一乗寺つるかめ つけ麺 @京都「メニュー・並び方・営業時間を紹介」 実食レビュー

京都・一乗寺にある人気ラーメン店「つるかめ 一乗寺店」の実食レビューです。味の評価や評判だけでなく「メニュー・並び方・営業時間・アクセス方法」など食べに行くために必要な情報を全網羅しました。

一乗寺つるかめさんは「豚、鳥、節、煮干」で出汁を上手に使った旨味のあるスープが人気のお店です。

広告

一乗寺つるかめ つけ麺やラーメンについて


一乗寺つるかめ つけ麺

一乗寺つるかめ つけ麺

京都のラーメンストリート「一乗寺」の入口付近にある「一乗寺つるかめ」さんは、2012年2月6日に開業したラーメン店です。

つけ麺が人気で、甘みのある魚介豚骨は脂のコクもあり、さらに魚粉にもこだわりがあるようで「特徴的な魚粉の香り」がする美味しいお店です。

味は誰が食べても「おいしい」という万人ウケする味だと思います。安定感もあり、リピート客も多く、学生街も近いことから女子大生が「一乗寺つるかめ」さんでラーメンを食べているのもよく見かけます。

・オープンは2012年2月6日
・京都のラーメンストリート「一乗寺」にある
・魚介豚骨のスープで甘め
・出汁は「豚、鶏、節、煮干」
・脂のコクや特徴的な味わいで記憶に残る味
・京都の製粉会社と共同開発した小麦の中心部分だけを使った小麦麺
・つけ麺は多加水の太麺、ラーメンは低加水の中細麺

スープ


豚骨の甘みと魚粉の味わいが特徴的なスープ

豚骨の甘みと魚粉の味わいが特徴的な「一乗寺つるかめ」スープ

つけ麺のスープを飲んでみると「結構複雑な風味」です。

出汁には「煮干」と多くの食材を使っているのですが、そうすることで風味の良いスープを作ることができます。同様の事例で分かりやすい店が京都の「宝屋」さんなどでしょう。

麺について


小麦の芯の部分を使ったツルツル麺(一乗寺つるかめ)

小麦の芯の部分を使ったツルツル麺(一乗寺つるかめ)

麺は多加水の太麺を使用(ラーメンは低加水麺)。

全粒粉に見えますが、小麦の芯の部分を小麦粉を製粉会社と共同開発して使っています。

麺でも風味を大事にしているのがわかります。

味の評価


同じく豚骨魚介のスープで食べるラーメン(一乗寺つるかめ)

同じく豚骨魚介のスープで食べるラーメン(一乗寺つるかめ)

分かりやすく言えば「単調ではない味」で、豚骨の深みと、複数の魚粉を組み合わせた味わいを感じました。

それがキチンと一本の味わいに仕上がっているラーメンなので、食べていて「一乗寺でも上位に入る味」だと思います。

メニューと値段


一乗寺つるかめ メニューと値段

一乗寺つるかめ メニューと値段

一乗寺つるかめ の「メニューと値段」についてです。

基本は「魚介醤油らぁめん」と「魚介醤油つけめん」ですが、他にも「旨辛らぁめん旨辛つけめん西京味噌坦々つけめんまぜそば」などメニューは豊富です。

値段はラーメンで770円~880円つけめんは820円~880円となっています。

定食セットは「唐揚げたまごかけごはん」があって、京都らしくラーメン店に唐揚げという鉄板組み合わせとなっていました。

・魚介醤油らぁめん 770円
・魚介醤油らぁめん味玉チャーシュー 980円
・旨辛らぁめん 880円
・限定まぜそば 880円
・魚介醤油つけめん 820円
・西京味噌坦々つけめん 880円
・旨辛つけめん 880円

並び方(行列)


一乗寺つるかめ 入口は店頭の右側です

一乗寺つるかめ 入口は店頭の右側です

一乗寺つるかめのラーメンは人気があるということもありますが、お店がカウンター一列のみで狭いので、食べるまで待つ(並ぶ)こともあります

店外の券売機で食券を購入後に、右にある店舗入口へ入るのですが、満席の場合は外で待つようにしてください

店舗左側の勝手口が開いているので、そちらから入ってしまいそうになることが多々あるのですが、そちらは厨房です。

・券売機の右側が入口なのでそちらに向かって並ぶ
・列が券売機の前にあれば、行列左に並んで、途中で食券を買う

麺量について


一乗寺つるかめ では麺量を選べます(ラーメン、つけ麺)

一乗寺つるかめ では麺量を選べます(ラーメン、つけ麺)

一乗寺つるかめ では、無料で麺量を選ぶことができます(食券を渡す際にグラム数を伝えてください)。

これは「ラーメン、つけ麺 どちらも麺量が選べる」ようになっていました。

麺量は無料で増量可能というサービスは嬉しいものです。

ラーメン(100g、150g、180g、200g)
つけ麺(150g、200g、300g、400g)

※最小サイズには「半熟味玉」が付きます。

営業時間や定休日などの店舗情報


お店はカウンターのみで狭いです(一乗寺つるかめ)

お店はカウンターのみで狭いです(一乗寺つるかめ)

お店はカウンターのみで狭いのですが、席の真上に荷物入れがあるので活用しましょう。

営業時間は11:30からと少し遅めですが、夜は24時までと長い時間の営業です。

定休日は不定休のようですが、閉まっていることは少ないと思います。だいたい前を通れば営業しているからです。

行く場合は公式Twitterをチェックすれば良いでしょう。

京都府京都市左京区一乗寺赤ノ宮町22
営業時間:11:30~24時
定休日:不定休
荷物置き場:席の真上
公式Twitter:https://twitter.com/tsurukame0923

アクセス方法

今回紹介した「一乗寺つるかめ」さんの場所は「京都・一乗寺」です。

実質的に、一乗寺への行き方を紹介するということになりますね。

一乗寺へ行く最速の交通手段(京都駅から電車)


京都駅からJR奈良線で奈良方面へ1駅戻って京阪本線に乗ると楽です

京都駅からJR奈良線で奈良方面へ1駅戻って京阪本線に乗ると楽です

・京都駅からJR奈良線「東福寺駅」へ向かう(8番~10番線乗り場、1駅、140円)
・東福寺駅で京阪本線に乗り換え「出町柳駅」へ向かう(5駅、270円)
・出町柳駅で叡山電鉄に乗り換え「一乗寺駅」へ向かう(3駅、210円)
・京都駅から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」へ向かう(3駅)
・烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換え「三条駅」へ向かう(1駅、ここまで210円)
・三条駅で京阪本線に乗り換え「出町柳駅」へ向かう(2駅、210円)
・出町柳駅で叡山電鉄に乗り換え「一乗寺駅」へ向かう(3駅、210円)

一乗寺へ行く最安の交通手段(京都駅からバス)


京都市バスで行くと時間はかかりますが最安で行けます(京都駅)

京都市バスで行くと時間はかかりますが最安で行けます(京都駅)

・京都駅から京都市バス「206系統」に乗車(30分、230円)
・高野バス停で下車

※往復の場合は乗り場近くの自販機で「京都市バス1日乗車券」を購入すると良いでしょう。

バイクや車での移動経路(京都駅から)

京都の道は渋滞するので、なるべく混まない道順を紹介します。

京都駅からなら「堀川通」まで出て、堀川今出川の交差点で「今出川通」を右折、「東大路通」を左折すれば「高野交差点(一乗寺)」です。

駐車場の場所


一乗寺駅の近くにコインパーキングが多くあります

一乗寺駅の近くにコインパーキングが多くあります

一乗寺の周辺のコインパーキングを利用してください。

コンビニや路駐は絶対にしないでください(トラブルが多発しています)。

高野交差点からラーメンストリートを北上すればコインパーキングがあるので、空いていたらそこに駐車してください。

メインストリートの駐車場が満車の場合は、叡電「一乗寺駅」周辺まで行く必要があります。少し離れますが、駐車料金は少し安くなることが多いようです。

京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町(地図
8時~20時 40分200円 最大800円
20時~8時 60分100円 最大200円
京都府京都市左京区一乗寺里ノ西町37(地図
8時~20時 60分200円 最大700円
20時~8時 60分100円 最大200円
京都府京都市左京区一乗寺里ノ西町37(地図
8時~20時 40分200円 最大700円
20時~8時 60分100円 最大300円
京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町75番地(地図
8時~20時 30分200円 最大1200円
20時~8時 60分100円 最大400円
京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町(地図
8時~20時 20分100円 最大700円
20時~8時 60分100円 最大300円
京都府京都市左京区一乗寺里ノ西町89−2(地図
8時~20時 20分100円 最大700円
20時~8時 60分100円 最大100円
京都府京都市左京区一乗寺宮ノ東町154(地図
8時~20時 40分200円 最大600円
20時~8時 60分100円 最大100円

バイク駐輪場の場所


メインストリートから脇道を入るとあるバイク駐輪場

メインストリートから脇道を入るとあるバイク駐輪場

一乗寺のバイク駐輪場は一箇所のみです。

京都府京都市左京区高野玉岡町73−2(地図
60分100円、6時間150円、24時間300円

SNSの口コミや評判(感想)


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。