ラーメンふくや(福屋)@京都・東向日「背脂たっぷり、醤油感強めのラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、東向日駅前にある京都の背脂醤油ラーメン「ラーメンふくや(福屋)」さんの実食レビューです。醤油感が強めのラーメンには背脂がたくさん浮かんでおり、見た目は昔ながらの「背脂醤油ラーメン」ですが、味わいは独特のものになっていました。

では、この「ラーメンふくや」さん、いったいどんなラーメンなのでしょうか。

広告

東向日駅前にある京都の背脂醤油ラーメン「ラーメンふくや(福屋)」実食レビュー


ラーメンふくや「背脂醤油」ですが味は独特です

ラーメンふくや「背脂醤油」ですが味は独特です

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都の東向日駅すぐ近くにあるラーメン店ラーメン ふくや」さんの醤油ラーメンを実食レビューします。

いわゆる「背脂醤油」のラーメンで、京都ラーメンではよくあるスタイルです。

しかし、味わいは一般的な背脂醤油ラーメンとは異なり、醤油の辛さを強調した京都では珍しいタイプのラーメンになっていました。

こじんまりとしたお店でカウンター数席とテーブル2卓で満席です

こじんまりとしたお店でカウンター数席とテーブル2卓で満席です

店内はラーメン屋さんとしては、かなり「こじんまり」としています。

カウンターも数席、テーブルも2卓なので、外からは常に満席に見えるので「流行ってるのかな?」と思ったのですが、入ってみると混雑はしていませんでした。

「ラーメン ふくや」さんのある場所は、京都市の南西「西山」と呼ばれるエリアですが、観光地の多い「東山」と対比してラーメン屋さんなどはグッと減ってくる地域です。

東向日駅の周辺でもラーメン専門に出すお店は「ラーメンふくや(福屋)」さんだけということで、東向日へ行ったついでにラーメンを食べていくことにしました。

ラーメンふくや 値段とメニュー


ラーメンふくや「メニュー」ラーメンは650円から

ラーメンふくや「メニュー」ラーメンは650円から

ラーメンは650円からで、京都の昔ながらのラーメン店では一般的な価格設定です。

「肩ロース」を使ったチャーシューメンは800円で、もうひとつ「バラ肉」を使ったチャーシューメン(900円)もあります。

肉を変えたレパートリーが多めになっており、他にも「特製角煮ラーメン(1000円)」があり、これはたぶんバラ肉を使ったものです。

もうひとつ「牛すじラーメン(900円)」もあって、肉が違えばだいぶ味わいも異なるので、こういうメニューの出し方も良い感じだと思いました。

・ラーメン 650円
・チャーシューメン 800円
・バラ肉チャーシューメン 900円
・みそラーメン 700円
・みそチャーシューメン 850円
・バラ肉みそチャーシューメン 950円
・キムチラーメン 800円
・みそキムチラーメン 850円
・特製角煮ラーメン 1000円
・牛すじラーメン 900円
・自家製 餃子(6個)280円
・ライス 150円~200円

ラーメンふくや 背脂醤油ラーメン 実食レビュー


細もやし・九条ねぎ、背脂と「京都ラーメン」らしいビジュアル

細もやし・九条ねぎ、背脂と「京都ラーメン」らしいビジュアル

ということで、こちらがラーメンふくや(福屋)さんのラーメン(650円)です。

細もやしが入ったラーメンは京都の古めのお店でよく見かけ、その他は「九条ねぎメンマチャーシュー」と基本的な構成です。

背脂がけっこう浮かんでいますが、京都の背脂は結構出涸らしに仕上げてあるので脂っぽくはありません。

そういえば、ラーメンレビューするお店がことごとく閉店していく「京都ラーメンレビューアー」が「背脂が ますたに系のよう」と書いていたのですが、ますたにはここまで背脂は浮かんでいませんね(笑)、まぁ京都駅ビルの「ますたに」はもう別物で背脂満載ですが。

見た目とちがって醤油が強め

見た目とちがって醤油が強め

味は、見た目からは分からないのですが「醤油感がかなり強め」のラーメンです。

初めて食べると少し「ぬ?」となるかもしれません。

京都では醤油感が強いとか、辛いラーメンは珍しいのです。

麺は中細麺、背脂が多いので麺にくっついてきます

麺は中細麺、背脂が多いので麺にくっついてきます

麺は中細ストレート麺、決して細麺ではありません

これを細麺と他では紹介されていますけれど、正直いかながものかと思いました。

スープが油っこく、麺によくスープがまとわりついていますので、麺がスープを吸って「みるみると染まっていく」わけではありませんでした(笑)。

チャーシューは小さめのものがひとつチャーシューは小さめのものがひとつ

チャーシューは小さめのものがひとつ

チャーシューは小さめのものがひとつで、厚みも普通くらいです。

ちょっと物足りないですが、値段が650円なので、これくらいが限界でしょう。

餃子は甘めの具材でタケノコの歯ごたえがありました

餃子は甘めの具材でタケノコの歯ごたえがありました

一緒に餃子も食べたのですが、醤油ダレが付いてきました。

たぶん、お店のオススメの調合だと思いますが、こちはラーメン以上に醤油感が強く、辛さも結構ありました。

タレがあまりにも辛いので、餃子はそのままいただくことに。

具材はいろいろ入っており、タケノコかなシャキシャキとした食感になっていました。

餃子をそのまま食べるとほんのり甘みもあって、美味しい餃子だと思いました。

ラーメンふくや への行き方(アクセス方法)


東向日駅の目の前にある「ラーメンふくや」

東向日駅の目の前にある「ラーメンふくや」

さて、東向日駅前にある京都の背脂醤油ラーメン「ラーメンふくや(福屋)」さんへの行き方ですが、阪急京都線「東向日駅」を出てまっすぐ、左手の踏切渡ってすぐ右手にお店が見えます。

駅から徒歩1分かからないくらいです。

JR東海道本線「向日町駅」からも歩いて行くことができます。

駐車場や駐輪場はないので、自転車やバイクは駅前の有料駐輪場を使うしかありませんでした。

京都府向日市寺戸町渋川1−4
営業時間:11:45~15時、18時~23:45
定休日:日曜日


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。