総代麺家あくた川 @京都・百万遍「家系ラーメン新店」が2018年9月8日新店オープン

今回の「京都ラーメンブログ」は百万遍に「総代麺家あくた川」が新店オープンという話です。すでに噂では言われていたり、初代あくた川のTwitterで意味深な画像がアップされたりしています。今回はこの事の真相を調べて来ました。

結論からいえば百万遍に「総代麺家あくた川(四代目)」が新店オープンという話は事実です。

広告

総代麺家あくた川 が新店オープンするという噂


総代麺家あくた川 が新店オープンするという噂

総代麺家あくた川 が新店オープンするという噂

今回の「京都ラーメンブログ」は、百万遍に家系ラーメンの新店「総代麺家あくた川(あくた川四代目)」が開店するのではという話です。

この話、7月18日にウチのリサーチャーが調べていた件で、場所は百万遍の「つけ麺マン」跡地のことです。

もう半年以上前の話ですが「あくた川」の大将に「四代目はまだですか?」と聞いたことがあります。

すると「いやぁまだ考えてないですねぇ」という話ではあったのですが、「次に開店するなら京都大学前がいいですね」と言うとマンザラでもない顔をされていました。

「あくた川四代目が百万遍に開店するのでは」という噂は、公式「あくた川Twitter」が8月2日に以下のTweetをしてからネットでも言われ始めました。

「百万遍(ひゃくまんべん)」は京都大学のある交差点で、周辺は学生目当ての飲食店が密集している激戦区です。

あくた川」さんといえば、大学の目の前に出店する家系ラーメンとしても知られており、これまでも「同社大学(初代)立命館大学(二代目)関西学院大学(三代目)」の近くに出店してきました。

この百万遍(京大前)は、今まで「あくた川」さんが出店してなかったのが不思議なくらいの場所で、京都の大学前といえば「百万遍」と言えるほどの立地です。

ということで、事の真相を聞くために直接聞いてきました。



四代目 麺家あくた川 が百万遍に開店するのは事実です

四代目 麺家あくた川 が百万遍に開店するのは事実です

この「総代麺家あくた川」が百万遍に開店するという話があるのは事実です。

しかし、どのように売り出していくかを検討中であり、まだ公表していない話なのです。

ということで、初代の公式Twitterで書かれているのは公式なリークではなく・・・・

書いちゃったレベル

だというのが実際のところで、初代のスタッフが先走って書いちゃったというのが真相です。

今のところ「開店日などは不明でまだ先」というのは教えてもらっており、これまでの傾向でいえば3ヶ月は先(秋以降)になると思われました。

最新情報:開店日は「2018年9月8日新店オープン」で確定しました。

総代麺家あくた川 百万遍 の場所


総代麺家あくた川 百万遍 の場所は「つけ麺マン」跡地か

総代麺家あくた川 百万遍 の場所は「つけ麺マン」跡地か

さて、この「総代麺家あくた川 百万遍」の場所ですが、前述のように「つけ麺マン」の跡地です。

裏通りの「ダブルラリアット」跡地のような目立たない場所にもテナントは空いているのですが、東大路通の京大前の「つけ麺マン」の跡地の方が「あくた川」さんらしいチョイスです。

こちら場所としては最高の立地です。

「つけ麺マン」さんが閉店したのは単純に味の問題だったので、あくた川さんになればまた繁盛すると思われます。

京都府京都市左京区田中門前町73
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:日曜日(2018年9月9日は営業)


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。