らんたん 京都ラーメン渾身の一杯@熊野神社前「昔ながらの本格京都ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都ラーメンといえば思い出す店「らんたん」さんへ行って来ました。聖護院つまり熊野神社前にあるラーメン店で、京都大学病院のお向かいにあります。創業1964年なので京都ラーメンの老舗ですが、自家製麺にこだわっていて、私の好きなラーメンのひとつです。でも、あんまりネットで紹介されたりしないお店でもあります。

では、この「自家製麺 らんたん」さん、いったいどんなラーメン店なのでしょうか。

広告

本格的な京都ラーメン「らんたん」を知っていますか?


本格的な京都ラーメン「らんたん」

本格的な京都ラーメン「らんたん」

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の人が「京都ラーメン」といえば思い浮かべるラーメンの店「らんたん」さんの絶品ラーメンの紹介です。

最近、とかく「京都ラーメン」という言葉が独り歩きしていますが、京都のラーメン通が京都ラーメンと聞いて思い浮かべるのは、ラーメン情報誌やネット情報に掲載されているようなアノお店だけではありません。

今回は、京都大学にも近い「熊野神社前」で長年提供してきた京都ラーメンの老舗「らんたん」さんで自家製麺のラーメンを食べて来ましたので実食レビューします。

実は、この「らんたん」さんのラーメン・・・・

本格的な京都ラーメンと呼べる一杯だったのです。

京都ラーメン「らんたん」を食べに熊野神社前まで行って来ました


自家製麺 らんたん since 1964 と書かれています

自家製麺 らんたん since 1964 と書かれています

京都ラーメンを「濃厚」だなんて書いているブログは、本当の京都ラーメンを知りません。

京都ラーメンというのは「出汁がガツンと効いているが醤油ダレはアッサリ」とした関西出汁文化のラーメンなのです。

この「らんたん」さんも、そういう「いかにも京都ラーメン」というお店で、私が小さい頃に聖護院で過ごした時期には存在していた老舗のラーメン店です。

店頭には「創業1964年」とあり、私が食べた1970年代はお店の前を通るとラーメンスープの匂いがよくしていました。

今はラーメンの香りが外に漏れていないのと、自家製麺になっていますが、店主は変わらず健在です。

近くの「第一旭」のラーメンもよく食べましたが、私はこの「らんたん」さんのラーメンも好きなラーメンのひとつです。

大きな年季のはいった茹でがまで自家製麺を茹でる

大きな年季のはいった茹でがまで自家製麺を茹でる

今回紹介する写真の撮影日は2018年5月28日で、なんかひさしぶりの訪問でした。

創業してから50年以上なので、外観も店内も相当な年季がはいっています。

でも、ちゃんと掃除もしているようで、よい感じで古めかしくなってきていました。

自家製麺 らんたん メニューと値段


らんたん メニューと値段

らんたん メニューと値段

この「らんたん」さんですが、ラーメンの値段は670円からで京都でも一般的な価格設定です。

また、京都のラーメン店で「ニクナシ(肉なし)」があるのは昭和のラーメン店の特徴ですが、らんたんさんでも「ニクナシ(並)550円」というメニューがあります。

いわゆる「肉なし」のことですが、学生が多い立地というか、ほんのり貧しい京都では「肉抜きラーメン」が需要があったのでしょう。

・ラーメン(並)670円
・ラーメン(大)770円
・チャーシューメン(並)850円
・チャーシューメン(大)950円
・ニクナシ(並)550円
・ニクナシ(大)650円
・麦飯(小)120円
・麦飯(大)150円
・生たまご 50円
・メンマ 200円

では、今回は「ラーメン 670円」を食べてみることにしましょう。

らんたん 京都ラーメン渾身の一杯 実食レビュー


京都ラーメン渾身の一杯

京都ラーメン渾身の一杯

ということで、こちらが「らんたん 京都ラーメン」です。

いわゆる町の「中華そば」とはまた違う「京都ラーメン」のビジュアルで、薄口の醤油ダレにねぎと薄切りチャーシューが浮かんでいます。

トッピングは「チャーシューねぎメンマ細もやし」で、京都ラーメンには「細もやし」というのも定番です。

スープは「豚骨、鶏ガラ、魚介」だと思います

スープは「豚骨、鶏ガラ、魚介」だと思います

スープは出汁の風味をなくさないように薄口の醤油ダレが使われています。

なので、ベースの出汁は濃い目に出さないと味気ないラーメンになるのですが、らんたんさんではキチンと出汁を出していて、濃厚で「ふんわり」したスープの味が口の中に広がっていきます。

材料は「豚骨鶏ガラ魚介」だと思います。

ここのスープは「ほわっ」と食材の味が感じられるスープで、個人的には大好きな味です。

自家製の手作製麺

自家製の手作製麺

麺は中太麺の「自家製の手作製麺」です。

加水率は低めで、ゴワとした食感の手もみ麺になっており、食感もコシがある剛麺です。

この麺を食べると、あー京都ラーメン食べたなぁと思うのは私だけではないでしょう。

自家製麺 らんたん への行き方(アクセス方法)


自家製麺 らんたん 京都大学病院の真ん前にあります

自家製麺 らんたん 京都大学病院の真ん前にあります

さて「自家製麺 らんたん」さんへの行き方(アクセス方法)です。

いわゆる「熊野神社前」という立地なので、岡崎から近い場所にあります。

京都大学病院前なので、京都市バスでも行くことができます。

駐車場や駐輪場はないので、岡崎観光の際に聖護院あたりを散策しながら「らんたん」さんへ行くと良いかもしれません。

京都府京都市左京区聖護院西町12
営業時間:11時~19時
定休日:水曜日


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。