店」が新店オープンします。

オープンから3日間はラーメン一杯につき「替玉1回無料」となるキャンペーンや、アプリ会員になると餃子または唐揚げが一人前無料となるクーポンを配布しています。

ラーメン一杯につき「替玉1回無料」となるキャンペーン

ラーメン一杯につき「替玉1回無料」となるキャンペーン

オープン日は2019年1月15日で、駐車場が37台分あるロードサイト店となっています。

2019年1月時点では看板が設置されており、国道1号を京都方面へ向かう途中に店舗が見えています。

駐車場が37台分あるロードサイト店です

駐車場が37台分あるロードサイト店です

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店 メニューと値段


姫路が発祥の濃厚豚骨ラーメンが「ずんどう屋」

姫路が発祥の濃厚豚骨ラーメンが「ずんどう屋」

ずんどう屋は、関西に支店が多い大手のラーメン店で、姫路が発祥のラーメン店で、九州とんこつのような濃厚な豚骨スープのラーメンです。

久御山店では、濃厚豚骨ラーメンのお店で「元味、HOT(ピリ辛)」の2種類がベースとなっています。

値段は750円~850円の価格帯が一番多いのですが、トッピングしだいでは1000円を超えることもあります。

トッピングは「もやし、生にんにく」は無料です

トッピングは「もやし、生にんにく」は無料です

サイドメニューも豊富で「餃子・唐揚げ・チャーハン・丼もの」があり、あごおとしの明太子ご飯もあるなどチェーン店らしいメニューの豊富さが特徴的なラーメン店です。

麺は2種類「細麺、ちぢれ麺」を選択できます。ちじれ麺は中細麺となっていました。

背脂の量も4段階あり「あっさり、並、こってり、まみれ」があるので好みで選ぶと良いでしょう。

・元味らーめん 750円
・元味HOTらーめん 800円
・味玉らーめん 850円
・味玉HOTらーめん 900円
・ねぎらーめん 930円
・全部のせらーめん 1100円
・チャーシューメン 1170円
・替玉 100円

元味らーめん(750円)実食レビュー


濃厚豚骨スープはほんのり甘みがあり美味しいスープでコク深い(元味らーめん)

濃厚豚骨スープはほんのり甘みがあり美味しいスープでコク深い(元味らーめん)

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店」では、基本メニューの「元味らーめん」を食べてみました。

濃厚豚骨スープはほんのり甘みがあり美味しいスープでコク深い味わいがして好みのラーメンです。

トッピングがやや寂しくて「チャーシュー2枚青ねぎ海苔」で750円なのは、スープに原価がかかっているからだと思います。

スープについて


背脂は「まみれ」を選択、豚骨のコクが深くなって美味しい

背脂は「まみれ」を選択、豚骨のコクが深くなって美味しい

スープは豚骨を長時間煮込んだもの水と豚骨だけの濃厚なスープはまろやかクリーミーな味わいです。

それに少し甘めの醤油ダレを合わせており、食べやすいラーメンに仕上がっています。

いわゆる一蘭などに近い系統で、スープの味わいが深く、自社工場で一貫した品質管理されているので安定しています。

個人的には好きなラーメンで、かなり美味しい部類に入ると思いました。

麺について


中細ちぢれ麺がスープに合いました

中細ちぢれ麺がスープに合いました

麺は「細麺中細ちぢれ麺」があるのですが、後者の中細ちぢれ麺がスープに合いました

細麺より少し太めで少しだけ縮れているので、程よくスープをすくいます。

茹で方は少し固めで出てくるのも良いですね。

こちらは「細麺」見た目わかりづらいですが細い麺です

こちらは「細麺」見た目わかりづらいですが細い麺です

見た目わかりづらいですがこちらが「細麺」です。

少しだけ細いのですが、食べると違いは明白でした。

お薦めは「中細ちぢれ麺」だと思いますが、好みで選んでみてください。

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店 営業時間やアクセス方法


ラー麺ずんどう屋 京都久御山店

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店

ラー麺ずんどう屋 京都久御山店 営業時間は「11時~深夜1時」です。

この系列店は定休日はなく年中無休年末年始以外は営業しています。

この辺りは京都でも交通量が多い場所でラーメン激戦区なので、夜は深夜1時頃までは営業するのは良いと思いました。

京都府久世郡久御山町森川端41-1(MAP
営業時間:11時~深夜1時
定休日:年中無休(年末年始は休み)
公式サイト:http://www.zundouya.com/


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。