新宮亭(しんぐうてい)和歌山で元祖ネギラーメンを実食レビュー

Sponsored Link

和歌山県の「新宮亭」(しんぐうてい)まで「ネギラーメン」を食べてきました。実は・・・・新宮市にある中華料理店「新宮亭」(しんぐうてい)は、関東ではよくみる「ネギラーメン元祖のお店」なのです。

そして、そこには超激ウマなネギラーメンの元祖があったのです!

今回は「新宮亭」まで行って「ネギラーメン」の発祥~成り立ちまでを取材してきました。

元祖ネギラーメンの店を和歌山で発見!


ネギラーメン元祖の店が和歌山県にある?

ネギラーメン元祖の店が和歌山県にある?

今回は、なんと和歌山県まで行って「ネギラーメン」を食べてきました。

お店の名前は「新宮亭」(しんぐうてい)で、店名のとおり「和歌山県新宮市」にあります。

新宮市は和歌山県の東側南端にある小都市で、熊野本社のある由緒正しい土地です。

最強のネギラーメンがあった!

最強のネギラーメンがあった!

そして、その「新宮亭(しんぐうてい)」は・・・・・

なんと!「元祖ネギラーメン」のお店で、ネギラーメンというのは関西で初めて世に出たラーメンだったのです。

お店は2畳ほどしかない激セマ店

お店は2畳ほどしかない激セマ店

・和歌山県新宮市にある中華料理店
・元祖ネギラーメンのお店
・お店の広さはわずか2畳
・昭和の雰囲気が残る貴重なお店

今回、新宮市の「新宮亭(しんぐうてい)」まで実際に行って、元祖ネギラーメンを食べてきたというお話です。

新宮亭のオーナーに、ネギラーメンの発祥~関西でメニュー化するまでの成り立ちを聞いてきました!

和歌山まで行って元祖ネギラーメンを食べてきた!


新宮駅 猛暑の日で暑い新宮市のメイン駅

新宮駅 猛暑の日で暑い新宮市のメイン駅

さて、猛暑の夏の日に京都~和歌山県新宮市まで行ってきました。

JR紀勢本線「新宮駅」は、このあたりでは大きな駅ではあるものの、駅にはキオスクしかなく駅弁すら売られていない駅でした。

今回の目的地は、この新宮市にある中華料理店「新宮亭」です。

新宮亭は超激セマ店 夜18時以降にオープン?


新宮亭は超激セマ店

新宮亭は超激セマ店

新宮亭は、八百屋の脇にある「横幅2メートルに満たない」ような細長い「超激セマ店」でした。

見てのとおりのお店で大変細長い店舗になっています。

後述しますが「半分は客席」で「奥が厨房」になっています。

明るいうちに撮影していますが、オープンは19時以降になります。

(1)お店の横幅は1メートル40センチ程度
(2)奥に細いが半分は厨房
(3)客席は奥行3メートルない

超激セマ店「新宮亭」に訪問


19時10分頃 営業していない雰囲気が漂う

19時10分頃 営業していない雰囲気が漂う

お店は、事前に確認したところでは「不定休」で「オープンは19時以降くらい」ということでした。

ということで、明るいうちに外観を撮影して、夜に再訪しました。

でも・・・・

やっていない雰囲気がぷんぷんします(笑)

気にせず入店します

気にせず入店します

もちろん、気にせず入店します。

テーブル(ふたり席)がわずか2卓だけのお店です。

そこは、私の大好きな「激セマ店」だったのです。

ご準備中のオーナー様(松原弘好さん)

ご準備中のオーナー様(松原弘好さん)

お店は19時を過ぎていましたが、まだ準備中でした。

そのため、まだお客様を断っていましたが、私は数日前から連絡をしていましたので、特別に入れていただきました。

店内はふたり席が2卓だけ

店内はふたり席が2卓だけ

店内はふたり席が2卓だけの細長いお店です。

お店は、昭和の香りが色濃く残る超老舗でした!

昭和の香りが色濃く残る超老舗

昭和の香りが色濃く残る超老舗

年季のある巨大扇子

年季のある巨大扇子

年代物の家電製品が今もなお残る

年代物の家電製品が今もなお残る

35年くらい前に見たことがあるクーラー

35年くらい前に見たことがあるクーラー

ちなみに、店内は昭和の家電製品や、小さいころに見たような「世界地図」が飾ってあるなど(それも2枚)、なにか懐かしい雰囲気のお店でした。

オープン前からいろいろとお話を聞かせていただきました

オープン前からいろいろとお話を聞かせていただきました

昭和が色濃く残る店内


ついにオープン!

ついにオープン!

19時25分頃、オーナー様のご準備も終わって、店頭には明かりが灯りました。

ついにオープンです!

新宮亭のメニュー

新宮亭のメニュー

もちろん、注文したのは「ネギラーメン 800円」です!

正確には「ネギ麺(ネギソバ)」と言います。

・五目麺 800円
・生碼麺(サンマーメン、五目あんかけソバ) 800円
・肉麺 800円
・湯麺 800円
・叉焼麺 800円
・ネギ麺 800円
・ラーメン 700円
・冷し麺 700円
・中華丼 800円
・肉丼 800円
・炒飯 700円
・ライス 200円
・栗米湯(トウモロコシスープ) 900円
・旦花湯(タマゴスープ) 800円
・野菜湯(野菜スープ) 700円
・野菜炒め 700円
・ヤキソバ 700円

待つこと10分程度で待望のネギラーメンが!

待つこと10分程度で待望のネギラーメンが!

キター!!!!

元祖!ネギラーメン 800円

元祖!ネギラーメン 800円

前に記事で「ラーメンショップは近畿にはないのだ!」というのも書いたのですが、その時から関西では食べられないと諦めていた「ネギラーメン」がそこにありました。

超激ウマ!元祖ネギラーメン


見ただけで分かる「おいしいやつや!」

見ただけで分かる「おいしいやつや!」

出てきたネギラーメンを見て感動しました。

京都に来てから、もう何年も見ることができなかった・・・・大好物のネギラーメンがそこにあるのです!

見ただけで分かる・・・・おいしいやつです。

ネギは濃厚な味付けでスープに負けない力強さ!

ネギは濃厚な味付けでスープに負けない力強さ!

普通、ラーメンショップなどの「ネギラーメン」は、スープにのせることで味がスープに流れ出してしまい、ネギについたタレの味を感じることができなくなるのですが・・・・

新宮亭のネギラーメンは、さすが「元祖」だけあって、ものすごい濃厚な味付けになっていました。

これは、ネギラーメン好きにはたまりません!

濃厚な味付けがたまらない逸品!

濃厚な味付けがたまらない逸品!

チャーシューの細切れに、ごま油などので味付けをした、正真正銘の「ネギラーメン」です。

食べてビックリ!

これまで、幾多のネギラーメンを食べてきたのですが、その中で一番おいしいネギラーメンだったのです。

麺とスープにも力強い蒸し鶏のタレが香る

麺とスープにも力強い蒸し鶏のタレが香る

今回、特別に何のタレなのか教えていただきました!

実は・・・・

これは・・・・

粤菜(広東料理)の名物料理「蒸し鶏」のタレなのです!

ということは「鶏ガラスープ・醤油・生姜・酢・ゴマ油」あたりが材料ということですね。

横浜中華街で賄い料理だったネギラーメンを関西で初めて商品化


ネギラーメンは昭和35年頃に横浜中華街で生まれ和歌山で商品化された

ネギラーメンは昭和35年頃に横浜中華街で生まれ和歌山で商品化された

ネギラーメンは昭和35年頃に横浜中華街で生まれました。

新宮亭のオーナー様が当時お勤めしていた中華街の料理店のコック長が発案したもので、それを店員だけで食べていたということです。

当時から、評判が良かった「ネギラーメン」は横浜中華街ではメニュー化されることはありませんでしたが、新宮亭のオーナー様が和歌山で独立して、日本で初めて「ネギラーメン」として売り出したのが最初です。

新宮亭でのネギラーメン発売は「昭和57年」とのことでした。

つまり、ネギラーメンの発祥は横浜中華街で、それを初めて販売したのが和歌山県新宮市の中華料理店「新宮亭」なのです。

なお、その横浜中華街のお店とは「安記」(あんき、地図)さんで、そこの「お粥」に付くネギも同じ味付けのものだったとオーナー様が話してくださいました。

オーナー様は、このネギラーメンを世界に広めたいともおっしゃっていました。

美川憲一さんも食べに来た一流の店


実はあの美川憲一さんも食べに来た店

実はあの美川憲一さんも食べに来た店

この「新宮亭」ですが、実は・・・・

美川憲一さんも食べに来ていたのです。

美川さんといえば、鉄板焼店を経営したり(閉店)、カレー店をプロデュースしたりするほどの美食家ですが、新宮市で公演があった時に食べに来たというのです。

ちなみに、日付は「2015.6.7」になっていました。

新宮亭への行き方


新宮駅周辺で最強のランドマーク「オークワ」の近く

新宮駅周辺で最強のランドマーク「オークワ」の近く

新宮亭は新宮駅から徒歩7分程度の場所にあります。

改札を出て左手の「交番」脇の踏切を渡って「中央通り」をスーパー「オークワ」方面に向かいます。

オークワの手前の脇道に新宮亭はある

オークワの手前の脇道に新宮亭はある

スーパー「オークワ」の手前信号に「Orange One」というお店があるのですが、そこを左折(西へ)すると10秒くらいのところにあります。

みんな大好き!オークワ手前の信号を左折

みんな大好き!オークワ手前の信号を左折

なお、徒歩3分くらいのところに「ホテルニューパレス」さんがあって、そこを拠点にすると便利です。

Sponsored Link


ホテルニューパレス(平成26年4月17日オープン)

新宮亭(しんぐうてい) 基本情報


新宮亭(しんぐうてい) 外観

新宮亭(しんぐうてい) 外観

新宮亭(しんぐうてい)は、夜19時過ぎ頃からほぼ毎日オープンしています。

新宮駅の北にあるスーパー「オークワ」の近くにある中華料理(広東料理)のお店で、ネギラーメンが有名で、生碼麺(サンマーメン、五目あんかけソバ)もオーナーおすすめのメニューとのことです。

深夜3時までの営業ですが、お店は2名席テーブルが2つだけの激セマ店なので、大人数では入ることができません。

しかし、名物のネギラーメン日本で初めて商品化された元祖のお店で、日本最強の美味しさを誇ります。

和歌山県新宮市浮島7−23
営業時間:19時過ぎ~深夜3時
定休日:不定休
TEL:735-23-0354

元祖ネギラーメン まとめ


ネギラーメンは和歌山から全国に広まった

ネギラーメンは和歌山から全国に広まった

オーナー様は、シャイな感じで口数はいつもは少ないとのことですが、今日は私の訪問をものすごく喜んでくれて、ふたりでずっとおしゃべりをして楽しい時間を過ごすことができました。

取材のご協力ありがとうございました。また、新宮市まで行ったら絶対に行きます!

・新宮亭(しんぐうてい)は和歌山県新宮市にある中華料理店
・元祖ネギラーメンのお店
・日本で一番おいしいネギラーメン
・ネギラーメンの発祥は昭和30年代半ばに横浜中華街のお粥の名店「安記」のコック長が考案
・そのネギラーメンを昭和57年に和歌山「新宮亭」が初めて商品化
・お店の広さはわずか2畳
・昭和の雰囲気が残る貴重なお店
・営業時間は19時以降で深夜3時まで営業

Shingutei's english menu at chinese restaurant

Shingutei’s english menu at chinese restaurant


本日は皆さんに悲しいお知らせがございます。なんと、前から言っていますが、近畿には「ラーメンショップ」がございません!(笑)



関東では有名な「横浜家系ラーメン」ですが、京都ではあまり見かけません。大阪では、最近やっとチェーン店がやってきて家系ラーメンも増加中ですが、京都で家系ラーメンが新規オープンするのは非常に珍しいことです。しかし、探せば数軒あったりします。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



和歌山の片田舎に地盤沈下で傾いた和歌山ラーメンのお店「まる豊」(和歌山市)さんがあります。店内もすべて傾いており、食べるために傾き補正のあるカウンターで食べるという仕組みになっています。



すし処まさ」は「日本一予約が取りづらいお店」であり「日本一狭いお店」でもある新橋のお寿司屋さんです。あまりの狭さで、1日2組限定ということもあり、予約は6年待ちだと言われています。



九酔渓温泉にある「桂茶屋」(かつらちゃや)はキツネやタヌキのメイクで女将が出迎えてくれるお店です。9/30の『ニッポンのぞき見太郎』で紹介されるのですが、「日本一の名店SP」という企画で日本一狭いお店や傾いているお店など「日本一」といえるお店がたくさん紹介されるそうなので必見です。



人気企画『山奥グルメ』や『秘境グルメ』の記事一覧はこちらです。


Sponsored Link


【当店限定スマホからエントリーで最大ポイント31倍】【チーズケーキ】禁断のチーズケーキ(半熟)【TV雑誌で話題】【半熟】【ケーキ】 (lf)【7月9日20:00〜7月14日1:59まで】

Sponsored Link

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。