ラーメンゆう @京都「京都水族館近くの京都民が愛するラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメン速報」は、京都水族館近くで食べられる京都ラーメンらしい味わい深い豚骨醤油ラーメンの「ラーメンゆう」さんの実食レビューです。出汁を味わうラーメンで、醤油ダレは濃く見えますが、辛さは控えめ(京都ラーメン店の中でも控えめ)です。

地元では人気のラーメン店なので「地元民が食べる京都ラーメン」というお店です。

広告

京都ラーメンマニアには知られる京都水族館近くの名店「ラーメンゆう」


京都水族館近くの名店「ラーメンゆう」は京都のラーメンマニアには知られる一杯です

京都水族館近くの名店「ラーメンゆう」は京都のラーメンマニアには知られる一杯です

京都水族館から徒歩3分ほどの場所にあるラーメン専門店「ラーメンゆう」さん。

地元の京都ラーメンマニアには知られる名店です。

豚骨醤油の京都ラーメンの系統にあり「第一旭」や「ラーメン藤」といったラーメンに似ています。

しかし「ラーメンゆう」のラーメンは「豚骨のカドが立たない味わいでフンワリとしながら出汁のよくでた京都ラーメンらしいラーメン」になっています。

ラーメンゆう 醤油ラーメンは出汁を味わうマイルド系


醤油ラーメンは見た目よりマイルドです(ラーメンゆう)

醤油ラーメンは見た目よりマイルドです(ラーメンゆう)

ラーメンゆうのラーメンで使われる醤油ダレは、見た目は普通に辛さのあるラーメンに見えますが、辛さは少なく醤油の風味を味わうものになっています。

京都ラーメンは出汁を味わうものなので、醤油ダレは辛さよりも風味が必要です。

その点で「ラーメンゆう」の京都ラーメンは、地元民が喜ぶ味わいと言えるラーメンです。

店内もこの世代(1990年代)の京都ラーメン店らしいです(ラーメンゆう)

店内もこの世代(1990年代)の京都ラーメン店らしいです(ラーメンゆう)

豚骨の出汁も「第一旭」や「ラーメン藤」より美味しいと思いました。

似たラーメンでは久御山に「繁ちゃんラーメン」があります。

出汁の味わいで勝負する典型的な京都ラーメンと言えそうです。

ラーメンゆう メニューと値段


メニューと値段(ラーメンゆう)

メニューと値段(ラーメンゆう)

「ラーメンゆう」のメニューはとてもシンプルです。

1990年代頃からラーメン専門店として開業した京都ラーメン店は、カウンターのみでメニューも「ラーメン、チャーシューメン」のみというお店が多い傾向にあります。

「ラーメンゆう」では京都では珍しい味噌ラーメンがあるのが特徴です。

値段は一般的な価格ですが、同世代のラーメン店で値上げがあまりされていないお店がある中で、若干高めの印象があります。

・しょうゆラーメン 750円
・しょうゆラーメン 大盛り 900円
・チャーシュー麺 950円
・大盛りチャーシュー麺 1100円
・みそラーメン 800円
・みそラーメン 大盛 950円
・チャーシューみそラーメン 1000円
・大盛りチャーシューみそラーメン 1150円
・ライス 100円~200円
・餃子 350円(夕方5時~販売)

ラーメンゆう 営業時間と定休日


京都水族館の北側、七条通沿いに「ラーメンゆう」はあります

京都水族館の北側、七条通沿いに「ラーメンゆう」はあります

では、「ラーメンゆう」への営業時間と定休日についてです。

営業時間は「11時~19時」で、定休日は「月曜日、第二・第四日曜日」となっています。

周辺には宿が多い立地ではありますが、夜は19時に閉店と少し早いので観光客の方の場合は観光中に立ち寄る感じにはなります。

地元のラーメンマニアには有名ですが混んではいません。ネットのグルメサイトなどではさほど話題にはならないからです。

そういう点で「ラーメンゆう」さんは京都民が昔から食べている地元の美味しいラーメン屋さんということになりますね。

京都府京都市下京区花畑町582(MAP
営業時間:11時~19時
定休日:月曜日、第二・第四日曜日

ラーメンゆう アクセス方法

「ラーメンゆう」へのアクセス方法についてです。

場所は京都水族館の北側、七条通沿いで西本願寺かも近いですがJR京都駅から歩くと少し距離がありますので京都市バスで「七条大宮・京都水族館前バス停」まで行くのがオススメです。


京都水族館への行き方を見るとわかりやすいです。

・205系統、208系統、103系統、104系統、110系統、86系統、88系統(B3のりば)
・206系統(A3のりば)


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。