京都・宇治のクリーミー担々麺 @三国志 実食レビュー

京都・宇治四川麻婆豆腐・担々麺専門店三国志」さんで担々麺を食べてきましたのでレビューします。京阪宇治線「三室戸駅」すぐ隣りのお店でマーボー豆腐と担々麺がラーメン情報誌などに掲載されたことがあります。

今回は実際にクリーミー担々麺を食べてきたので実食レビューします。

四川麻婆豆腐・担々麺専門店「三国志」に行ってきました


京阪「三室戸駅」すぐ隣りの四川麻婆豆腐・担々麺専門店「三国志」

京阪「三室戸駅」すぐ隣りの四川麻婆豆腐・担々麺専門店「三国志」

今回の「京都ラーメンブログ」は京都府宇治市にある四川麻婆豆腐・担々麺専門店「三国志」さんに食べに行ってきました。

ここにはラーメン情報誌にも掲載されたことがある「クリーミー担々麺」があり、横浜中華街で修行したというオーナーのつくる担々麺をぜひ食べてみたかったのです。

今回は駅前店なので駐車場などがなくバイクでは行けなかったので、市バスと電車を乗り継いで行ってきました。

京阪宇治駅の手前にある「京阪宇治線の三室戸駅」すぐ近くです。

京阪宇治線の三室戸駅(路面電車ではありません)

京阪宇治線の三室戸駅(路面電車ではありません)

では、さっそく入って食べてみましょう!

三国志さんの「クリーミー担々麺」@京都・宇治を実食レビュー


これが噂の「クリーミー担々麺 700円」です

これが噂の「クリーミー担々麺 700円」です

お店は結構狭く、4人ほど座れる椅子がかなり高いカウンター席とテーブルが3つあるだけでした。

注文は「食券」を購入すればオーダーが通るようになっており、特に店員さんとのコミュニケーションもなく淡々と時間が過ぎていきました。(担々麺だけに

四川麻婆豆腐セット 1080円(前菜4種+スープ+ライス+杏仁豆腐)
クリーミー担々麺 700円
汁無し担々麺 700円
黒ゴマ担々麺 750円
麻辣担々麺 750円
地獄の麻辣担々麺 900円~1000円
酸辣湯麺 980円
牛肉麻辣担々麺 950円
麻婆麺 900円
冷やし汁無し担々麺 850円

四川麻婆豆腐セット 1080円」は結構頑張っているお値段だと思います。

また、メニューも色々と工夫を凝らしたものになっている印象がありました。

スープはかなり白いマイルドなものでした

スープはかなり白いマイルドなものでした

スープは見た目がだいぶ白いなと感じました。

クリーミーな感じもしますが、ゴマペーストと出汁(鶏ガラ白湯?)とシンプルなものだと思います。

味はほとんどゴマの風味だと思ってもらって良いと思います。

スープはペースト感がありますが意外とサラッとしています

スープはペースト感がありますが意外とサラッとしています

クリーミー担々麺ということで、確かにクリーミー感はあるのですが、味はシンプルなものになっています。

上にかかっている赤いのはラー油ですが「ゴマラー油」で、辛味は少な目のゴマの風味がするものになっていました。

メニューにも書いてあるのですが、卓上の味変用の調味料が並んでおり、それで好みの味にするよう書かれていました。

調味料は「ラー油・呼称・花椒=山椒・岩塩・酢」

調味料は「ラー油・呼称・花椒=山椒・岩塩・酢」

調味料は「ラー油胡椒花椒=山椒塩・」です。

個人的には「」が好きなので、レンゲ2杯入れたところ結構好みの酸っぱさになりました。

また、ラー油(自家製っぽい)も結構入れましたが、ほとんど辛くならなかったので「ゴマラー油」のようです。

麺は平打ち麺でした(本場四川担々麺もそうですね)

麺は平打ち麺でした(本場四川担々麺もそうですね)

麺は平打ちのもので、これは本場中華麺という感じのものでした。

トッピングは「ミンチニラ白ネギ」という構成でしたが、量は少なめで印象的には薄い存在のようです。

全般的に味つけはマイルドで、辛さやミンチの甘味も思ったよりもシンプルな感じがしました。

辛いの苦手なのでちょうど良いのですが、四川中華らしいものが食べたいなら麻婆豆腐のほうが良さそうです。

四川麻婆豆腐・担々麺専門店 三国志 基本情報


四川麻婆豆腐・担々麺専門店 三国志 外観

四川麻婆豆腐・担々麺専門店 三国志 外観

ということで「四川麻婆豆腐・担々麺専門店 三国志」さんの「クリーミー担々麺」の実食レビューでした。

最近辛いものばかり食べていたので、今回も覚悟して行ったのですが、思いのほかマイルドな味付けでした。

でも、好みの味にして食べるタイプのものなので、なんだかんだでスープは全部飲んでしまいました。

お店は厨房も客席も結構な狭さですが、カウンター4席に、2人テーブルが2卓・4人テーブルがひとつという構成です。

一番人気は「牛肉麻辣担々麺」という「牛ホホ肉スジアキレスを煮込んだ担々麺」とのことでした。

また、麻婆豆腐は発祥の店である「陳麻婆豆腐店」(四川省成都)とほぼ同じ辛さということで、こちらも興味があるところです。(つまり辛いということです)

お米も拘っているようで、なんと珍しい「自家栽培米」で自分たちで栽培・収穫したものになっています。

これは、なかなか珍しいですね。

京都府宇治市莵道丸山1−116
営業時間:11:30~14:30、18時~21時
定休日:月曜・火曜
Facebook


関西・京都の知られざるラーメン店を毎日探してどこよりも速く実食レビューを掲載しています。



京都で話題グルメ・名物の記事を探す
京都で話題グルメ・名物

キーワードで探す
 | ランチ | ニューオープン | 激安 | オスミシュラン | 

場所で探す
 | 北区 | 上京区 | 左京区 | 中京区 | 東山区 | 下京区 | 南区 | 右京区 | 伏見区 | 山科区 | 西京区 | 福知山市 | 舞鶴市 | 綾部市 | 宇治市 | 宮津市 | 亀岡市 | 城陽市 | 向日市 | 長岡京市 | 八幡市 | 京田辺市 | 京丹後市 | 南丹市 | 木津川市 | 大山崎町 | 久御山町 | 井手町 | 宇治田原町 | 笠置町 | 和束町 | 精華町 | 南山城村 | 京丹波町 | 伊根町 | 与謝野町 | 

カテゴリーで探す
 | ラーメン | カレー | カフェ | スイーツ | パン | その他グルメ | 新店順 | 京都秘境ハンター | 観光・ニュース | 京野菜・食材 | 温泉 | 花見名所 | 紅葉名所 | 


京都関連の記事を書いているライター
ノーディレイ

京都関連の記事を書いているライターは飲食新店調査やグルメ実食レビューに定評のあるライター「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。1970年東京生まれ東京育ち・早稲田卒・学生時代から食べ歩きをしつつ上場企業などで新規事業開発課長・システムエンジニアを20年経験して早期退職。京都で第二の人生を送ることを決意して移住。記事にした新店情報は1600件以上あり、テレビ番組のディレクターやグルメ雑誌の編集者に注目されているリサーチャーです。カテゴリー「京都ラーメン速報」や「京都ラーメンマップ」が京都ラーメンマニアから注目されています。このブログに掲載した「新店情報」は大手グルメ情報サイトの新店リストにそのまま転載されたりもしています。他のローカルグルメブログからも注目されており、京都の新店情報を一番速く提供しています。お問い合わせ方法はこちらのページを参照してください。


テレビ関連の記事を書いているライター
まこちゃん

テレビ関連の記事を書いているライターは全国のフードを食べ歩く旅人「まこちゃん」により書かれています。1965年東京生まれ千葉育ち・千葉県の大学卒。通称「編集」として記事に登場しています。社会人になってから京都に在住し、休みの日には近畿地方をメインに食べ歩く毎日。京都に来て、東京との経済格差に驚き「地方をなんとかしたい」と強く感じてブログを始める。テレビ大好きっ子なのでカテゴリー「テレビで話題のグルメ・名物」の執筆を担当。その他にも当ブログの人気コンテンツ「京都秘境ハンター」の大部分を執筆しています。このブログの発起人だが、2016年に京都の情報を独自に入手していたノーディレイをブログにスカウト。現在の代表はノーディレイになっている。