キラメキノ青空 四条ムロマチ @京都・四条室町が2018年9月4日新店オープン

京都のラーメン「キラメキグループ」の10号店「キラメキ 四条室町店」が2018年9月4日に新店オープンすることになっています。四条室町の交差点のところで、現在工事中の2階建てテナントです。店名はまだ決まっていないということで募集中となっていました(8月3日に「キラメキノ青空 四条ムロマチ」という屋号に決まりました)。

では「キラメキノ青空 四条ムロマチ」どこに開店するのでしょうか。

広告

キラメキ 四条室町店(キラメキノ青空)が2018年9月4日に新店オープン


烏丸駅の近く「キラメキ 四条室町店(仮称)」

烏丸駅の近く「キラメキ 四条室町店(仮称)」

2018年9月4日開店とまだ先なのですが、烏丸駅の近くで「キラメキ 四条室町店(仮称)」がオープン準備中です。

屋号はまだ決まっていませんので仮に「キラメキ 四条室町店」と呼んでいますが、店名を募集中だそうです。

ということで、私がいくつか名前の候補を考えてみました。

すぐ隣は「APPLEストア 京都店」と噂された商業ビル

すぐ隣は「APPLEストア 京都店」と噂された商業ビル

「キラメキのAPPLEストア 四条室町店」

「キラメキ iPad修理はコチラ 四条室町店」

完全にふざけているので、とても怒られそうな名前ですが、すぐ隣は「APPLEストア 京都店ができるんじゃない?」みたいな噂もあったビルです。(実際には河原町寄りの京都ゼロゲートにAPPLEストアが開店しました

公式Twitterでは「2018年9月までに3店舗が開店」となっており、四条室町店は10号店になるであろうと思われます。

・四条室町店(10号店)
・近畿大学前店(11号店)
・???(12号店)

ちなみに、この10号店ですが「京都のキラメキグループの中心」にある店舗です。

なので「キラメキの中心」とか「キラメキノマンナカ」とかどうでし・・・・。

キラメキノ青空 四条ムロマチ 新店オープン直後の様子


2018年9月4日に新店オープンした「キラメキノ青空 四条室町」の新店オープン直後の様子

2018年9月4日に新店オープンした「キラメキノ青空 四条室町」の新店オープン直後の様子

ということで、2018年9月4日に新店オープンした「キラメキノ青空 四条ムロマチ」の新店オープン直後の様子です。

11時開店で、30分後には外に行列ができるほどの賑わいは、さすが烏丸駅のスグ近くという立地の強さだと思います。

これまでのキラメキさんは、どちらかといえば地元密着型の立地選びをしてきたラーメン店さんなのですが、今回は繁華街やロードサイド型の店舗になっています。

烏丸は京都のビジネス街で、観光地である河原町などにも近いことから、集客するにはもってこいの場所です。

キラメキノ青空 四条ムロマチ メニューと値段


キラメキノ青空 四条ムロマチ メニューと値段

キラメキノ青空 四条ムロマチ メニューと値段

ラーメンは4種類で、基本は鶏ベースのラーメンになっています。

食券制となっており、領収書はおつりの後にボタンが出る自販機になっていました。

この自販機、確率1/50でラーメン無料券が当たるというクジ付き自販機なんですよ。

・鶏白湯らーめん 780円
・煮干鶏白湯らーめん「にぼとり」780円
・台湾まぜそば 直太郎 780円~880円(〆ごはん付き)
・坦々まぜそば キラタンタン 850円~950円

「鶏白湯らーめん、煮干鶏白湯らーめん」は780円、大盛りは+50円となっていました。

まぜそばのサイズは「小並大特」とあるのですが「小盛り&並盛り大盛り&特盛」のことで、サイズは4種類で値段は2種類ということになっています。

麺量は「大 280g」で「特 360g」になっており、チケットを渡す時にどちらのサイズにすれば良いのか伝える形式です。

坦々まぜそば キラタンタン 実食レビュー


坦々まぜそば「キラタンタン」

坦々まぜそば「キラタンタン」

今回は、坦々まぜそば「キラタンタン」というメニューを食べてみることにしました。

キラメキさんといえば、関西に「台湾まぜそば」を広めたラーメン店として知られており、こういった「まぜそば」を得意とされているお店です。

キラタンタンは「ミンチ」が大量に入った「まぜそば」で、白ネギと玉ねぎのみじん切りにピーナッツを混ぜて食べるラーメンです。

担々麺といっても辛さはなく、ほんのり甘みのあるスープに混ぜて食べるスタイルになっていました。

自家製麺の太麺に甘みのあるスープが美味しい

自家製麺の太麺に甘みのあるスープが美味しい

台湾まぜそばは辛いのですが、こちらの「キラタンタン」は甘みがあって自家製麺の太麺に絡むと膨よかな香りがとても良くします。

汁は多めで、最後には〆ごはんを入れて食べるようになっていました。

味も見た目もシンプルではあるのですが、実際に食べてみると唯一無二のオリジナリティの高い「まぜそば」と言えました。

シンプルで独自性のあるメニュー開発はたいへん難しいのですが、さすが「キラメキ」さんだけあって独自性の高いラーメンに仕上がっているなという印象です。

キラメキノ青空 へのアクセス方法


キラメキノ青空 四条ムロマチ(2018年9月6日撮影)

キラメキノ青空 四条ムロマチ(2018年9月6日撮影)

さて、「キラメキノ青空」へのアクセス方法です。

追記2018年8月3日に「キラメキノ青空」という名称で屋号が決定しました。

場所は烏丸駅すぐ「四条室町」の交差点のところで、近くには中華そばの老舗「萬福」さんがあります。

四条河原町、烏丸エリアといえば京都で一番のラーメン激戦区で、それも四条通に面した立地という素敵テナントです。

結構な狭さのテナントなのですが、二階もあるということでした。

京都府京都市下京区鶏鉾町474−5
営業時間:11時~23:30
定休日:不定休
URL:http://kiramekinotori.main.jp/

キラメキノ青空 四条室町の口コミや感想


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。