京都ラーメンマップ 2018年5月 を公開しました

京都ラーメンマップ 2018年5月を公開しました。掲載数最大、最新情報を最速で掲載中です。新店での注目キーワードは「セカンドブランド」で「らぁ麺すぐる」や「麺屋 一空」といった既存有力店のセカンドブランド(2号店)が安定の味でラーメン新店を出店しています。反面、個人営業のラーメン店が閉店(閉鎖)しており、特に開店から10年程度のラーメン店が閉店を余儀なくされていました。

今後も京都ラーメンマニアが満足できる情報を掲載していきますので、よろしくお願いします。

広告

京都ラーメンマップ 2018年5月を公開


京都ラーメンマップ 2018年5月

京都ラーメンマップ 2018年5月

2018年5月1日付けで「京都ラーメンマップ 2018年5月」を更新しました。

掲載店舗数は「新店閉店(閉鎖店)」を含め1292店舗を掲載中で、京都最大のラーメンマップです。

3月から4月にかけては新店ラッシュということもあり、追加された店舗はかなり多くなりました。

今回からは、こちらでも更新情報を掲載していきますので、よろしくお願いします。

2018年5月 京都ラーメン 新店


らぁ麺すぐる レセプションの様子(2018年4月21日撮影、中央が袖岡さん)

らぁ麺すぐる レセプションの様子(2018年4月21日撮影、中央が袖岡さん)

20018年4月以降の京都ラーメン新店は「9店舗」でした。

・大阪王将イオンモール久御山店(2018年4月26日新店オープン)
らぁ麺すぐる(2018年4月24日新店オープン)
町田商店 長岡京店(2018年4月17日新店オープン)
久御山塩元帥(2018年4月14日新店オープン)
京辛麺 木屋町店(2018年4月13日新店オープン)
ラーメン来来亭 久御山店(2018年4月12日新店オープン)
一蘭 京都洛西店(2018年4月12日新店オープン)
麺屋 一空(2018年4月10日新店オープン)
創作タイ料理 パッタイ(2018年4月4日新店オープン)

らぁ麺とうひちセカンドブランド「らぁ麺すぐる」が注目を集める中、西大路駅ではフカクサ製麺食堂のセカンドブランド「麺屋 一空」も開店するなど、京都ラーメン有力店が新しい店舗を出店するのが目立ちました。

その他は、チェーン展開しているラーメン店のロードサイド店が多い月でした。

人気がでればセカンドブランドや2号店を出店する財力ができるし、チェーン店は財力がもとからあるということが如実に出た月と言えます。

反面、3月に較べて個人営業のラーメン店は「創作タイ料理 パッタイ」のみとなりました。

2018年5月 京都ラーメン 閉鎖店(閉店)


志七そば 吉田屋 閉業直後の様子

志七そば 吉田屋 閉業直後の様子

20018年4月以降の京都ラーメン閉店(閉鎖店)は「4店舗」でした。

10年程度続いたラーメン店の閉鎖が多いようです。

地元ではそこそこお客さんが入っていたラーメン店でも、ネットでラーメンマニアが注目していないラーメン店から閉鎖していくのは常々感じるところです。

大手ラーメン紹介サイトなどでは、同じラーメン店を何度も何度も紹介し、実際には食べ歩きをしないで「まとめ記事」のみ掲載するなどの記事を多く見ますが、そういったサイトばかりに検索流入が行われているのが要因だと考えています。

京都のラーメンブロガーの中にはきちんと食べ歩きをしている方もいるので、そういったネット記事に検索流入が集中しない今の情勢には甚だ疑問を感じるところです。

・上々一家(2018年4月30日閉店)
・ラーメン来満(2018年4月閉店)
志七そば 吉田屋(2018年4月27日閉店)
・らーめん味蔵(2018年3月28日閉店)


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。